FC2ブログ

財務大臣の無能には呆れる

藤井財務大臣曰く「日本は基本的には円高が良い」「耐えることが必要」などと発言したそうである。三橋貴明あたりの言うことを真に受けたのかどうか知らないが、「狂っている」としか言いようが無い。

今、日本のメーカーの、例えば電気製品を買ってそれが日本製である割合ってどのくらいだろうか。一部の高級な製品を除けば、中国・東南アジア製がほとんどだろう。なぜそのような状況になったのか。それは円が高いため安価な労働力を求めて日本のメーカーが生産拠点を海外に移転してしまったためである。本来日本のメーカーなのだから日本人の労働者が国内で生産すべきものが…である。バブル崩壊直後の円高期にはまだそれほど海外移転が進んでいたわけではないので、日本に輸入されるモノの量はそれ程でもなかった。その後、円高を嫌って生産拠点を海外に移していった結果、現在では貿易収支の輸出と輸入がトントンになるくらい輸入が増えてしまった。日本メーカー製品の「逆輸入」がかなりの割合にのぼるのである。

内需拡大などと言っているが、それで日本人が本当に幸せになるためには、日本人が国内でモノを生産し、国内で売買できる場合である。円高になれば、輸入品は日本製より安く手に入れることが出来るため、国内で製造されたモノや食料は売れなくなる。当然そのままでは立ち行かなくなり、海外に脱出できる企業は脱出し、それができない企業は潰れてしまうだろう。つまり円高のままでは、いくら内需拡大策を取っても日本の企業は幸せにはなれないのである。同様の状況だったアメリカはプラザ合意なんていう強硬手段でドル高を解消させたが、とばっちりを受けて円高になった日本は金利を下げることで対処できた。しかし今はもう金利を調整できる余地は残されていない。その上民主党は雇用規制を強化しようとしている。これでは癌患者に対して鼻と口を塞いで息をできなくしている行為に等しい。

円高の世の中で活路を見出すには、他国では追従できないような製品を作っていくしか無い様に思う。素材系の一部や工作機械などのシェアではまだ日本製も頑張っているようだ。そのような製品開発には日々研究開発が欠かせない筈である。しかし企業の業績が悪くなると真っ先に切られるのは研究開発費だったりする。特に理解の無いトップがいる企業などでは。子育て手当てや高速道路無料化より、まずは日本人が働いている企業を元気にすることが先決ではないのだろうか。それができないようではやはり藤井大臣の言うとおり「耐えるしかない」のかも知れない。
スポンサーサイト



line

東北車中泊旅行

9月とは言えまだまだ暑いので、平地での車中泊は避けたいところです。
今回はなるべく高地の場所を選びました。、

■道の駅種山ヶ原■
水沢から大船渡に至る国道357号線にある道の駅です。姥石峠のトンネル出口の横にあります。
種山ヶ原
静かですし、車中泊にはまぁ悪くないと思いました。この日の晩飯は、道の駅かわさきで購入した牛タンカレーです。私的にはちょっといまいちな感じでした。やはり牛タンは焼いて食べるもの?
牛タンカレー


■国見温泉下駐車場■
岩手県の国見温泉石塚旅館の下にある、登山者用?駐車場です。かなりでこぼこなので、場所によってはかなり斜めになります。登山者の車で朝には一杯になります。あまり長居は迷惑になりますね。
国見温泉駐車場
晩御飯は、道の駅錦秋湖で買った山菜炊き込み御飯の元でごはんを炊きました。舞茸入りです。
山菜ごはんの元
うまく炊けたようです。
山菜ごはん

国見温泉には石塚旅館と森山荘の2件の旅館があります。目当ては石塚旅館だったのですが、日帰り入浴が10時からなので、9時から入れる森山荘で入浴しました。緑色の独特なお湯です。含硫黄ナトリウム炭酸水素塩泉ということです。この緑色はお湯に含まれる藻類の色なんだそうですが、本当でしょうか。なんでも、源泉は無色で、紫外線に当たると緑になるとか。なんとここにはペット専用露天風呂まであります。
国見温泉

