FC2ブログ

城山発電所を見学する

神奈川県営の城山発電所の一般公開に申し込みをしたら当たってしまいました。という訳で城山発電所に行ってきました。

城山発電所は城山ダム(津久井湖)を下ダムとし、本沢ダム(城山湖)を上ダムとする25万kWの揚水発電所です。ダム名とダム湖名が理解しづらい・・・。神奈川県企業庁というところが管轄しております。ここで管轄しているダムで今年から3カ所(うち一か所は取水堰)でダムカードが発行されるようになり、ついでにそれも取得してきました。

P8230017.jpg
上池である城山湖です。ロックフィルダムで堰き止めるようになっています。

P8230018.jpg
流れ込んでくる川は無いのですが、一応、越流方式の非常用洪水吐が作られていますね。

_DSC6333.jpg
他にも企業庁管理の水力発電所は12カ所あります。

_DSC6345.jpg
まずは地上の変電設備から見学です。発電された18kVの電圧が154kVに昇圧(発電時)されます。上の写真はガス遮断器。見学に行った日は日曜日でしたので、発電も揚水もしていませんでした。

P8230099.jpg

P8230100.jpg
変圧器。日立製(上)と東芝製(下)。(見学会後に撮影)

そしてエレベータに乗って地下230mまで一気に降りて行きます。

_DSC6349.jpg
エレベータを降りると「ダムエレキくん」がお出迎え。

P8230052.jpg
地下の発電機室です。オレンジ色の円筒形のものは励磁装置(電磁石)のカバーです。

_DSC6353.jpg
オレンジ色のカバーの中はこんな風になっています。

_DSC6354.jpg

P8230044.jpg
発電機(正確には発電電動機)は4台ありまして、日立製が2台、東芝製が2台と仲良く納入されておりました。日立製のものが極数20の300rpm、東芝製のものが極数22の回転数273rpmと若干の違いがあります。東芝製のものは回転数=120×周波数÷極数の関係式から言うとより正確には272.73rpmとなりますか。

P8230048.jpg
水車の中の水を押し出すための圧縮空気を貯めるタンクです。揚水時にモーターとして回転させる時は、水が無い方が始動しやすいためだそうです。

P8230054.jpg
発電機の組み立てを行う為のクレーンです。

_DSC6361.jpg
地上から発電機室に資材を搬入するためのインクラインです。結構な傾斜です。

P8230058.jpg
そして一つ下の階に移動すると発電機本体があります。

P8230059.jpg
大きすぎて収まり切りませんでした。

P8230062.jpg
発電した18kVの電気を地上まで送電するケーブルです。ケーブルはエレベータの立坑を通っています。三相×2回線なので6本あります。

P8230072.jpg
水車の回転を発電機に伝える主軸です。今は発電していないので止まっています。

水車は完全に埋設されているので見ることはできません。
P8230077.jpg
メンテナンスはこんな扉から実施するらしいです。

P8230067.jpg
水車の銘鈑。縦軸フランシス水車。

_DSC6366.jpg
昔交換された水車が地上に展示されています。上部のボルトが沢山突き出している部分に主軸が繋がります。

P8230092.jpg
同じものを下から覗いたもの。

P8230081.jpg
水圧鉄管と入り口弁。水圧鉄管入り口からの落差は165mあります。入り口弁は昔使っていたものが地上に展示してあります。

_DSC6336.jpg
地上に展示してある入り口弁。

城山発電所は神奈川県企業庁が運営する他の発電所全てをコントロールしている「発電制御所」でもあります。
P8230031.jpg
すべての発電所の状況がモニターできるようになっています。城山発電所は停止していたので0が並んでいますが、津久井発電所の1G系統が8.9MWで発電中でした。66kV八ッ沢線に連系しています。他にも柿生、相模、道志第2などが発電中のようでした。

