FC2ブログ

壁スイッチの交換

やっと第二種電気工事士の免状が届きました。

ということで、初めての電気工事をしてみます。

部屋の壁に照明のスイッチがあるのですが、夜に電気を消しているとスイッチの位置が良くわからなくて手探りをすることが良くあります。そこで、このスイッチを位置表示灯内蔵のスイッチに交換しようという訳です。

時々これは「軽微な工事」にあたるので、電気工事士でなくても取り換えても良いという事を言っている人もいます。「軽微な工事」とは

一  電圧六百ボルト以下で使用する差込み接続器、ねじ込み接続器、ソケット、
  ローゼットその他の  接続器又は電圧六百ボルト以下で使用するナイフ
  スイッチ、カットアウトスイッチ、スナップスイッチ  その他の開閉器に
  コード又はキャブタイヤケーブルを接続する工事
二  電圧六百ボルト以下で使用する電気機器(配線器具を除く。以下同じ。)
  又は電圧六百ボルト以下で使用する蓄電池の端子に電線(コード、キャブ
  タイヤケーブル及びケーブルを含む。以下同じ。)をねじ止めする工事
三  電圧六百ボルト以下で使用する電力量計若しくは電流制限器又はヒューズ
  を取り付け、又は取り外す工事
四  電鈴、インターホーン、火災感知器、豆電球その他これらに類する施設に
  使用する小型変圧器(二次電圧が三十六ボルト以下のものに限る。)の二
  次側の配線工事
五  電線を支持する柱、腕木その他これらに類する工作物を設置し、又は変更
  する工事
六  地中電線用の暗渠又は管を設置し、又は変更する工事

該当しそうなのは上記1ではないかと思いますが、開閉器に接続するのは「コード又はキャブタイヤケーブル」に限られます。壁スイッチに繋ぐのは「ケーブル」ですからこれには該当しません。これはコンセントプラグを作るとか、壁とかについている開閉器(取っ手が付いていてガッチャンと切り替えるようなやつ)に電気コードを取り付ける作業を指していますので、今やろうとしている内容とは異なります。更に「電気工事士法施行規則」第二条には資格を持っていないとやってはいけない作業として

ホ 配線器具を造営材その他の物件に取り付け、若しくはこれを取り外し、
  又はこれに電線を接続する作業(露出型点滅器又は露出型コンセントを
  取り換える作業を除く。)

と言う記述があります。やろうとしていることは造営材への取り付け/取り外しそのものですし、露出型の点滅器ではなく埋め込み型ですから、やはりその交換は電気工事士の資格が必要という事になります。

今回、取り換えようとしているのはダイニングの壁の3路スイッチです。ブレーカーは切ってあります。
CIMG1586.jpg
だいぶ汚れていますね。

まず化粧カバーを取り外します。
CIMG1588.jpg
ドライバーも必要なく、手で簡単に取れました。

続いてカバーを取り付けるためのプレートを取り外します。
CIMG1589.jpg
壁紙が連用取付枠の縁を覆っていますね。
続いて連用取付枠も取り外します。連用取付枠からスイッチを取り外すには、右側からスイッチを押さえている爪(横向きのTの様な部分の根本)をマイナスドライバーで捻って浮かせて取り外します。
CIMG1593.jpg
VVF1.6の3芯ケーブルが来ています。ちゃんと黒線が0番の差込口に刺さっていますね。今回は3路スイッチなので黒線が必ず0番に繋がりますが、普通のスイッチでしたら色は関係ありません。
マイナスドライバをはずし穴に差し込んで繋がっている電線を外します。
CIMG1595.jpg
あれ~?、心線被覆を剥いている長さがずいぶんストリップゲージよりも長いですねぇ。ちゃんとやらないとだめですよ電工さん(と偉そうなことを言ってみる)。これは新しいスイッチのストリップゲージに合わせてカットしておきました。

