FC2ブログ

小笠原旅行記(南島・ドルフィンスイム)

最初の予定ではおがさわら丸が入港した次の日に南島・ドルフィンツアーに行く予定でいました。
しかし台風10号の置き土産のうねりは日が経つにつれて小さくなってくると考え、船の出港が1日遅れたのをきっかけに、父島入港の2日後に変更しました。入港1日後にボートダイビングをした際は、直接西側の波を受けるポイントでは潜れないくらいうねりが入っていましたので、正解だったと思います。

予約したのはピンクドルフィンというところ。初めて使うところですが、前に使ったのがどこだったのかは全く覚えていないし(現存しているかどうかも怪しい)、前々回に私が潜っている間に同行者が使った父島タクシー(今は名前が変わって小笠原観光という名前になったらしい)は予約が取れませんでした。

朝8時50分に青灯台に集合とのことで、途中生協で弁当を買って向かいます。時間があったので青灯台の近くの休憩所で休んでいると、掃除をしていたお爺さんから戦時中の父島の様子を色々と聞くことができました。

さて最初は南島です。南島は1992年に行って以来ですので27年ぶりという事に。前回行った際にはまだ天然記念物(沈水カルスト地形)や世界遺産などの指定も無く、島に上陸したら各自どこにでも好きに行けたのですが、今はガイドの引率が無いと上陸できないことになったようで、歩いて良い所も限定されています。高台には「監視所」まであります。

P8170163.jpg
上陸してすぐカツオドリを発見

P8170161.jpg
近くにはヒナの姿が

P8170165.jpg
穴という穴が鳥の巣になっています

P8170174.jpg
乗ってきたピンクドルフィン号が鮫池に停泊中。本日の1番乗りだったようです

P8170181.jpg
南島と父島の間。ハートロックはこの写真の更に右の方

P8170184.jpg
どーん
これが南島一の絶景「扇池」。1番乗りなので誰もいない所を撮影できました

P8170188.jpg
車が通った後の轍みたいなのはウミガメが産卵のために上陸した足跡です

P8170194.jpg
間近で見たウミガメの足跡

P8170204.jpg
すると今まさに生まれたての子亀が海へかけていくところに遭遇。この後無事に海にたどり着いたのを確認しました

P8170206.jpg
ヒロベソカタマイマイ(絶滅種)の化石

P8170211.jpg
陰陽池。淡水と海水が混ざった汽水池だそうです。海とは直接つながっていないのですが、ここに迷い込んでしまった哀れな子亀を何匹か目撃しました

そして南島を後にして父島西海岸に沿って北上していきます。

P8170224.jpg
船でしか行けないジニービーチ

P8170227.jpg
歩いてしか行けないジョンビーチ

P8170235.jpg
釣浜の近くの枕状溶岩の露頭

父島の東側にイルカがいるという情報でそちらに向かいます

P8170238.jpg
イルカ発見

P8170249.jpg
おっしゃぁ! 海に入る人はライフジャケットを付けるように言われましたが、それじゃ潜れないでしょーと我儘言って無しにしてもらった甲斐がありました。

P8170251.jpg
この特徴的な背中の傷を付けたイルカはこの日複数回遭遇しました

それにしても腹の周りに浮力材が付き過ぎて昔に比べてえらく潜行しづらい体になっちまったもんだ…

P8170273.jpg
ドルフィンスイムが終わると兄島のキャベツビーチに移動して昼食タイム

P8170266.jpg
腹ごなしにシュノーケリングにて撮影。魚はオヤビッチャロクセンスズメダイ

P8170267.jpg
フエヤッコダイとキイロハギ。何となく27年前と比べてサンゴも少なくなったような気がします

その後イルカを探しながら更に北上します

P8170295.jpg
弟島の最南端

P8170298.jpg
瓢箪島の枕状溶岩。見事です

P8170279.jpg
人丸島の柿本人麻呂の姿をした岩。確かにそう言われればそう見えます

P8170308.jpg
すべて終了して帰ってきました

翌日。
いよいよ父島ともお別れです

IMG_20190818_125928.jpg
なかなかありつけなかった島ずしも最終日に食べることができました

_DSC7450.jpg
父島よさようなら

_DSC7458.jpg
恒例のダイビングショップのお見送り風景。Papa'sさんにはお世話になりました

_DSC7560.jpg
行きの船では見ることができなかった夕焼け

_DSC7563.jpg
テーブル上でカメラをさそり座に向けて固定して長時間露出をしてみたもの。船の揺れで星が大きく動いてそれがかえって星座を判りやすくするという珍現象

