FC2ブログ

歴史ある送電線路を巡る旅(6) 谷和原線~水海道線

「夏だ! 休みだ! 鉄塔だ!」というのは「鉄塔 武蔵野線」に出てくる小学生らの話。実際、夏の鉄塔追跡はかなりしんどいです。なんと言っても暑い。草は覆い茂ってるし、蚊にも刺される。水田には水が張られて鉄塔の足元に行けない等など。鉄塔追跡は冬に限ります(関東の場合)。

さて、シリーズを始めるきっかけとなったマップですが、
map1923.jpg
こちらは大正12年の送電系統図です。元データは「東京電灯株式会社開業五十年史(1936)」だそうです。東京電灯系列の会社の系統が描かれています。ここで、図のほぼ中央の「大相模」という変電所から茨城県の方へ一直線に伸びている線に注目しています。

map1929.jpg
昭和4年3月の図です。元データは東京通信局「第6回管内電気事業要覧(1929)」というものだそうです。先ほどの図では一直線だったものが多少正確に描かれているようです。最初の地図で「大相模」という名前になっていた変電所は「越谷」に変っているみたいですが、恐らく現在も存在する東京電力越谷制御所だと思われます。ここから東に延びて土浦まで至る送電線ですが、現在の呼称で言うと、吉川線~水海道線~谷和原線~小野川線となります。現在該当する箇所に送電線が存在しない所もいくつかあります。

今回、小野川線から谷和原線、水海道線の途中までを取り上げます。

小野川線については以前取り上げていますので省略します。この小野川線が常総変電所に繋がる少し手前で、鉄塔2本分だけ154kVの湖西線に併架されます。

_DSC6061.jpg
左から右に真っ直ぐ走っているのは湖西線です。下段でかなりの急角度で曲がっているのが小野川線。

土浦s
昭和4年修正測図の陸地測量部の地形図「土浦」を見てみますと、○Aの場所がこの鉄塔の位置になります。湖西線はまだ建設されていませんので出ていませんが、昔の送電線は今の小野川線のように曲がらずにそのまままっすぐ伸びていたようです。A~Bの間には現存する送電線はありません。地図上のBの地点には現在66kV谷和原線から岩井線が分離する鉄塔が立っています。ここから西側はどうやら昔の送電線に沿って伸びているようです。

_DSC6077.jpg
左側の6回線鉄塔がBの地点だと思われます。

_DSC6093.jpg
谷和原線19号鉄塔で筑波南線が分岐します。

_DSC6105.jpg
小貝川を越えて行きます。

_DSC6109.jpg
谷和原線は小貝川を超えるとすぐ水海道変電所に収容されます。

_DSC6115.jpg
水海道変電所には谷和原線の他、水海道線と出口線(水海道線に併架)が繋がっています。左の鉄塔は水海道線119号鉄塔。右は出口線1号鉄塔。出口線はこの後水海道線の下段に併架されていきます。

今回はあまり時間が無かったのでここから利根川の間を飛ばしました。

_DSC6128.jpg
91号鉄塔から老番側。

_DSC6144.jpg
89号鉄塔は下駄を履いています。

_DSC6153.jpg

_DSC6169.jpg
32号鉄塔と33号鉄塔は、500kVの新京葉線の下をくぐる為にこのようになっています。

今回はここまで。この後、きぬの湯に入って帰宅しました。
_DSC6176.jpg
夕暮れの積乱雲と新京葉線鉄塔。

途中、いつも常磐道を走っている時に見かける強力な光害の発生源の近くを通ったので、正体を見てやろうと光の方向に向かいました。光害の発生源はコイツでした。
_DSC6186.jpg
常総運動公園の照明塔です。野球場の照明設備のようですがむちゃくちゃ明るい。

地元つくばにも新しい総合運動公園を作る計画があるようですが、8月にその是非を問う住民投票が行われることになりました。上の写真のようになるのが判り切っていますので、私はもちろん反対票を投じる予定です。(すでにウェルネスパークの照明塔で十分迷惑している)


スポンサーサイト
line

印旛沼と新京葉変電所

昨年11月から印旛沼でもダムカードの配布が始まったそうで、それを貰いに行ったついでに新京葉変電所に行ってきました。

inbadamcard.jpg
北印旛沼と西印旛沼それぞれにカードがあります。配布場所等の情報はこちら。最近国交省のダムカード情報が全然更新されないので、新カードの情報が入りにくくなって困ります。