CIMG1597.jpg
位置表示灯内蔵3路スイッチに差し替えて連用取付枠を装着したところ。外すときとは逆に、マイナスドライバーで捻って押さえつけます。

CIMG1599.jpg
元通りカバーを付けて作業終了。ブレーカーを上げるとちゃんと中の蛍が光りました。


話は変わりますが、今ポータブル赤道義用の電源を制作しています。12Vから6Vと9Vを取り出せるようにするもの。ちょっと容量を大きくしたいので、新しく作ることにしました。

6V.png
NJM2367という5Aのパワトラを内蔵しているDCDCを使います。この回路図は6Vのものですが、9Vの回路もほぼ同じです。制作の過程はそのうち書こうと思います。

スポンサーサイト
line

長かった・・・

今日、平成24年度第二種電気工事士上期技能試験の結果発表がありました。

検索結果

・・・とまぁ合格しておりました

3月に受験申し込みをしてから半年も待たされてやっとなんですが、まだ免状を発行してもらう手続きが残ってます。来週合格通知を発送するそうなので、それが届き次第県の方に申請書を送るんですが、警察署とかに行って県の収入証紙(≠収入印紙)を買わないといけないので(¥5,200)、ちょっと面倒くさいです。実際に免状を手にするのは10月になるかも知れません。

免状が来たら取りあえず部屋の照明スイッチを位置表示灯内蔵のものに交換するとしましょう。

9/13追記:
合格通知が届きました。早速免状の申請書を送っておきました。

CCI20120912_0000A.jpg
line

試験終了(そうだ電工を取ろう(6))

第二種電気工事士技能試験が終わりました。

当日朝は10時半を目途に会場に向かいました。
会場に着いて試験の部屋を確認します。部屋のドアにある座席表を見ると、私の席は一番前の隅っこ。試験中に周りの様子が目に入らなくて有難いです。

テーブルは3人掛けテーブルを二人で使用。「小学校机」じゃなくて良かったです。若干手前に傾斜していますが、気になるほどではありません。テーブルの上にはボール紙と受験の注意、免状の申請についての2枚の紙が置かれています。時間まで輪作りの練習をしようと、ケーブルの切れ端を何本か用意してきたのですが、会場がシーンと静まり返っていて、がちゃがちゃ音をさせるのに気が引けてできませんでした。

10時55分に、注意事項のアナウンスがあり、そして問題用紙が配られます。材料に目を落とすと・・・
CCI20120729_0002.jpg
VVRケーブル キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
VVRが出てくる公表問題はただ一つ。8番の問題です。あの問題だというのはすぐにわかりました。VVRはナイフで被覆を剥かなければならないので、あまり出題されて欲しくない問題の一つでした。

実は8番の問題は前日の夜に練習していまして、差込みコネクタを取り付けるケーブルの箇所を間違えて34分もかかってしまった問題です。なので、強烈に印象に残っていて、「あそこを気を付けなければ」という箇所がいくつかすぐに思い出されます。配給される部品をチェックすると、4個口の差込みコネクタが2個支給されています。ということは、接地側電線の白4本と、電源とリモコンリレーに行く黒4本の箇所に取り付けるんだなと、この時点で想像できました。

そして材料の箱が配られ、中身のチェックが始まります。この問題はVVF1.6-3Cが無い代わりに、VVF1.6-2Cが1.1m×2本もあります。一応、長さをメジャーでチェック。特に足りない部品も無し。

そしていよいよ試験開始です。
CCI20120729_0003.jpg

CCI20120729_0004.jpg

事前に練習していた想定問題と長さが違っていたのは、VVRケーブルの長さが20cmだったこと。それ以外のケーブル長は想定問題と同じでした。「4本の接続箇所は差込みコネクタ」という施工条件なので、練習時のように取り付ける電線の色を間違える恐れもありません。

複線図は3分半ほどで書き上げ、アウトレットボックスに取り付けるゴムブッシングにナイフで切れ込みを入れるところから始めます。小さい穴用が2つ、大きい穴用が3つの全部で5個に切れ込みを入れます。そしてアウトレットボックスに装着。