IMG_20190818_151421.jpg
今回の船旅は行きも帰りも特二等船室を利用しました。これは2段ベッドなのですが、同じ階同士だけ顔を合わせられるというユニークな造り。この写真はベッド1階の部屋。両隣の部屋は2階にのみ行けるようになっています。

IMG_20190819_124703.jpg
東京湾に入港してしばらくするとJAMSTECのよこすかとすれ違いました

スポンサーサイト



line

小笠原旅行記(戦跡編)

お盆休みに小笠原に行ってきました。

前の週から台風10号が小笠原近海に停滞していて、船(おがさわら丸)の運行がどうなるのか気が気ではありませんでした。最初の予報では小笠原からそのまま北上してきて、ちょうど出航の日あたりに関東の南海上まで北上してきて、その後日本の東海上に抜けるような予報が多数出ていました。これはもうダメかもしれんね…とほぼ諦めていたのですが、最初の予報よりかなり西寄りコースを通って北上したため、予定より1日遅い出航に変更にはなりましたが、なんとか欠航は避けられました。帰りの船も1日遅くなるので、色々と予定の組み直しが必要になりました。

_8150032.jpg
東京湾の中ではほとんど揺れないのはお約束ですが、夜半過ぎから猛烈に揺れだしました。上の写真は朝4時頃の海の様子。船酔いはしませんでしたが、体調は万全ではありません。

_8150033.jpg
結局父島には定刻より1時間40分ほど遅れて到着しました。日程変更でかなりのキャンセル者が出た模様です。

到着日の午後は戦跡巡りのツアーに参加しました。板長さんの所にお願いしました。13時30分ピックアップのところ、船が遅れたので30分ほど遅らせてもらいました。

_DSC7167.jpg
最初は海軍通信隊の壕跡に入ります。

_DSC7173.jpg
中は立って歩けるくらい天井は高いです。

_DSC7192.jpg
壁には当時の碍子がそのまま残っていました。

_DSC7185.jpg
通信隊の隊長の部屋

_DSC7187.jpg
水を貯めておくドラム缶

_DSC7205.jpg
兵隊たちはこういう溝を掘ったような所で寝泊まりをしていたらしいです

_DSC7207.jpg
しばらく行くと陸軍の四一式山砲が収められた壕が

_DSC7208.jpg
明治41年に試作が完成したため四一式山砲と名付けられたそうです(制式制定は明治44年)。口径は75mm

_DSC7210.jpg
後ろ側から

_DSC7279.jpg
海軍の十年式十二糎高角砲。元々山の上の方の砲台に設置されていましたが、米軍の上陸を想定して壕の中に入れられました。

_DSC7289.jpg
外から見た様子

_DSC7294.jpg
飯炊き用のかまど

_DSC7296.jpg
発電機室

_DSC7299.jpg
内部の様子。窓はドラム缶が利用されているようです

_DSC7297.jpg
付近には碍子がいくつも落ちていました

_DSC7309.jpg
高角砲が元々設置されていた砲台です

_DSC7320.jpg
こちらも発電機室(海軍)

_DSC7325.jpg
中の様子

_DSC7334.jpg
機銃で撃たれた跡が残っていました

_DSC7349.jpg
陸軍の八八式七糎野戦高射砲。海軍は「高角砲」と呼ぶのに対して陸軍は高射砲と呼んでいました

_DSC7365.jpg
壕の外から見た様子

_DSC7360_20190820171458970.jpg
閉鎖機のあたりに昭和16年製の刻印が。その上の文字はかすれていて良く判別できませんが「八八式七糎野戦高射砲」と書いてあるそうです。