印旛沼で2枚目のカードを貰ったのが15時頃。新京葉変電所に行くには日が暮れそうだし雨も心配だし、行くかどうか悩んだのですが、行かずに後悔するより行ってダメだった方が諦めがつくという事で行く事にしました。途中渋滞等もあったりして、現地到着は16時過ぎになりました。写真が暗いのはそのせいです。急ぎ足で変電所の周りを探索します。

変電所北側から。時計回りに繋がっている送電線をピックアップしていきます。
P2220010.jpg
変電所北側には500kVの送電線が3本来ています(地中埋設の新豊洲線を除く)。まずは新京葉線128号鉄塔。新古河変電所からやって来ます。

P2220011.jpg
印旛線101号鉄塔。印旛線は新佐原変電所からやって来ます。

P2220030.jpg
房総線1号鉄塔。房総線はその名の通り房総変電所に至ります。

変電所の南北の中間部分は275kVの送電線が出入りしています。東側に1本、西側に3本の275kV送電線が接続しています。

P2220034.jpg
東側に繋がっている275kV北千葉線の1号鉄塔。北千葉線も先ほどの房総線と同じく房総変電所に至ります。

変電所南側には66kVの送電線群が出入りしています。
P2220059.jpg
細かい鉄塔はざっくり省略して1本の紅白鉄塔に集約された(上から)木下線、印西線、千葉新線。鉄塔名は木下線3号。右隣に立っているのは高柳沼南線44号鉄塔。

P2220067.jpg
二和線1号鉄塔(一番手前)。二和線はこの後出てくる江東線に並架されて行きます。

変電所の南西隅の辺りは何本もの送電線が交差していて、追っていくのも一苦労する場所です。先ほどの高柳沼南線が他の送電線の下をくぐるため、背の低い2回線鉄塔が2基に一旦別れます。
P2220082.jpg
高柳沼南線乙-43号鉄塔
P2220083.jpg
高柳沼南線甲-43号鉄塔

P2220088.jpg
上を見上げるともう何が何だか。因みに背の高い紅白鉄塔は江東線2号鉄塔です。

更に進むとまた275kVの鉄塔が出て来ます。
P2220078.jpg
下総線53号鉄塔。下総線は下総変電所に至ります(途中地中埋設になるようです)。

P2220093.jpg
江東線1号鉄塔。江東線はこの次の鉄塔からしばらく二和線を併架します。

P2220101.jpg
左から、東京東線、江東線、高柳沼南線の鉄塔です。東京東線は新野田変電所からやって来ます。

新京葉
(背景写真は電子国土から)
各送電線の接続の仕方はこんな感じです。南西側の「超立体交差」が良くわかると思います(笑)。

福島の方の雪が解けたらまた遠征しようかと思っています。
line

メンテナンス

塔マップというサイトがあります。
http://tower.30maps.com/map

ここでは有志の方たちが色々な「塔」をマッピングしておられます。当然、送電鉄塔もその対象になっていて、かなりの数の鉄塔が登録されています。残念ながら、登録データの内容が統一されていないので、人によって鉄塔路線名や鉄塔番号まで記入してくれる人も居れば、ただ「送電鉄塔」だけしか登録してくれない人も居ます。私からすれば最低限路線名と番号は登録して欲しいと思うのですが…。当方の家の近所は、かなり精力的に調査された方(以前当ブログにもコメント頂いたashibeさん)がおられまして、ほぼ登録され尽くしているのですが、あまりにも完璧に登録されてしまったためか、最近になって建設された鉄塔について誰もフォローしてくれる人がいないようです。

イオンモールつくばがオープンした時、その映像に初めて見る鉄塔が写っていました。いつか調査にと思っているうちに2年も経ってしまいました(イオンモールにもあまり用がなかったので)。塔マップにも登録される気配がないので、自分で調べてこようと思って行ってみました。

PC070015.jpg
イオンモールつくばのすぐ隣に立っているイオンモールつくば線2号鉄塔。ここで地中埋設になってイオンモールの変電設備に行っているようです。

PC070016.jpg
完成は平成24年12月。ちょうど2年前ですね。

PC070021.jpg
1号鉄塔はNEXCO東日本の敷地内にあって足元には行けませんでした。

イオンモールつくば線は牛久北部線から分岐しています。
PC070035.jpg
9号鉄塔と10号鉄塔の間に新たに9の1号鉄塔が建設され、そこからイオンモールつくば線が分岐します。