■籐七温泉下駐車場■
国見温泉をあとにして、乳頭温泉、御生掛温泉、籐七温泉をまわりました。下の写真は今回の旅で一番の渋滞箇所であった乳頭温泉鶴の湯に行く道。駐車場の空きを待っているところです。
鶴の湯渋滞
乳頭温泉はちと有名になりすぎましたな。

最初、御生掛温泉のそばにある公共駐車場で車中泊をしようとして車を停めてくつろいでいると、管理人らしき人がトイレを閉鎖しに来て、「トイレを夜間閉鎖する関係で、ここでの宿泊は禁止とさせて頂いています」と言われてしまいました。どうしてお役所はこう根拠も無く禁止ばかりするんでしょうかね。翌朝行こうと思っていた籐七温泉に行ってみると、宿の下に未舗装の駐車場がありました。籐七温泉の看板には「公共駐車場」と書いてありましたので、そこで車中泊をすることにしました。パスタを茹でて、タラコスパの元を振りかけて食べました。もちろん茹で汁で野菜スープも作りました。実はここ、男女別内湯&露天風呂の真正面です。私は知らずにすぐ近くに停めてしまいましたが、なるべく建物から離れて停めたほうが良さそうです(汗)。
籐七温泉駐車場

今回入浴した温泉のうちではこの籐七温泉彩雲荘が一番でしたね。混浴の露天風呂がなかなかワイルドな感じで良いです。残念ながらガスがかかっていて、景色が全く見えませんでした。次回は是非泊まりで行ってゆっくり入りたい温泉ですね。

■道の駅虹の湖■
青森県の東北町を走っているとこんな看板が。
東北温泉
日本一黒い湯! 黒湯マニアの私としては是非入っておかなければならない温泉です。その名も東北温泉。看板に偽り無く、かなり真っ黒なお湯です。透明度40cmといったところか? 今はなき東海村の虚空蔵温泉と良い勝負です。ヌルヌル度もかなりありました。カランのお湯も黒湯という念の入れよう。なにより270円という銭湯の料金で入れるのが良いです。そのかわりシャンプーなどの備え付けはなしです。こじんまりとした露天風呂もありました。

入る予定のない東北温泉などに寄ったため、行こうと思っていた青荷温泉の日帰り入浴の時間に間に合いませんでした。青荷温泉は2年ほど前に行っているので、それほど未練は無いのですが、「温泉を味わう」という字が書かれたオリジナルの手ぬぐいが気に入っていたので、それだけ買いに(ひそかに風呂に入れさせてくれるのを期待して)青荷温泉まで行ってみます。やはり残念ながら風呂には入れず、お目当ての手ぬぐいもデザインが変わっていてガッカリ。ランプが灯された宿を見ていると、ここに泊まりたいという思いが急に強くなってきましたが、連休中に空き部屋などある筈も無く、山を降りてきて、道の駅虹の湖で泊まることにしました。翌日の朝急いで出発した関係で写真が無いのですが、車中泊には結構お勧めの道の駅でした。

line

八ッ場ダム 中止反対の不思議

八ッ場ダムの建設中止が話題になっている。
前原国土交通大臣が住民への説明に赴いたが、住民は説明会への出席を拒否しているようだ。
私にはこの地元住民の「絶対造らなきゃダメ」の発想が理解できない。周辺の県知事達が中止反対を声高に叫ぶのは、どうせ後々の交付金目当てだろうからまあそういう行動を起こすことは予想できる。しかし地元住民はダム建設の利害関係者の中では間違いなく「害」にあたる人達である。今まで散々翻弄されてきたとか言われているが、それはダムを「造らなければならない」理由にはならない。確かに、ダム建設予定地となり、その後の開発等がストップしてしまい、また移転する人も現れて町や村が寂れてしまったという事はある。それはそれで補償交渉をこれから始めていけば良いのである。民主党もその交渉の用意はあるとしているのだが、建設中止の白紙撤回でなければ交渉のテーブルに着かないというのは如何なものか。