ここで、単線図をざっと眺めて、左上から時計回りに施工していくことに決めます。

まず最初はVVRケーブルの皮剥きです。メジャーで20cmを測り、その箇所にナイフで1周ぶんの切れ込みを入れます。中の心線に傷を付けてしまうと、ひどい場合には重大欠陥で不合格になりますので、力の入れ加減を慎重にやっていきます。そしてそこから縦方向にまっすぐ切れ込みを入れていきます。「焦るな焦るな」と心でつぶやきながら切れ込みを入れていきます。ケーブルが抜けないように、反対側の端を折り曲げ、ペンチで切れ込みに沿ってケーブルをはぎ取って行きます。うまく行かないと、ここが一番時間をロスしてしまう箇所です。幸いにもうまく剥けてくれて助かりました。電線接続部分の心線被覆もP-957で難なく剥けてくれて助かりました。

続いて、丸型の引っかけシーリングにケーブルを取り付けます。器具の高さで被覆を剥いて、ストリップゲージに合わせて心線被覆の剥ぎ取りと心線の長さ調整をP-957で行いました。そして25cmの電線長と接続部分の10cmを確保してケーブルを切断するのですが、ちょっと緊張して手が震え気味です。長さに間違いはないか何度も確認して、ケーブル切断。

次はランプレセプタクルにケーブルを取り付けます。いつものように器具の直径分の被覆を剥き、外装被覆の根元から2cmの被覆を残して心線被覆を剥きとります。そしてペンチでクランクを作り、のの字曲げに入ります。ネジで締めてみると、若干輪の大きさが大きい事が判明して、一旦取り外して微調整します。白線の取り付け位置に間違いが無い事を確認して、長さを確保してケーブルの切断です。

次に、施工省略部分の引っかけシーリングに行く電線を作ります。長さ15cm+接続に必要な10cmを確保してケーブルの切断です。

そして、いよいよ本丸とも言える、リモコンリレー(端子台)への施工です。端子台への電線取付は意外と調整や施工に時間がかかったりしてあまり好きではありません。今回の問題では、ここにケーブル3本(電線6本)を取り付けるので、やたらと面倒です。端子台から出ていくケーブルは途中で直角に折り曲げることになるので、長さの微調整をやっておかないと後で繋ぐときに苦労します。真ん中のケーブルを基準に折り曲げ後に同じ長さになるように上下のケーブル長を揃えます。

さぁ、すべてのケーブル取り付けが終わりました。経過時間は20分を少し回ったところ。これから電線接続の作業に入ります。

ゴムブッシングの所からすべてのケーブルを差し込んでいきます。今回の施工条件では、4Pの差込みコネクタが2個、リングスリーブ(小)が3個支給されています。まず、差込みコネクタで接続する電線の心線の長さをペンチ幅で切りそろえます。今回は、接地側電線4本と、非接地側電線4本がそれぞれ差込みコネクタによる接続です。奥まで差し込むのにちょっと力が要りました。残りの3カ所は、すべてリモコンリレーと各負荷に行く電線の接続部分になります。端子台に記入されているスイッチは上からイ、ロ、ハになっていて、それぞれ引っかけシーリング、ランプレセプタクル、施工省略の引っかけシーリングに行くように接続しなければなりません。これを間違えるとアウトなので、何度も何度も確認しながら、リングスリーブで圧着します。今回のスリーブはすべて小で、ダイスは○印を使用しますので、これも間違いないよう慎重に行いました。リングスリーブの上に出ている余分な心線をカットして接続作業は終了。あとは形を整えて作業終了です。

ここまでで所要時間約30分。
なんとか時間内に終わらせることが出来ました。そして残った時間を確認と掃除に費やし、名札を取り付けてすべて終了。私は一番前なので周りの様子はあまりわからないですが、作業する音はまだ結構鳴り響いています。

そしてtime up。多分間違えた場所や重大欠陥は無いと思うのですが…。
退出時に他の人の作品を眺めながら出て行きましたが、みんなそれなりに出来ているように見えました。

丁度お昼時だったので、昼飯を食べるついでに、無事試験が終了したことを祝して生ビールで一人乾杯。
なんか技能試験って楽しいですね。もし合格していてもまた来年受けてみたい気分。あー、筆記試験はいりませんけど。

そして9月の合格発表を待つ日々の始まりです。
line

そうだ電工を取ろう(5)