PC070055.jpg
平成24年10月と、分岐した先の鉄塔より若干早く完成していますね。

map1.png
最近はカシミールで閲覧している国土地理院の地図でも航空写真が表示できるようになって便利になりましたが、Googleにくらべてやや撮影時期が古いようです。イオンモールが写っている部分と写っていない部分が混在しています。

map2.png
ついでながら塔マップの方も更新しておきました。

蛇足ながら、イオンモールつくばのアウトドア用品売り場はかなり充実していると思いました。
line

星空と鉄塔

山梨の乙女高原に行っていました。

撮影ポイントのすぐ近くには、1000kV設計(実際の送電は500kV)の西群馬幹線が通っていました。

_DSC4966.jpg
159号鉄塔です。

昼間に見た時には、航空機衝突防止のストロボライトが点滅していましたが、夜になるとそれは消えていました。天文マニアに優しい計らいです(笑)

前から、星と鉄塔を絡めて撮影したいと思っていました。鉄塔の対象はでかい奴、66kVとか154kVではなく、500kV位の超高圧鉄塔で、背後に北極星を配置して同心円状に日周運動しているような写真を考えていました。
今回は1000kV鉄塔なので主役としても問題無し。想定していた場面とは程遠いですが、果たして「星と鉄塔のコラボ」はどういう感じになるのかの試し撮りと言ったところ。

で、その結果です。
_DSC5015.jpg
露出2分間を2枚比較明合成しています(手動シャッターなので良く見るとつなぎ目が)。絵的には悪くないんじゃないでしょうか。
星座的にははくちょう座のあたり。鉄塔右側のひときわ明るい星はデネブです。背景が天の川だったので、星像を流さないで天の川をはっきりさせても良かったかもしれません。

_DSC4996-1.jpg
鉄塔とは反対方向の南東側。昇ってくるオリオン座を写してみました。

これからパンスターズ彗星の画像処理を始める所です。今日は疲れたのでもう寝ます。
line

鉄塔常磐線(後篇)

今回調査での車中泊のベースにしていたのは、河原子海岸の北駐車場。
P1190001.jpg
ここは「湯楽の里日立店」のすぐ下になります。湯楽の里の露天風呂は眼前に太平洋が広がり、風呂の中で腰掛けながら景色を眺めることが出来る、なかなか素晴らしいところです。私はかなり気に入っています。

ここの少し北には、「常北線」側から分岐した北多賀線が通っています。
P1130150.jpg
写真は北多賀線5号鉄塔で、右手前方向から左手前方向に鋭角に折れ曲がり、北多賀変電所に至ります。

その先の鉄塔は何となく古さを感じさせます。
P1130152.jpg

P1130154.jpg
「鮎川線」昭和14年3月建設。戦前の鉄塔です。こういう歴史ある鉄塔を見つけると嬉しくなってしまいます。

P1130163.jpg
鮎川線3号鉄塔。腕木が1段多いのは何故でしょう?
鮎川線は途中で化成桜川線などを分岐して、日立の多賀工場に入って行きました。

P1130199.jpg
43号鉄塔では助川線と交差します。高さ60m。

P1190008.jpg
大雄院にて38号鉄塔常北線側から白銀線が地中に立ち下がります。白銀線は一旦地中埋設になり、ケーブルで道路を跨いですぐ隣の工場に行っているようです。更に37号鉄塔のやはり常北線側から日立山手線が、36号鉄塔常磐線側から日鉱ニッケル線がそれぞれ分岐していきます。写真は左が常磐線37号鉄塔、右が日立山手線1号鉄塔。日立山手線は鉄塔2基で日立山手工場に入ります。昭和37年9月建設。

P1190039.jpg
28号鉄塔で常北線側より日立山崎線が分岐していきます。日立山崎線は鉄塔17基で日立化成の工場に行っていて、その先は日立セメント線と言う地中埋設の送電線になっていました。

P1190046.jpg
小木津線を常北線側から分岐する常磐線25号鉄塔。高さは71mあります。

P1190062.jpg
小木津線の終点は小木津変電所でのこんなマスト型の鉄塔。この先「電線日高線」に名前が変わり、鉄塔1基を介して日立電線に繋がっています。

P1190090.jpg
13号鉄塔の常磐線側から豊浦線が分岐します。豊浦線は鉄塔4基で日立電線の工場に直結しています。

P1190113.jpg
常磐線3号鉄塔。後を走っているのは北茨城線と勿来線(4回線鉄塔)。

P1190107.jpg
常磐変電所直前の2号鉄塔。

オマケ
P1190125.jpg
日立電線の構内に建っていた実験用(?)鉄塔。
line
line

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line