P8230033.jpg
ダムへの流入量や水位のモニター。

P8230056.jpg
構内で使用されている内線電話。最近のお子さんはダイヤルの仕方を知らないようですね。

P8230097.jpg
154kV城山線に連系しています。写真は1号鉄塔。

P8230115.jpg
津久井発電所で発電された電気は津久井線で引き出されて66kV八ッ沢線に接続しています。

P8230093.jpg
お土産に頂いた神奈川のおいしい水。有難うございました。

スポンサーサイト



line

花園川発電所と華川発電所

平成26年度も押し迫ったある日。今年度の仕事もあらかた片付いたので、これまで行けていなかった茨城県の平日限定配布のダムカードを貰いに県北に出かけて来ました。

ibrdam.jpg
以前紹介したこともある4つのダムです。その時は緑色の非公式カードでしたが、昨年から正式カードが発行されていました。しかしいずれも平日限定配布の為、これまで貰いに行く機会がありませんでした。

P3250001.jpg
十王ダム

P3250009.jpg
水沼ダム

前回非公式カードを貰いに行った時は花貫川沿いの水力発電所を見学してきましたが、今回は更に北の花園川沿いの発電所を見てきました。

花園川には、東京発電所有の花園川発電所と華川発電所があります。華川発電所は、廃止されていた発電所を東京発電が再開発して運用を再開したもので、平成23年から運転されています。実は私はこの事を知らずに行って偶然この事実を知ったのでした。

まず花園川発電所です。マウントあかねの近くにヘッドタンクがあるらしいので、まずそこに行ってみることに。
P3250026.jpg
あ、あれ? ほとんど水がありません。

P3250029.jpg
流れ込んでくる水量がほとんどありません。理由はあとでわかりましたが…。因みに取水口は先ほどの水沼ダムにあるようです。

P3250031.jpg
水圧鉄管

さて、発電所のある場所付近に到着したのですが、発電所に通じる川岸の道に行く事が出来ません。浄連寺というお寺の境内を通らないと行けないようで、拝観料の200円を払わないとならないのかも知れません。私が到着した時にはすでに拝観時間が終わっていて入れませんでした。

花園川の反対側から行けないものかと徘徊していると・・・
P3250044.jpg
偶然にも新しく運開した華川発電所に辿り着きました。

P3250036.jpg
こじんまりとした発電所です。

tokyoh.jpg
中に設置されている横軸フランシス水車の写真(田中水力(株)のホームページから引用)。出力145kWだそうです(認可最大出力130kW)。

初代の華川発電所は明治41年運開と言う古いもの。常磐興産(旧磐城炭礦)というところが開発しました。昭和46年に送電先の炭鉱が出水により水没して閉鎖され、発電所も廃止されました。発電所建屋自体は最近になって再建されたものですが、排水路等に以前の面影が残っています。
P3250038.jpg