いよいよ大詰めとなってきました。
最近は早いものでは20分台前半、遅いもので20分台後半で作れています。

本日は、試験に臨む際の工具について書いてみたいと思います。

私は、結構技能試験の練習を始めたのが早かったので、ずいぶん前に必要な工具一式をそろえていました。ですが、それが災いして(笑)、新しい工具を次々と購入してしまいました。

最初にホーザンの技能試験工具セットを購入したことを書きました。しかし、これは使いにくい、あっちの方が使いやすそうなどと、後から後から欲求がむくむくと芽生えまして、最終的に本日紹介する工具に至った訳です。

まぁ、こういう事に自制心が無い事は昔からわかっています(反省)

CIMG1545.jpg
まずは、主力兵器のケーブルストリッパーです。マーベル社製JVA-123。最初はホーザンのP-957で臨む予定だったのですが、オーム社のDVDでケーブルストリッパーを使っているのを見て欲しくなってしまいました。ホーザンP-957での心線被覆の剥ぎ取りが、引っかかってしまってうまくいかない事が時々あって・・・。3芯のVVFが一度に処理できるのは結構うれしいです。

CIMG1546.jpg
「合格ゲージ」を装着したホーザン社製P-957。JVA-123に主役の座は取って代わられましたが、JVA-123は心線被覆の長さを正確に剥くのが苦手です。例えば、コンセントなどのストリップゲージの長さで被覆を剥くなどの時は、この合格ゲージ+P-957の組み合わせは最強です。あと、エコケーブルの心線被覆はJVA-123ではうまく剥けないので、やはりP-957にやってもらいます。

因みに合格ゲージとはこういうもの。
CIMG1547.jpg
装着してもすぐにずれてくるのが残念なところ。

CIMG1548.jpg
工具セットに入っていたホーザンのペンチが、課題を1周する頃にはもう切れ味が悪くなってきて、VVFの3芯ケーブルを切断するのにかなり力がいるようになってきたのでこれも新しいものに買い替えました。ツノダのパワーペンチです。このペンチは刃の部分の幅が今までのペンチより長くて、「偏心てこ」の原理で少ない力で切断が出来るという触れ込みのものです。確かにホーザンのペンチより格段に切れ味が増しています。ケーブル切断はP-957でというのもありですが、P-957は結構華奢なんです。

CIMG1549.jpg
ベッセル社製ボールグリップドライバーです。元々工具セットに入っていたのは
CIMG1550.jpg
こういうプラスとマイナスの差し替え式のドライバーでした。ただでさえ時間が無いのに一々差し替えてられるか!ということで買ってしまいました。力を入れて締める場合と素早く回す場合のどちらもやり易くできていて、良くできたドライバーです。

CIMG1551.jpg
これは最初に買ったホーザンの工具セットに入っていた圧着工具です。電工の技能試験では、JISの圧着工具が必要とされます。欲を言えば、もっと少ない力で締められる柄の部分が長いものが欲しいのですが、今回はこれで良しとしておきます。

CIMG1553.jpg
この電工ナイフもホーザンの工具セットに入っていたものです。電工ナイフは、課題によって使うか使わないかがあるので、あまりお金をかけたくありません。しかし、見るからに安そうな作りです・・・

CIMG1552.jpg
恐らく、最も使用する確率が低いウォーターポンププライヤー。もちろん、工具セットに入っていたものです。これが必要とされる課題は2問しかありません。

CIMG1556.jpg
メジャーはケーブル切断の長さなどを決める時に使います。手をメジャー代わりにする方法を推奨している人も居ますが、それほど時間差は無いような気はします。正確さはそれほど必要ではないんですけどね。

CIMG1555.jpg
合格クリップというホーザンの製品です。工具セットに入っていました。電線接続の際に、繋ぐIV線同士を纏めるのに使います。最初のうちは全部の接続箇所をこれで束ねていたのですが、だんだん面倒になり、今では一カ所一か所束ねて外すというやり方に落ち着きました。被覆端を揃えられて便利です。