_DSC7350.jpg
運搬の際にどこかに付いていたと思われるタイヤ。内外ゴム製でした

_DSC7341.jpg
壕の外に出ると境浦の濱江丸が良く見えました(と言っても上部構造物はほとんど流出しています)

因みに1992年に小笠原を旅行した際に撮影した濱江丸がこちら
濱江丸01

濱江丸02
浜からシュノーケリングで泳いで行きました。

_DSC7376.jpg
トロッコの車輪とレール

_DSC7381.jpg
湯呑と酒の瓶

_DSC7382.jpg
ビール瓶には「桜ビール」と書いてありました。時代から考えると桜酒造か大日本麦酒のどちらかの製造だと思います。

_DSC7393.jpg
機関銃の銃眼

一旦夜明山の駐車場に戻り、通信隊の発電所と司令部を見学。
_DSC7401.jpg
元々民間が始めた通信所だったものを接収したそうです。

_DSC7410.jpg
発電機が置かれていた台座部分

_DSC7415.jpg
建物内部はこんな様子

_DSC7419.jpg
司令部の外観

_DSC7424.jpg
中の方はかなり破壊されています

_DSC7428.jpg
同上

_DSC7433.jpg
爆弾が直撃したと思われる穴

所要時間は2時間半ほど。なかなかに中身の濃いツアーでした。

_DSC7443.jpg
清瀬隧道の木の扉。空襲の時には住民はこのトンネルの中に避難したそうです

次回はダイビングその他の事を書く予定
line

紀伊半島の旅

10連休前半は紀伊半島を旅してきました。

前半はあまり天気が良くなさそうなので、天体撮影の機材はポタ赤のみで軽量化を図ります。その分キャンプ用品等を少し多めに持参します。一応、宿泊予定のキャンプ場は事前にリサーチして決めていましたが、それ以外の目的地は特に決めずの無計画旅行です。

IMG_20190427_005850.jpg
東名阪道のとあるPAにて。普通車区画を3レーンも潰しての横断駐車。東日本ではまず見かけない光景にちょっと唖然。岡山の運輸会社のトラックのようですが。

IMG_20190427_150152.jpg
大型連休なので混雑具合を心配していましたが、何の事は無いガラガラ状態。

IMG_20190427_144650.jpg
区画サイトとフリーサイトがありますがフリーサイトにしました。寝るのは車中なので、テントは張らずタープのみ設営。

_DSC6871.jpg
初日の晩は何とか晴れたので固定撮影で星を。このスクリーンタープは私のものです。

_DSC6873.jpg
かなりの山奥なので空は暗いです。

IMG_20190428_182711.jpg
晩飯はちょっと良いお肉でステーキなどを。さすがに松坂牛でという訳にはいきませんでしたが。

P4280003.jpg
ダム巡りでの一枚。旭ダムという関電の揚水発電に使用されている下ダムです。はじめは何の前提知識も持たずにダムに行き、ダムカードを配布している発電所に行く途中に・・・

P4280006.jpg
こういう超高圧の送電線が発電所から出ているようです。この発電所、ただものではないな?と思ったら揚水発電所でした。送電線は奥吉野線という500kVの送電線で、東大和開閉所に繋がっているようです。

IMG_20190428_153410_1.jpg
十津川温泉で汗を流します。

そして大雨が予想されている29日晩~30日はタープを雨に濡らしたくないので早々に撤収。場所も潮岬に移動。
_DSC6882.jpg
大雨が降るというのに皆さん大丈夫でしょうか。我々は車中泊なんで他人事なんですが・・・

_DSC6909.jpg
潮岬灯台を探索。ここは有料ですが上まで登れます。

_DSC6892.jpg
初代木製灯台は1873年、建て替えが1878年と記されています。

_DSC6896.jpg
併設されている資料館にて。昔使用されていた第2等不動レンズ。昭和32年まで使用されていたそうです。因みに現在は120センチの回転式灯器になっていて灯台の等級は無等です。