P3250075.jpg
水圧鉄管の全容。落差17.35mという小規模なものです。写真ではわかりませんが、高密度ポリエチレン管が中に挿入されているとの事。

P3250049_201503260148354a4.jpg
ヘッドタンク。ここから導入水路が取水堰に向かって水平に伸びます。

P3250053_201503260148371c3.jpg
水路に沿って上流へ。

P3250057_2015032601483875e.jpg
途中暗渠となる個所が1か所ありました。

P3250058.jpg
付近の岩石は花崗岩で、もろく崩れやすい個所が何カ所かあります。そういう場所にはふたがしてあります。

P3250067.jpg
取水堰が見えてきました。

P3250071.jpg
取水堰の向こう岸には花園川発電所が。水車の補修工事を実施中でした。上のヘッドタンクに水が無かったのはその為だったのですね。

P3250045.jpg
華川発電所からの送電線は地中に埋設されて出ていくように思われます(もしかしたら別にあるのを見落としているかも知れませんが・・・)。

P3250046.jpg
地中から電柱に立ちあがる所。普通の高圧(6.6kV)で連系しているような。まぁ小規模な発電所ですからね。

P3250079.jpg
花園川発電所に行く道すがらにはこういうものがあるらしいです。次回訪れた際にはついでに見て来ましょうかね。

P3250022.jpg
マウントあかね(公共宿泊施設)からの眺望は素晴らしいの一言です。

帰りには十王のうららの湯の寄って帰りましたとさ。
line

里川水系の水力発電所

福島県の鮫川水系の水力発電所に続いて、茨城県の里川水系の水力発電所の上流部を見て回りました。

まず、プラトー里美周辺の様子を見に里美牧場に行ってみましたが、いつも撮影していた第3駐車場は立ち入り禁止。更にはオランダ風車の展望台に登る道も立ち入り禁止になっていました。この辺りは放射線のホットスポットになっていたようで、一時は0.4μSv/h以上になっていたようです。その影響かと思ったのですが、後日調べたところ陥没したためとの事でした。除染作業は終わっていたようですが、この時私の線量計では0.25μSv/hを示す場所がまだ残っていました。三株山もそうでしたが、高い山の上の方は結構線量が高い所が多いようです。天体観測地を探すのに線量計を持って行かないといけないなんて…

ぬくもりの湯にて車中泊したあと、まずはすぐ近くにある小里川水力発電所に立ち寄りました。
_DSC2933.jpg
現在の所有は東京発電(株)となっております。

_DSC2932.jpg
このように大正14年に建設された発電所で、里川水系の水力発電所はすべて国登録有形文化財となっております。運転開始は大正15年2月27日だそうです。大正時代最後の年ですね。最大電力は1000kWで、里川水系の水力発電所では最大です。

_DSC2934.jpg
圧力鉄管はあまり良く見られる場所が無いのですがこんな感じです。今の時期だと鉄管の場所に行くには草をかき分けて行かないとならないですが、冬だったら割と簡単に行けるかもしれません。有効落差は102mあります。

_DSC2935.jpg
こちらが本館直下から小里川に放水する放水路。立て看板によればこれも文化財登録されているそうです。石組み作りがそのまま残されています。

_DSC2963.jpg
発電された電気は東京電力の66kV小里川線で大子線119号鉄塔に接続されます。

_DSC2962.jpg
小里川発電所には上流にある徳田発電所からの電気が徳田線で送られてきています。想像ですが、恐らく3.3kVではないかと思われます。小里川発電所で発電された電気と一緒に昇圧されて送り出されます。

小里川発電所の前の道を上流方向に少し行くと、余水路の橋を通ります。
_DSC2967.jpg
草が覆い茂っていてあまり良く見えませんが、放水路と同じく石組みで作られています。

_DSC2988.jpg
東京発電所有の徳田線12号柱です。昭和54年3月建設との事なので、最近建て替えられたのですね。ちょっと残念です。

_DSC3040.jpg
徳田発電所の放水路のすぐ下流に小里川発電所の取水堰と取水口があります。

_DSC3024.jpg
その200mほど下流側に行ったところに沈砂池がありました。

_DSC3009.jpg
東京発電の徳田発電所です。里川水系では一番上流の発電所になります。運用開始は大正15年10月1日です。やはり、本館、放水路、余水路、取水所などが国の文化財登録されています。小里川発電所は鉄筋でしたが、こちらは木造作りです。最大電力は650kW、有効落差106mとのことです。

_DSC3049.jpg
正面側から。水圧鉄管の一部が見えています。

_DSC3005.jpg
ここには変電設備が無いので、建物から出た送電線が直接徳田線の塔柱に繋がっています。

_DSC3016.jpg
水圧鉄管は森の中を通っているので、なかなか全景が見渡せる場所が無いです。以前は発電所の前の杉林が無かったので発電所と一緒に納めることができたみたいですが、今は杉林が邪魔をしてしまいます。

_DSC3052.jpg
発電所の裏の道を上流方向に行くと水圧鉄管と余水路にぶつかります。さすがに横の階段を昇っていく気にはなりませんでした。この上に行けば多分沈砂池があると思うんですが。

_DSC3063.jpg
余水路になります。

_DSC3089.jpg
その道をさらに上流方向に行き、再び県道にぶつかるあたりに沈砂池がありました。

_DSC3073.jpg
取水堰と取水口です。

そして、元来た道を引き返し、加美発電所へと向かいます。途中・・・
_DSC2942.jpg
里美牧場周辺の風力発電の電気を大子線に連系させるための変電設備がありました。

_DSC2946.jpg
鉄塔はIPPジャパンの里美風力線1号鉄塔。里美牧場の風力発電所は合計10,020kWの出力を有しています。里美風力線はこの先の大子線117号鉄塔に繋がっています。大子線は里川水系のすべての水力発電所で発電された電気や風力発電所で発電された電気を集めて回っています。

