FC2ブログ

八幡塚古墳空撮

つくば市北部の沼田にある八幡塚古墳に行ってきました。

前方後円墳ですが、前方部は遺存状況が悪かったため推定復元されたとのことです。
IMG_20191116_143734.jpg

後円部の墳頂には八幡神社が建っています。
IMG_20191116_143705.jpg

ここの遺跡もドローンで撮影してきました。
20191116-144957-753936-0.jpg
古墳南西側から撮影した画像。前方部の奥にある池は八幡池と言うそうで、ここから人物埴輪の頭部が出土したそうです。前方部の頂部は三角形の形をしているのですね。

20191116-145118-513579-0.jpg
古墳南側から撮影した画像。くびれ部分から左側に突き出しているのは造出を復元したものでしょうか。
つくば市に残っている古墳の中では最大の規模だそうです。案内板によれば六世紀前葉頃の築造と考えられるとのことです。


スポンサーサイト



line

舟塚山古墳空撮


前に古墳の紹介をした際に「ドローンで空撮をしたい」と書いた記憶がありますが、そのドローンを買ってしまいました。

HS120D.jpg

200g以下のトイドローンです。GPSも付いているし、そこそこの画質ということで、練習には良いかなと思いました。
これまで3回ほど練習で飛ばしてみましたが、カメラにジンバルが付いていないので動画は結構揺れます。操縦に慣れてそれまで興味が持続していたらジンバル付きのドローンも良いかなと思っています。

で、古墳空撮の第1号はやはり舟塚山古墳を選びました。

20191104-131725-321930-0.jpg
でかいだけあってあまり高度を上げていないと全体は収まりません。

20191104-131959-681601-0.jpg
横の黒いモノは着陸装置です。

20191104-133405-655195-0.jpg
こちらは府中愛宕山古墳です。くびれたところの上から操縦しています。

20191104-133637-816205-0.jpg
北側から見た絵

動画も撮影してみました。


2019.12.7追記:動画中では「5世紀後半の築造」と出していますが、最近の研究では4世紀末~5世紀前葉の可能性が高いそうです。
無音ではつまらないのでBGM(魔王魂さんのフリー素材を使わせてもらいました)を入れてちょっとした説明も書き入れました。
時々画面が大きく揺れるのは、動作(移動や旋回)の開始時や終了時のショックです。まだへたくそなんでごめんなさい。

line

船塚山古墳

2019.2.4 丸山古墳他を追記しました。

茨城県石岡市にある船塚山古墳を見てきました。

船塚山古墳は石岡にある前方後円墳で、関東地方2番目の規模を誇ります(関東最大は群馬の太田天神山古墳)。

_DSC6227.jpg
前方部の端から後円部方向を見たもの。全長186メートルあります。

_DSC6202.jpg
後円部の頂上付近には三角点がありました。そこから前方部を眺めたものです。でかいです。
5世紀ごろの古墳時代中期の造営と考えられています。前方後円墳は、時代が新しくなってくると前方部の大きさが巨大化してきて、高さも後円部よりも高くなってくるのですが、ここの古墳はまだそのようにはなっていません。

_DSC6208.jpg
前方部から後円墳方向を見たものです。Wikiによりますと、円筒埴輪は確認されたものの、形象埴輪は見つかっていないとのこと。

前方後円墳はヤマト政権と同盟関係に無いと建設することができなかったそうです。またその大きさもヤマト政権の許可なく決めることはできなかったそうです。

P1220014.jpg
後円部の先端部には鹿島神社が建っていました。

この船塚山古墳のすぐ近くには愛宕山古墳というやはり前方後円墳があります。

_DSC6261.jpg
愛宕山古墳の後円部。

_DSC6244_2019013021584354b.jpg
愛宕山古墳後円部から前方部を見たところ

_DSC6255.jpg
上の写真の逆方向からの眺め

いずれも誰が埋葬されているのかはわかっていませんが、船塚山古墳は新治郡・行方郡・稲敷郡域を治めた大豪族の墓と見られる、とのことです。

2019.2.4 追記
■丸山古墳
石岡市柿岡にある前方後方墳です。後円ではなく後方墳です。古墳時代の初め頃に造られていた形式のようです。
_DSC6271.jpg
崇神天皇の第一皇子、豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)の奥都城(おくつき=墓の事)として伝承されてきたとのこと。ただし、昭和27年の調査では証拠となるようなものは出土しなかったとのことです。5世紀初頭の築造とのこと。