CIMG1554.jpg
これはちょっと番外編ですが、フジヤのケーブルカッターです。元々所持していたもので、練習材料のケーブルを切断する時などに使用しています。試験の時には多分持って行かないと思います。試験会場の作業机はあまり広くない事があるそうなので。


さぁラストスパートです・・・
line

そうだ電工を取ろう(4)

技能試験まで残すところあと19日。前回の記事を書いてから毎日1~2問の候補問題を練習してきて今は3周めに入りました。

The endになってしまうような重大な間違いはほぼしなくなりました。複雑な問題を除けばほとんどが20分台で完成させられるようになってきました。余裕が出てくると自然と間違いも無くなってくるように思います。やはりこういう試験は難しいことは抜きにしてひたすら練習なんじゃないかと思います。

先日、受験票が届きました。試験会場は家のすぐ近くだったのでラッキーです。以前とある試験を受けた時は、茨城県に住んでいるからと茨城県を選択したら、会場は水戸市内の辺鄙な場所で、水戸駅前に前泊したという思い出があります。なので、今回もちょっと不安ではあったのですが、近所で良かった・・・

毎回同じ予想問題でやるより少し変化を付けた方が良いと思い、今までとは別の予想問題で取り組んでみています。
CIMG1515.jpg
候補問題のNo.3です。3路スイッチと4路スイッチの複合回路です。下側に3個あるスイッチのどれを操作しても左上の電球を点滅させることができるようにしなさいという問題です。階段の上と下で電球を点灯させたり消灯させたりするようなところに3路スイッチが良く使われていますよね。真ん中のスイッチが4路スイッチというもので、両側の2つが3路スイッチです。3路スイッチには0番、1番、3番という差込口があるのですが、なぜ2番でなく3番なのかは知りません。0番にはかならず電源からの非接地電線か負荷に行く非接地電線が繋がるという決まりがあります。この予想問題では「3路スイッチと4路スイッチの間は差込コネクタ、それ以外はリングスリーブを用いて接続」という施工条件になっていました。この問題での電線接続部分はすべて2本の線を繋ぐことになるので、ちゃんと条件を読まないと間違えて使ってしまいそうです。今回の作品は27分で完成。

CIMG1516.jpg
候補問題No.4です。完成までの所要時間32分。30分を超えるとちょっとかかり過ぎという感じです。複線図をきれいに描こうと何回か消しゴムで消してなおしていたりしたら複線図だけで6分もかかってしまいました。それなのに、リングスリーブと差込コネクタの位置を複線図に逆に記入してしまい、心線の長さを差込コネクタ用に間違えてトリミングしてしまいました。実際に取り付ける時に気が付いてなおしましたが、もし先にリングスリーブを取り付けてしまっていたら、修正作業が大変だったでしょう(部品の数も3個・3個なので気が付かないでやってしまう可能性大)。

CIMG1517.jpg
電線取付ねじがあるランプレセプタクルはほとんどの候補問題に登場します。電球の受け金ねじ部には必ず接地側電線の白を接続しないといけません。電球取付時などに間違えてこのねじ部に触ってしまっても感電しないようにとの配慮なんだと思います。

CIMG1528.jpg
この「の」の字曲げ出来は如何でしょうか。3/4以上巻いているし、巻きの大きさも丁度良くできたと思っていますが。

CIMG1524.jpg
今回は連用コンセントを使用してみましたのでこの部分の渡り線は無しです。ちゃんと接地側のW側に白線を入れていますね。隣のコンセントに行くケーブルが出て行っています。

CIMG1522.jpg
位置表示灯とタンブラスイッチの部分を裏側から。位置表示灯は常時点灯の指定なので、電源からの白線と黒線を繋いでいます。ここのスイッチで2か所の電球(1か所は施工省略)を点滅させるので、スイッチからの赤線は2つのランプレセプタクルに繋ぐように配線します。

CIMG1529.jpg
差込コネクタというやつです。上の透明部分に心線の頭が十分出ていることが求められます。

今月の週末は色々と忙しいので、それを抜かすと練習できるのはあと13日。勘が鈍らないように毎日少しずつ続けていきたいと思います。
line
line

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line