この日最後に訪れたのが東京発電の加美発電所。
_DSC3104.jpg
今回訪れた発電所の中では一番古い大正8年2月7日運用開始です。里川水系では中里発電所に次いで古い発電所となります。有効落差は33mで、最大電力は570kWという小さな発電所です。連携している送電線は大子線の70号鉄塔です。

_DSC3099.jpg
やはり国の登録文化財となっています。

_DSC3118.jpg
排水路の橋がなかなか趣のある形でした。

取水口の場所を探すのに手こずり、次に向かう所があったため、残念ながら取水口に行くのは諦めました。里川の水力発電所はすべて行ってしまったのでしばらくは来ることは無いと思うので、ちょっと心残りでした。
line

鮫川水系の水力発電所

秋分の日を含む連休は、天体観測地ロケハンと絡めて、鮫川水系と里川水系の水力発電所などを見学してきました。

土曜の夜遅くに出まして、常磐道関川Pにて車中泊をしました。ここは本線に沿って細長く駐車場区画が並ぶ小さなパーキングエリアです。早朝からひっきりなしに通過する車の騒音で寝ていられなくなって、早々に引き払いました。

最初に向かったのは柿の沢発電所です。
_DSC2842.jpg
JX日鉱日石金属株式会社の所有する最大出力4800kWの流込み式水力発電所です。高度成長期の昭和30年に運用開始されました。有効落差は100.2mだそうです。

_DSC2840.jpg
こちらが圧力鉄管です。2基の縦軸フランシス水車を有しているそうです。

_DSC2845.jpg
変電設備です。ここで66kVに昇圧され、東京電力の柿の沢線でいわき方面に送り出されます。

ここの取水口は約8kmほど上流にある鮫川発電所の所にあります。
_DSC2880.jpg
ここからしばらく地上の水路を下り、そして地下にもぐります。

さて、送電線の柿の沢線ですが、
_DSC2906.jpg
多くの箇所がこのようなコンクリート柱になっています。

P9220072.jpg
中にはこんなスズラン装柱のコン柱もあります。意外に新しく、番号札には平成9年4月とありました。
柿の沢線はJX日鉱日石金属株式会社の発電所から出発する送電線ですので、行先はJX日鉱日石金属かと思ってしまいますが、実は現在は直接JX日鉱日石金属には行っていません。

以前、北茨城線と勿来線を追跡した時に柿の沢線が出てきていますが、柿の沢線は勿来線に接続しています。
P2110197.jpg
勿来線16号鉄塔で柿の沢線が接続しています。

P2110198.jpg
勿来線に繋がる直前の柿の沢線118号鉄塔です。ここで一見2回線のようになりますが、左右の線同志がジャンパーで繋がっています。

JX日鉱日石金属は北茨城市の磯原工業団地内にあります。そこに電気を供給している送電線は勿来線ではなく北茨城線になります(正確には北茨城線から分岐した枝線)。昔の地形図では、柿の沢線は勿来線ではなく北茨城線に繋がっていたように描かれていますので、以前は間違いなく自社に直接送電していたのでしょう。もっとも、この会社の前身は日本鉱業(日立系)ですから、建設当時は遠く日立鉱山まで送電していたのだと思われます。

さて、話を鮫川水系に戻します。
柿の沢発電所の取水口のすぐ上流には鮫川発電所があります。
_DSC2851.jpg
運用開始は昭和15年と、柿の沢発電所よりも古いです。最大出力は2600kWで2台の横軸フランシス水車での発電だそうです。

_DSC2856.jpg
圧力鉄管は発電所の直前で2条に分岐します。取水口はこの3kmほど上流と発電所横を流れる小さな川の2か所にあるようですが、メインは鮫川の方の取水口です。

_DSC2911.jpg
鮫川発電所の取水口と取水堰です(鮫川の方)。

_DSC2862.jpg
鮫川発電所からは鮫川線という1回線送電線が、下流にある上遠野変電所に向けて出て行きます。鮫川線も柿の沢線と同様にコンクリート柱の箇所が大部分です。