_DSC6901b.jpg
昔使用されていた光源。

_DSC6910.jpg
近くの岩礁を照らす投光器

_DSC6918.jpg
遠景

_DSC6887.jpg
付近には海軍望楼跡という遺構があるようです。それゆえこのキャンプ場がある丘を望楼の丘と呼ぶそうです。今回そこにはいきませんでしたが、丘の一角に標柱と何かの台座。探照灯かな?この標柱には燈臺(台)局と書かれているそうです。

予報通り夜中には大雨となり車体に打ち付ける雨の音が一晩中続きます。テント泊だったら雨漏りが…とかで寝てもいられない状態ですが、車中泊ではそういう心配は無し。

翌日もダムなど回ってダムカードを集めますが、途中に寄った橋杭岩。
IMG_20190430_081644.jpg
天気が悪いです。

この日の泊地は大台ケ原。

4泊5日(+移動日一泊)を終えて帰る日。私はまだ伊勢神宮に行ったことが無かったので、帰りがけに寄って行こうと思っていたのですが、そこに行く途中に中央構造線の露頭があることを思い出し、予定変更。この日は中央構造線探索の日に。これぞ無計画旅行(笑)

月出の中央構造線露頭という国指定の天然記念物になっています。かなりの悪路ではありますが、近くまで車で行けます。が、最後の500mは車進入禁止で歩くことに。
P5010017.jpg
かなりな急坂を下ります。帰りが本当にしんどかった。

P5010024.jpg
ここがその露頭。なかなか良く出ているではないですか。写真の右上から左下の方にほぼ対角線上に中央構造線の断層面があります。断層の左側(上盤)が日本列島の内帯、右側(下盤)が同じく外帯です。断層を境にして内帯の領家帯の花崗閃緑岩等を原岩とするカタクレーサイトと外帯の三波川帯の黒色片岩(のカタクレーサイト)が接しています。

_DSC6962.jpg
露頭上部に見えている断層面のアップ。断層面はガウジ化しているように見えます。

_DSC6976.jpg
露頭の上の道路にも断層面の一部が見えています。これより右側は三波川帯の黒色片岩が分布していると思われますが、非常に崩れやすい為コンクリートで補強されています。

_DSC6985.jpg
中の黒い部分は三波川帯の岩石のように見えます。手前側は領家帯の火成岩のようにも見えるし…。浅学な私では判断しかねます。

_DSC6988.jpg
典型的な結晶片岩の割れ方

月出の露頭の東には粟野の中央構造線露頭という別の露頭があります。レビューのコメントではそちらの方が境界が判りやすいということで、そちらにも行こうと思ったのですが、月出の露頭から先は通行止めで行けません。一旦山を下りて登り口を探すのですが、それらしい道も案内標識もありません。一旦道の駅に撤収して情報を再度チェックすると、三峰山の登山口の方から行けば良い事が判明。昼飯を済ませてから再度アプローチしてみます(国道にある登山口の入り口には小さな露頭案内板がありました)。

P5010071.jpg
ここが三峰山登山口。露頭はここを右方向に更に5km程行きます。後から判りましたがこの場所も中央構造線の断層上に有ります。

途中、山を下りる道とそのまま同じ高さを進む道が分岐するところがあり、同じ高さ(左側)の道を進んだのですが、一向に露頭が見えてこず、そろそろ引き返そうかと思ったところで露頭が現れました。
P5010032.jpg
これが粟野の中央構造線露頭です。月出の露頭は断層をほぼ直角に切断したようなものでしたが、こちらの露頭は崖がほぼ断層の走向に並行しており、断層面が傾斜しているため断面が現れているというもの。領家帯側が上側、三波川帯が下になりますが、崩れた土砂に覆われた部分が多い為に領家帯の岩石の方があまり露出していません。

P5010043.jpg
断層部分を拡大

P5010026.jpg
崖の裏側に回って撮影

P5010025.jpg
ちゃんと露出したものかどうか不明ですが、断層面下側にあった三波川帯らしき黒色片岩。

P5010053.jpg
三峰山登山口から露頭までの間はほとんどが領家帯の中を進みます。ところどころにこのように粘土化した箇所があります。付随する断層面なのかもしれません。

P5010075.jpg
領家帯岩石の中にこのような縞状の暗黒色の岩石が。まるで三波川帯の黒色片岩が取り込まれているように見えます。堆積岩由来のカタクレーサイトという奴でしょうか?

