FC2ブログ

D50リモートコントローラの製作

私は天体写真撮影に、ニコンD50の赤外フィルター除去改造をしたものを使用しています。
D50のリモートレリーズは、ML-L3という手動でシャッターを切れるだけの赤外線リモコンしかなく、従来のMC-36の様なインターバルタイマー付きリモートコードは一切使用できません。そのために、誠報社などで従来のインターバルタイマーを使用できるようにするオリジナル商品が売られています。しかし、接続ユニットだけでも¥16,800、インターバルタイマー込みだと¥31,800もするので、今まではストップウォッチを睨みながら、手動でリモコンを操作していました。
先日、知り合いの天文マニアにその話しをしたら散々馬鹿にされまして、「未だにそんな事やってる人が居るとは信じられない」とまで言われてしまいました。そこで、一念発起して何とかしようと思い立ったのであります。
とは言え、誠報社の接続キットを購入するのは高すぎるし能がありません。そこで、ML-L3を分解・改造してPCから制御できるようにしてみました。
世の中には同じような事を考える人は居るもので、天文屋のホームページさんにてML-L3をリモートでコントロールする方法(リモコンをリモートでコントロールというのも変な表現ですが…(笑))を紹介されておられました。詳しくはリンク先を見ていただければ判りますが、肝心なところは、表のシールを剥がし、基盤を取り出し、付いているICの11番と15番の足を導通させるとレリーズON(バルブの場合はOFFも)になります。下の写真はこの11番と15番の足にピンジャックを繋いだものです。私は少々気が短いのでシールを剥がすのに乱暴にやってしまい、再度貼り付ける時に苦労しました。
ML-L3

次は、このML-L3をPCから制御する方法です。要はPCで接点のON・OFFができればいいのですが、これは天文我楽苦多工房さんのホームページにあるインターバルタイマー(その3)を参考にさせてもらいました。これはテクノキットというところで販売している、USBでIO制御をするUSB_IOという製品を使用しています。完成品とキットがありますが、私は迷わずキットを購入。送料込みで¥1,500です。USB_IOの構成部品は僅かに6個だけ。それに回路を外部と電気的に遮断するためのフォトカプラと、電流制限のための抵抗の2つを追加します。我楽苦多工房さんの写真では、レリーズ中を示すLEDが付けられていましたが、生憎手持ちのLEDが無く(壊れていて)、今回は断念しています(09.04.29追記:その後LEDが出てきたので、今は付いています)。また、我楽苦多工房さんの写真によると、左右のVccの間に赤いジャンパー線が引かれているのですが、もともとパターンで繋がっているので、不要と判断して取り付けていません。
USB_IO

完成後、まずUSB_IOをPCに接続します。するとUSB_IOはUSBヒューマンインターフェイスデバイスとして認識されます。しめしめ。次に、同じく我楽苦多工房さんのホームページにある制御ソフトを起動します。すると、起動時に「USB-IOを接続してください」というダイアログが表示されます。あれ、おかしいな? それを無視して、シャッター時間等を設定してレリーズONしても、やっぱり動作しません。ちょっとあせります。このソフトはHSPという言語で書かれています。その中で、USB_IOを制御するために、びんずめ堂さんが製作されたUSB-IO用プラグインを使用しています。今度はそのパッケージの中に入っているテストプログラムを起動してみます。USB_IOは4ビットと8ビットの2つのポートを持っていて、今回の接点入力はポート1の3番(P13)に繋がっています。このポートのビットを0にすると接点クローズ、1にするとオープンです。テストプログラムでそのビットを0にしたり1にしたりしてみます。変化ありません・・・。ちょっと絶望的になりかけましたが、冷静になってよく見ると、ポートに書き込む数値を16進で書かなければいけないところを10進で書いていました(我楽苦多工房さんのソフトが10進だったので)。正しく16進で記述し、ビットを1→0に変化させるとシャッターが切れました。今まではずっとONの状態になっていたようです。
さて、USB_IOには問題が無い事はわかりました。なぜ我楽苦多工房さんのソフトが動かないかですが、テストプログラムで使用したhpsusbio.dllと我楽苦多工房さんのパッケージに入っていた同ファイルの製作タイムスタンプが違うことに気付きました。どうやら、我楽苦多工房さんのパッケージに入っていたUSB-IOプラグインのdllファイルはWindows Vistaに対応していないようです。これを最新のdllファイルに置き換えたところ、見事に動作してくれました。メデタシメデタシ。