_DSC6279_201902040053341e5.jpg
後方部から前方部をみたところ。木に覆われていて全体像を撮影するのが困難でした。

_DSC6298_201902040053436fb.jpg

_DSC6280.jpg
周囲には堀が形をとどめています。

_DSC6286.jpg
前方部から後方部を見たところ

_DSC6289.jpg
後方部の墳頂には五輪塔が

_DSC6293.jpg
古墳の墳丘には立派な木が

_DSC6294.jpg
「庭に立つ麻を刈り干したり布にしてさらしたりする田舎者の東国の女とはいえ、どうかお忘れにならないでくださいね。」という意味だそうな。藤原宇合(ふじはらのうまかひ)が、赴任先の常陸国から役目を終えて平城京に帰る時に常陸娘子(ひたちのをとめ)が贈った送別の相聞歌、だそうです(参考:http://manyou.plabot.michikusa.jp/manyousyu4_521.html

■佐自塚古墳
丸山古墳から700m程のところにある前方後円墳です。
_DSC6318.jpg
丸山古墳よりは少しだけ大きい前方後円墳。昭和38年に調査された際に色々出土品があったそうです。5世紀中葉の築造とのこと。

_DSC6311.jpg
手前の丘が前方部。奥に後円部の墳丘が見えます。

_DSC6313.jpg
前方部の頂部

_DSC6314.jpg
後円部

_DSC6323.jpg
後円部を裾から

P2030003.jpg
佐自塚古墳のある丘です

■長堀古墳
_DSC6333_2019020401251580f.jpg
同じく柿岡にある前方後方墳です。こちらは2号墳ですが、数百メートル離れた所に6号墳があります。ここの発掘調査は行われていないそうです。

P2030004.jpg
手前側が後方部になります。上から写真を撮るのにドローンが欲しくなってきた

_DSC6334.jpg
前方部

_DSC6332_20190204015136e8c.jpg
前方部を別アングルから

_DSC6340.jpg
後方部の墳頂より前方部

_DSC6344.jpg
こちらは長堀6号墳。

_DSC6346.jpg
墳頂部と思われるところに小さな祠。ここは構造が全く分からなかったです。前方部はもしかしたら民家の建築で削られているのかも知れません。
line

筑波山周辺の古墳探訪(1)


筑波山の周辺には非常にたくさんの古墳があります。

特に古墳の世界にのめり込んでいる訳ではありませんが、暇な休日にぶらりと探索するのも良いかなと思い、こういうカテゴリーを設けてみた次第です。

その記念すべき(?)第1回目は、石岡市青田の岩谷古墳、つくば市平沢の平沢古墳群です。

■岩谷古墳
P9020020_20180909214238524.jpg
朝日トンネルを抜け、旧八郷の盆地を走る県道138号線の脇にあります。最初、古墳がどこにあるのかわからず、栗畑で収穫していた農家のお爺さんに案内してもらいました(古墳自体が個人のお宅の敷地内にあるようなので、結果的にお声がけをして正解でした)。2011年の地震で石室の壁石が倒れてしまったのが昨年修復されたそうです。

P9020004.jpg
現在では覆土はかなり流出しているようです。

P9020018.jpg
江戸時代の年号が刻まれた石仏がありますが、元々この場所に有ったものなのかどうかは不明です。石仏は十九夜様(如意輪観音)です。

P9020006.jpg
前室

P9020017.jpg
中室を奥から。石室内には江戸時代の太子信仰による石仏が大量に安置されています。

P9020009.jpg
玄室。石仏は頭が白いものとそうでないものがあります。白いものは後の時代に修復されたものかも知れません。

P9020008_2018090921423182a.jpg
玄室左側

P9020010.jpg
同右側

■佐都ヶ岩屋(さどがいわや)古墳(平沢1号墳)
_DSC5967_1.jpg
筑波国際カントリークラブへの坂道途中のヘアピンカーブの所に案内板が立っています。7世紀中~後期の古墳時代末期に築造されたとあります。この付近には「三十六岩屋」という伝承があり、開口した横穴式石室を岩屋と呼んでいたそうです。現在残っているのはここを含め四か所とのこと。今回はそのうちの三か所を見学しました。