ということで中央構造線の探索を終え、温泉併設の道の駅いいだかを今宵の泊地とします。

翌日は前日にキャンセルしたお伊勢参り。GW中は高速インターの出口規制や道路の通行止め等がもろもろあるので、規制が始まる前の早朝に伊勢市内に入ります。伊勢神宮には豊受大神を祭っている外宮と天照大神を祭っている内宮がありますが、参拝順序としては外宮をまず参拝してから内宮という順序になります。

_DSC7004.jpg
外宮にある手水舎。すごい人でしたが誰もいなくなった一瞬を。

_DSC7011_201905032027354ea.jpg
「外宮の参道は左側通行」なんですが、もう思い思いに皆さん歩いています。

_DSC7017.jpg
正宮

_DSC7019_20190503202737538.jpg
古殿地(の片側)。平成25年に式年遷宮が行われるまで正宮が建っていた場所です。

_DSC7018.jpg
樹齢の古そうな木が沢山

_DSC7022.jpg
古殿地近くの池でのワンショット。水面に映り込む木々がまるで池の中に別世界が存在するような錯覚に陥ります。

外宮から内宮は5km程離れているので車にて移動。駐車場は五十鈴公園の中に誘導されました。内宮までかなり遠い
_DSC7033.jpg
木除杭。川の増水で流れてきた木等が橋にぶつからないように立てられているそうです。