今までは、寒いときに車に篭って操作できるのは冷却CCDだけでしたが、これからはデジカメも車内から制御できるようになります。あ、もちろん観望もしますよ(笑)

最後ですが、今回情報提供されていた天文屋さん、我楽苦多工房さんに感謝いたします。

2009.11.2追記
こちらにMl-L3を使用しないリモコンモジュール製作の記事があります。
スポンサーサイト
line

板垣彗星・ルーリン彗星

板垣公一さんが新彗星を発見したとの事で、早速花立山に撮影に行ってきました。最初は私一人かと思いましたが、後から数人がやって来ました。
板垣彗星(C/2009E1)は現在おひつじ座にあり、これから北上していきますが、同時刻の高度はどんどん低くなっていきます。観望できるのは今月一杯位のようです。
板垣彗星
かなりの強風で、恒星像が肥大化しました。周囲の恒星の光度からざっと見積もると10等台と思います。夕方の彗星は準備が慌しいので苦手です。

あとはルーリン彗星を撮影して、夜半には撮影を切り上げて引き上げました。一時期に比べるとずいぶんと小さくなりました。ダストテイルは依然健在です。
ルーリン090320カラー

ルーリン090320白黒

line

ホネスティー製折りたたみ式断熱日よけ


前に道の駅ならはで車中泊をした事を書きましたが、それには一つ目的がありました。ホネスティー製の折りたたみ断熱日よけの装着テストをするためです。
これは各車種専用に作られていて、ウィンドウ部分の形にぴったり合うように形成されています。エクストレイルの窓は全部で8枚ありますが、その全面分の枚数があります。ばら売りもしているので、特定のウィンドウのものだけを買うことも可能です。
注文して届いた荷物は長さが1.2mもあり、一瞬びっくりしましたが、ウィンドウの形に切られた部分の外側の余ったシートがそのまま梱包されているためでした。まずは1枚1枚、そこから使用する部分を取り外すことから始まります。全部取り外して折りたたんだ状態が下の写真です。結構かさ張るので、常時車に積んでおくのは無理そうです。

断熱日よけ1

シートのエッジ部分は、外側に薄くなるよう鋭角的にカットされていて、ウィンドウの隙間部分に差し込むように固定します。そのため、吸盤などを必要とせず、ガラスにぴったりと取り付けることが可能です。ただし、エクストレイルのサードウィンドウは周囲にほとんど隙間が無いので、脱落防止用のウレタン片が付属していて、必要に応じて取り付けるようになっています。私のはまだ新しいので、ウレタンを付けなくてもなんとか自分の弾力で張り付いていますが、年月が経過してヘタッて来たら取り付けなければいけなくなるかも知れません。