(右側・左側の表記は入り口から見ての向き)
_DSC5975_1_20180909221506b5f.jpg
羨道部と前門。

P9090004.jpg
前室と後門。

P9090026.jpg
前室奥から入り口の方を見た様子

P9090012.jpg
左側の奥室。

P9090023.jpg
右側の奥室は天井石が無く開口しています。

先程の案内板には、平将門の娘、瀧夜叉姫がここに隠れ住んでいたとの伝説がある、という記載があります。瀧夜叉姫伝説を簡単に解説すると、平将門が朝廷に討たれた後、その娘五月姫は復讐を誓い京都の貴船神社に願をかけ、妖術を手に入れます。名前も瀧夜叉と改め、朝廷に対して謀反を起こします。しかし、朝廷から派遣された陰陽師大宅中将光圀によって調伏されるというお話です。 実際には、五月姫は将門討伐の後は西福寺という寺で仏門に入り余生を全うしています。西福寺は今は跡形もなくなっていますが、かつての西福寺跡には姫の墓とされる遺構があります。西福寺のそばにある東福寺がその伝説を伝えています。東福寺では瀧夜叉姫ではなく瀧夜盛姫と呼んでいるそうです。次回はこの瀧夜盛姫の墓を訪れてみたいと思います。

2018.9.12 追記:
瀧夜盛姫のお墓に行ってきました。
P9110010.jpg
WEBで見た写真を元にGoogle street等で場所を特定しようとしましたが、全く場所が判りませんでした。仕方なく東福寺に方に場所を聞くと親切に現地まで案内してくれました。因みに場所はここでした。

P9110004.jpg
毎年施餓鬼供養が行われているようで、塔婆も備えられていました。

P9110006.jpg
塔婆の向き(戒名が書いてある方が正面)からすると、こちらがお墓の正面という事で良いのかな? 戒名の如蔵尼の文字が見えます。

P9110021.jpg
墓を管理されている東福寺は建長年間に鎌倉の極楽寺から移ったと言われているそうです。聖徳太子の作と言われる延命地蔵が御本尊とのこと。

P9110018.jpg

P9110020.jpg
この仁王像はもともと筑波山神社に有ったものだそうで、廃仏毀釈の難を逃れるためにこちらに移設されたそうです。桜川を船で運ばれたそうで、流れ仁王と呼ばれることもあるそうです。

P9110013_201809120156353b4.jpg
で、これが瀧夜盛姫の墓の石室だった言われる石板です。古墳の石室の石板とほぼ一緒ですね。このあたりは「松塚」という地名ですが、「塚」とは古墳を指していると考えられます。実際、松塚古墳群と名付けられた2基の前方後円墳と1基の円墳が確認されています。

■前島岩屋(平沢3号墳)
P9090039.jpg
先程のつくば国際カントリークラブの坂道の下の方に位置します。

P9090038.jpg
七世紀中葉~後半頃の鉄鏃や須恵器が出土したとあります。

P9090043.jpg
覆土の流出防止や石室の落盤防止の措置が施されています。

P9090045.jpg
羨道部

P9090053.jpg
前室

P9090054.jpg
奥室。大日如来像が安置されています。江戸時代には一字一石経塚(経文の文字を一文字ずつ一つの石に書き写し穴を掘って埋葬する)として再利用されていたそうです。

■開山岩屋(平沢二号墳)
P9090059.jpg
上の前島岩屋の比較的傍にあります。七世紀中葉~後半頃(古墳時代終末期)の築造と考えられているようです。

P9090060.jpg
おっと、これはまた難易度の高そうな…(笑) 蟲師続章の棘のみちを思い出しました。

P9090065.jpg
玄門の形は蓮弁を表現したものだそうで、仏教の影響を受けているとする見解もあるという説明でした。

P9090061.jpg
後室の右側の壁

P9090069.jpg
天井

P9090070.jpg
地面の中からはなぜか包丁が・・・ 事件性が無いと良いけど。これを見た後に上の写真の壁のシミを見ると血痕に見えてしまう・・・
P9090072.jpg
かつてここが一字一石経塚として利用されていたことを示す石塔。「法華一字一石経 雲外勤書」と刻まれているそうです(どう目を凝らしても素人の私は全く判別できません)。

石室の撮影にはもっと広角のレンズが要るなぁ。次回は20mmでも付けていくか。
line
line

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line