_DSC7037.jpg
新天皇の即位を祝って行われる奉祝舞楽の舞台だそうです。

_DSC7041.jpg
内宮は参道の右側通行ですがここは一方通行になっていました。

_DSC7050.jpg
五十鈴川御手洗場

_DSC7059.jpg
巨木がいっぱい

_DSC7064.jpg
皇大神宮正宮

_DSC7070.jpg
宇治橋

帰りは伊勢志摩スカイラインを通って鳥羽に抜けます。そこから先は伊勢湾フェリーで伊良湖岬まで。

_DSC7072.jpg
朝熊山山頂の展望台から。なかなかの絶景です。

_DSC7079.jpg
フェリー乗り場に着くと15分ほどで出航するフェリーがありました。急いで乗船券を買って無事乗船。

_DSC7089_2019050320275154e.jpg
伊良湖岬から鳥羽に向かってくるフェリー

フェリー下船後は浜松から東名高速に乗りましたが、裾野から大渋滞。更に海老名からも渋滞とのことで圏央道経由で帰宅。疲れた…
line

温泉・会津の旅

奥鬼怒温泉の加仁湯温泉で濁り湯を堪能し、その後会津方面に旅行してきました。

P2150063.jpg
昔から行きたいと思っていながら行けていなかった加仁湯に泊まりました。これは第1露天風呂。

今年は雪が非常に少なかったです。昨年八丁の湯に行った時は川治ダムから先は雪道でしたが、今年は(元)女夫渕温泉の駐車場まで路面には全く雪が無かったです。

P2150075.jpg
ライトアップの雪の斜面も雪が少なくて少し寂しげ。

そして会津に向かいます。
最初は大内宿。
_DSC6360.jpg
晴れていれば綺麗なんですが、曇り空なので全体風景は少々微妙。

_DSC6369.jpg
道端には雪の灯篭が並んでいます。恐らく夜になると明かりが灯るのでしょう。

_DSC6354_2019021821372715c.jpg
民宿伊勢屋

_DSC6355.jpg
伊勢屋さんの軒にぶら下がるつらら。雪国の人には全く珍しくは無いと思うのですが、横浜育ちの私には新鮮な風景。

_DSC6356.jpg
味処みなとや

_DSC6371.jpg
干し大根

そして昨年4月にも撮影に行った只見線の第1橋梁へ。
前日の夜に道の駅尾瀬街道みしま宿の駐車場で車中泊。夜の間に雪が深々と降り積もり、朝起きた時には車の上には20cm程積もっていました。まだ暗い第1便は見送り、第2便と第3便を撮影するために歩いてすぐの「撮影ポイント」に向かいます。さすがに有名な撮影ポイントだけあって、冬の間もポイントへの道は踏み固められていて全く問題ナシ。ただ、ちょっと出遅れ感があって、上の方の撮影ポイントは人がいっぱいなのではないかと思い、一番下の撮影ポイントで撮影することに(雪道を上まで登るのがしんどかったというのもあります)。一番上まで行くと、鉄橋がすべて見えるのですが、一番下だと1/3ほどが木に隠れてしまい、川面に映る橋の鏡像も少ししか見えないというデメリットがあります。

_DSC6401tf2.jpg
夜の間に降った雪で一面銀世界になりました。それが第2便の時刻には止んでくれたお陰でクリアな視界で撮影できました。これで日の光が差していてくれると最高なのですが贅沢な望みでしょうか。3便は雪が降りだしてしまい、この写真より良くありませんでした。良いシャッターチャンスに恵まれるのは本当に「運」だと思います。本命は完全に日が差す時刻の9時台の通過列車でしたが、どんどん天気は悪くなっていきましたのでそれはパス。

最後に五色沼に向かい、スノーシューを履いて沼の撮影に。

_DSC6434.jpg
柳沼から東進するコースで入りました。上の写真は柳沼。湖面はすべて凍結していました。

_DSC6465.jpg

_DSC6444.jpg
青沼です。日の光が無いので沼の色があまりはっきり出ませんでした。

_DSC6447.jpg
るり沼。少しだけ雪が強く降ってきました。

_DSC6449.jpg
同上

_DSC6455.jpg
弁天沼。ほぼ全面結氷していますね。

_DSC6457.jpg
流石にこの氷の上を歩くのは無理そう(柳沼では歩きました)。

_DSC6461.jpg
これを見て流氷ダイビングを思い出す・・・

_DSC6463t.jpg
雪原を何かが移動しているので兎か何かかと思ったらツルアジサイの枯れたやつでした。途中の道にもたくさん落ちています。

弁天沼でUターンして引き返しました。
line

只見線

西会津の方に行ってきました。

目的は只見線の写真を撮ることとダム巡り。
東北電力の11ダムでダムカードが配布されるようになったのでそれを貰いに行くついでに、只見線の第1橋梁の写真を撮影してきました。

_DSC4306.jpg
朝の5時半ころにビューポイントに登ってみるとかなり濃い霧が出ています。霧で鉄橋が見えなくなるのでは?という心配までしていましたが…

_DSC4331.jpg
始発電車が通過する頃にはすっかり消散。遠くに残っている霧も煙みたいに見えます。

_DSC4370.jpg
通過3本目。このころにはすっかり霧も消えていました。

P4140007.jpg
宮下ダム。雪がまだ残っていて、桜がまだ蕾の状態でした。満開になるとすごく絵になりそうな感じです。一連のダムは昭和20年台~30年台にかけて建設された古いダムばかりです。

_DSC4376.jpg
上田ダム

_DSC4380.jpg
上田ダムのダム湖。独特な色の水面に山が写って綺麗でした。

_DSC4390.jpg
本名ダム。2011年の新潟・福島豪雨で只見線の橋が落下しています。まだ復旧されていません。

_DSC4395.jpg
右岸側の橋のたもと

P4140014_201804160021258db.jpg
本名トンネルの入り口。丸い光はレンズのごみが光ったものです。アヤシイものではありません

_DSC4397.jpg
ちょっと奥に入ってみました

line
line

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line