断熱日よけ2
取り付け後の様子です。遮光性もばっちりで、なかなか良い感じです。カーテンに比べて室内が広い感じがします。

断熱日よけ3

これで夜でも心置きなく明かりを点けられます。
line

暫定大臣をなんとかしろ

中川昭一元財務大臣の辞任後、与謝野経済財政・金融大臣が財務大臣をも兼務することになった。これはあくまで暫定対処かと思っていたが、一向に後任が決まる動きが無い。与謝野氏はいわゆる財務省のロボット財務族であるから、財務省の意向がそのまま反映されると考えて良い。これまで、財務省というか大蔵省には、権力が集中しすぎていて、それを弱体化させる為の改革が進められてきた。そして、財政と金融は分離され金融庁が誕生した。だが、今回の与謝野氏の両大臣の兼務により、事実上すべて財務省の勢力下に置かれる事になったことは間違いない。更に踏み込んで想像を逞しくすれば、すべては財務省の筋書き通りに事が進んでいるのかも知れない。近い将来金融庁は財務省に吸収されるのかも知れない。これは甚だ危険な状態と考えて良い。阿呆麻生総理は多分現状に手も足も出ないのではないだろうかと危惧するが、一刻も早くしかるべき人材を大臣に抜擢すべきだと思う。

ついでにもう一つ勝手な主張をさせてもらうと、いい加減鳩山総務大臣をクビにして欲しい。 辻広雅文氏の『「かんぽの宿」騒動に見る“既得権死守”勢力の巧妙かつ公然たる反乱』には激しく同意するので、ここにリンクを張って置く。大体、疑惑疑惑と叫んでいるが、未だもって何も不正の証拠が出てこない。バルクセールの何たるかも理解していないド素人は黙っていろと言いたい。それとも、個別に売りに出して、売れ残った物件は従業員も込みで鳩山財閥で面倒を見てくれるのだろうか?


line

新福島変電所

福島幹線や福島東幹線の1号鉄塔が見たくて新福島変電所に行ってきました。

日帰りできないことも無いのですが、前日の夜に出て「道の駅ならは」で車中泊しました。道の駅ならはには温泉施設があり、500円で入浴できます。塩化物強塩温泉なんだそうで、かなりしょっぱい感じのお湯です(飲めません)。

新福島変電所に行く前に、広野火力線(500kV)を見に行きます。写真は発電所から出てくる1号鉄塔(右)と2号鉄塔です。広野火力線は広野火力発電所~新いわき開閉所までを70基で結んでいます。
広野火力線
1号鉄塔のアップを撮りたかったので、正門前の守衛所で「写真撮らせてもらって良いですか?」と聞いたところ「勝手に写真は撮れない事になっています」というつれない返事。軍事機密じゃあるまいし…(有事の際は機密扱いかも知れませんが)。

新福島変電所には、福島第1原子力発電所および福島第2原子力発電所で発電された電気がそれぞれ双葉線、富岡線の各500kVの送電線で送られてきます。そしてそれらが福島幹線、福島東幹線の各500kVの送電線として出て行っています。


まずは福島幹線1号鉄塔の写真です。
福島幹線1号鉄塔福島幹線1号プレート


お次は福島東幹線1号鉄塔。
福島東幹線1号鉄塔
福島東幹線1号プレート

これは双葉線33号鉄塔です。
双葉線33号

お次は富岡線21号鉄塔です。富岡線は66kVの岩井戸線を併架していて、手前の鉄塔は岩井戸線23号鉄塔です。
富岡線21号

その他、275kVの大熊線1・2、大熊線3・4(夜の森線66kVを併架)、156275kVのいわき幹線などが接続しています。大熊線は双葉線と同じく福島第1原発に接続しているようです。原子力発電所は、原子炉が停止した際にも各種制御を継続できるようにするため、外部からの電源を受電することが義務付けられています。大熊線や併架される66kV線はそのための電源として使われるようです。また、富岡線は逆方向で受電も可能なようです。いわき幹線は東北電力と連系しています。
大熊線1・2  1号鉄塔
大熊線1・2 1号鉄塔
大熊線3・4  1号鉄塔
大熊線3・4 1号鉄塔




いわき幹線62号
いわき幹線62号鉄塔


新福島変電所は「変電所」と付いていますが、トランスの類は見つけられませんでした(探せなかっただけかも知れません)。(3/16追記:トランスは設置されているようです)

この後、新いわき開閉所にも行きました。それはまた日を改めて。

line

なぜ今年次改革要望書?