_DSC2885.jpg
一旦上遠野変電所に収容されたあと、上遠野線となっていわき市方面に出て行きます。写真は鮫川線90号鉄塔。

_DSC2917.jpg
鮫川発電所の取水口の近くで、このように川の中を通る個所がありました。さすがにこの勢いで流れている所を通る気はしなくて回り道しましたが、濡れたタイヤの跡が有ったので通った車も居たようです。

P9220087.jpg
赤とんぼも沢山飛んでいました。季節はもう秋。

この後、天体観測場所のロケハンで三株山に行き、入道の湯に寄りました。
P9220115.jpg
pHが10もあるアルカリ性の温泉(冷泉)。ものすごくヌルヌル感のあるお湯です。分析表によればフッ化物イオンがかなり含まれているとの事。

P9220116.jpg
お客さん大好きなワンちゃんがいました。

_DSC2954.jpg
翌日は里川水系をまわるため、旧里美村のぬく森の湯にて車中泊です。

続きます。
line

高柴ダムと四時川第二発電所

久しぶりに何も予定の無かった日曜日。家でゴロゴロするのもなんなので、高柴ダムのダムカードを貰いに行くがてら四時川第二発電所を見に行ってきました。

高柴ダムは福島県が建設・管理するダムで、完成したのは昭和37年と割と古めのダムです。常磐道の勿来インターからは10kmも無く、20分ほどで到着しました。

_DSC1794.jpg
一般の人が楽しめるような付随施設は全くなく、天端も立ち入り禁止。ダム本体を眺める場所もほとんどありませんでした。

_DSC1801.jpg
クレストラジアルゲートが3門。放水中でした。

_DSC1798.jpg
ダム湖の名前はたかしば湖。ここの水は、工業用水・農業用水に使用されているそうです。付随して1600kWの水力発電所(管理用)がありました。

高柴ダムカード
ダムカードです。写真が白黒と言うカードは初めてです。周囲の色が普通のダムカードよりちょっと紫がかっています。因みにこの色のカードは250枚の限定版だそうです。

以前、鹿角平に行った帰りに四時川第一発電所に立ち寄りました。その時は時間が無くて第二発電所には向かわなかったので、今回改めて行ってみました。

四時川第二発電所に行くには第一発電所に行く道からそのまま奥に行くのが本来の行き方なのですが、その道が通行止めになっていました。かなりの遠回りをして行くことになりましたが、その道が車一台が通れる未舗装の林道。45分くらいかけてやっとたどり着きました。

_DSC1813.jpg
昭和2年の運用開始だそうです。建物の感じは茨城県の石岡発電所などとちょっと似ています。

_DSC1811.jpg
圧力鉄管は落差90mほど。取水口は発電所の前を流れる四時川の上流です。

_DSC1805.jpg
変電設備です。ここから33kVの四時川第二線という1回線送電線が四時川第一発電所に向けて出て行きます。

_DSC1819.jpg
第二発電所のすぐ下流に、2つある第一発電所の取水口の1つがあります。

_DSC1815.jpg
何となく、昔使われていた四時川第二線の鉄塔のような気がして撮影しました。

帰りは来た道ではなく、四時川に沿ってさらに上流に向かって行くことにしました。これが来た時よりさらにすごい道でした。

四時川林道
こんな道を延々と1時間以上走る羽目に。

P6160011.jpg
途中、第二発電所の取水口がありました。

P4140032.jpg
これは以前訪れた時の四時川第一発電所の建物。昭和37年に建て替えられたらしいので、ちょっと近代的な感じです。

P4140031.jpg
圧力鉄管の上部には、昔の発電所があった場所に行っていた鉄管の穴が有りました。写っている送電線は四時川第二線です。左側の小さな鉄塔は昔使われていた鉄塔なのかもしれません。

一通り見て回った後、ちょっと遠いですが、いわき湯本温泉に行きました。以前コメントで紹介してもらったホテルいずみやに行ってきました。確かにお風呂は途中まで貸切状態でした。そして小名浜に行って寿司を食べてから帰路に着きました。

P6160018.jpg
アクアマリンふくしまの夜景。




line
line

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line