最近急に「年次改革要望書」が取りざたされ、「アメリカの一方的な要求に屈して規制緩和が進められている!」など、大して中身を知らないくせに騒いでいる輩が多い。これは別に対アメリカだけでなく、EUとの間でも同じような文書が取り交わされている。アメリカからの要求を云々する前に、日本からアメリカに対する要求も目を通した方が良い。内政干渉の要求をしているのはお互い様というものだ。そういう意味ではリンクに挙げたWikiはバランスに欠ける説明である。日本が米国に計量単位をメートル法に改めよなどと要求しているのは笑ってしまうけど。

ところで、年次改革要望書はずっと昔から交換されてきたものだが、なぜ今になってクローズアップされているのだろう?と思い始めると、これは官僚による世論操作なのではないかという疑いを禁じえない。というのは、要求されている事項には、役所の既得権益を大きく後退させる項目が少なくないからである。例えば総務省の監督する電波行政についても、「総務省が規制当局者であると同時に産業政策推進機関であるという制度的構造によって、日本の電気通信市場における消費者と事業者の選択肢は引き続き制約されている」などと手厳しく批判されている。権限拡大に余念の無い役所にとってはなんとも目障りなことだろう。とはいえ、役人が表立って批判するわけにはいかないから、森永卓郎あたりに提灯を持たせて、ネットの方々で何も知らないネット市民相手に布教活動をさせている訳だ。

…と、こんな官僚批判ばかり書いていると、そのうちこのブログも強制閉鎖に追い込まれるかも知れない。恐ろしい世の中になって来たものだ。
line

定額給付金 給付額は実質11,429円


大抵は5%の消費税が課せられ、国に回収される。
景気回復のためには、たばこ、酒、ガソリンなど価格に税金が占める割合が大きなものへの利用は避けるべし。
line

規制緩和でタクシーが増えた?

タクシー業界への参入の規制が緩和され、タクシー台数が増えてタクシー運転手の生活が苦しくなっている・・・

よくマスコミで取り上げられるテーマである。
でも果たしてそれは本当だろうか?

下の図は、東京地区におけるタクシー台数、輸送人員数、日車営収の推移である。
タクシー
(内閣府作成http://www5.cao.go.jp/seikatsu/koukyou/data/19data/butu190531-shiryou4.pdfより抜粋)

規制緩和が実施されたのは平成14年2月である。
このピンクの線がタクシー台数を表しているが、「規制緩和が実施されたため台数が増えた」のではなく、ずっと以前から増加傾向にあり、現在までそれが続いているということが明らかである。しかも、若干景気が上向きかけた平成16年~平成17年では、乗車人員も収入もアップしているのがわかる。
(これは東京地区のデータで、全国平均の日車営収は平成17年で29,000円程度であるが傾向は同じである) 

恐らくは、企業での雇用整理が進んだ結果、再就職先として選ばれているのがタクシー業界なのではないのだろうか?(マスコミに登場する運転手にもそういう前歴の人が良く出る) タクシー運転手の生活が苦しいのは、景気が悪くなって乗車人員の減少が進んだことと、運転手の淘汰が進まないことであろう。しかもこの時期に値上げである。

それにしても、このように運転手になっても生活が苦しいと判っているのに、タクシー運転手に転身してくる人が跡を絶たないのはなぜなのだろうか・・・? 年収200万だと、時給800円のバイトを1日8時間、月25日やったのと大して変わらないのだが。
line

九州車中泊の旅(8) ~九州をあとに~

雲仙を下山して長崎市内に向かいます。

まず最初に原爆資料館に立ち寄ります。閉館まで1時間程度しかなく、かなり駆け足で見てまわりました。原子爆弾の爆発の際に発生した強烈な熱線によって変形したガラス瓶や溶けた瓦など、爆心地での想像を超えた被害の様子に圧倒されます。爆心地の地上では熱線により一瞬のうちに3千度~4千度にもなっていたんだそうな。

平和祈念像

原爆資料館を出て、平和公園の平和祈念像を見に行きます。着いた頃はもう夕暮が迫っていました。この像、誰かに似ている気がするのですが、誰だか思い出せず。長崎は最後の目的地で、あとは帰るだけなのですが、ここから先は全く計画を立てておらず、行き当たりばったりの旅になります。当然、寝る場所も決めていません。ただ高速に乗って帰るだけでは面白くないので、西彼杵半島を通って帰ることにしました。と言っても日も暮れて何も見えないのですが。途中通過したハウステンボスのライトアップが綺麗でした。

ハウステンボス
Photo by (c)Tomo.Yun )

西九州自動車道から長崎自動車道に進みます。道路情報によると、どうやら福岡市内は雪により通行止めの様子。それならば瀬戸内海側に抜けようと大分自動車道に入ったものの、こちらもその先が通行止めです。もうじたばたしても始まらないので、太刀洗PAで寝ることにしました。
太刀洗PA

翌朝起きて道路情報を確認すると、通行止めは解除になっているようです。再び九州自動車道に乗るため一旦高速を降りて、逆方向に入りなおします。前の晩に通行止めになっていた区間を通っても、ほとんど雪はありません。なんでこんなので通行止めになるの?って感じです。

いよいよ九州を脱出ですが、最後の壇ノ浦PAで関門橋の見物をします。私は橋よりも隣に伸びる500kVの送電線に目が行ってしまいます。
関門連系線
これは中国電力と九州電力とで電気のやり取りをする関門連系線(1980年完成)です。関門連系線は「海峡に架ける-50万ボルト関門連系線」という産業映画になっていて、1980年の日本産業映画大賞を受賞したそうです。このような電力会社間で電気のやり取りをする連系線は他にも結構ありますが、海を渡って繋いでいるのは本州と四国の間や北海道と本州の間にもあります。北海道と本州の間と、四国と紀伊半島の間を繋いでいる連系線は海底ケーブルで直流送電です。

私はまだ島根・鳥取に足を踏み入れたことが無いので、日本海をまわって帰ることにします。ただ、鳥取まで行くと雪が心配なので、浜田から浜田道に乗ります。鳥取は将来に取っておくことになりました。浜田道は途中雪が降っていたりしましたが、おおむね順調でした。千代田JCTからは中国自動車道に入ります。岡山の北房JCTより先はチェーン規制が出ているようなので岡山自動車道に入りました。

時間も夜の8時近くになり、何処で夜明かしするかを考えましたが、岡山近辺の24時間営業の健康ランドにしようと思い立ちます。カーナビでスーパー銭湯を検索し、瀬戸大橋スパリゾートというところが24時間営業しているようなので行ってみることにします。料金は2200円とかなり高額ですが、値段の割には風呂がたいしたことがなく、ちょっとがっかりします。長旅の疲れを癒すため、ボディマッサージもやってもらいます。こちらは凝っている箇所を的確にマッサージしてくれて、かなり満足でした。「お疲れは何処ですか?」と聞く割にはそこをあまり重点的にやってくれないところが多く、物足りなさが残ることが多いので。肝心な仮眠室ですが、正月休みとあってすごい人です。ずっと一人で車中泊してきたので、この人ごみは鬱陶し過ぎました。結局チェックアウトして、再び運転開始です。

水島の健康ランドにしようと思ったのは、四国経由で帰ろうと思ったからです。と言っても高速から降りるわけでなく、ただ通過するだけですけどね。最終的に夜明かしは高松自動車道の津田の松原SAですることになりました。

この後、1日半かけて家に無事帰り着きました。途中の高速はかなり渋滞していて、更に一泊する羽目になってしまいました。最後の車中泊は東名高速鮎沢PA。上り線PAは本線から距離があり、静かなので、車中泊にはお勧めのPAです。

~九州車中泊の旅・終わり
line
line

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line