ところで、意識している人は少ないだろうが、八ッ場ダムの利害関係者の「利」に当たっている人達は、東京、埼玉、千葉、茨城、群馬の各都県に住む住民である。ダム建設の目的は、これらの地域への水道水の供給と、洪水対策であるからである。したがって、民主党がダム建設中止の理由説明をしなければならない人達は、まずはこの各都県に住んでいる住民である(私もそうだ)。ダム建設を中止しても本当に洪水の問題は無いのか、水道水は今後も確保できる目処があるのかを説明してもらいたい。まぁまず問題は無いと想像出来るが、ちゃんと信頼のおけるデータを示してもらいたい。

前にも書いたように私は川原湯温泉のファンである。川原湯温泉がダムの底に沈まないで済んだことを嬉しく思っている。ダム建設利害関係者の「利」の立場として、こんなダムは要らないと声を大にして言いたい。

line

カゲロウ大発生

シルバーウィークに車中泊をしながら北東北を巡ってきました。

岩手県内をまわっているうちに日没となり、車中泊をする道の駅を探している時のこと。
北上川にかかる橋を通行すると、おびただしい数の羽虫が飛び交っています。どうやらカゲロウの成虫が羽化し、乱舞しているようです。街灯のまわりは虫が取り囲み雲のよう。路面はカゲロウの死骸が山のように積もっています。道の駅みずさわは北上川のすぐ横で、状況が良ければ車中泊をしようと思って来ましたが、とてもじゃないようです。羽音もカサカサとかなりうるさかったです。もっとも、カゲロウがいなくても、この道の駅は車中泊向きではなかったです。

かげろう1

かげろう2

かげろう3


line

多目的タイマーのさらなる改造

以前「日食用インターバルタイマーの製作」という記事で、PICマイコンのキットを改造してニコンのML-L3を使ってリモートレリーズを行うことを紹介しました。

タイマー2.2M

この改造は、設定時間が時と分しかできなかったものを分と秒で指定できるようにするものでした。レリーズの制御は、タイマーでONの時間の間リモコンのML-L3を発光させ、OFF時間待機となります。ONになっている間じゅうリモコンは発光し続けますので、いつもは設定可能な最低時間である1秒を設定します。

ところで、カメラ側でシャッター速度を決めてレリーズする場合はこれで良いのですが、天体写真の撮影ではほとんどがバルブを使います。バルブの場合には1回目のリモコンスイッチONでシャッターが開放され、2回目のリモコンスイッチONでシャッターが閉じます。つまり、今まで1回のリモコン発光で済んでいたものが、2回発光させないと完結しない訳です。バルブのレリーズはUSBを使ってパソコンから出来るようにしていますが、このタイマーがバルブでも使えればパソコンが無い場合には便利です。そこでまたまたこのタイマーのプログラムをいじってバルブ対応にしてみました。

間欠タイマーとして3CHあるうち、1CHめと2CHめをバルブ対応に変更し、タイマーONとOFFの瞬間に0.4秒間だけポートをONにするようにしました。3CHめは従来どおりタイマーONの間ポートをONにします。このキットのプログラムは、内部で処理しているタイマーの設定時間の「1秒後」にポートがONになったりOFFになったりするので、ちょっと頭が混乱しましたがなんとかうまく行ったみたいです。

このキットは他にもいろいろ機能があるのですが、それらはほとんど利用していないので少々もったいないです。PICマイコンが少し判って来た今ならたぶん自分で回路を組んで作ったことでしょう。

今後の予定:
1. カメラとの距離が離れても間違いなく制御できるよう、リレーを使った方法にする
2. ML-L3の発光パターンを解析して、ML-L3に代わるコントローラを自作する


line

やはり民主ではダメだ

今回の選挙では自民・公明は全く支持していなかったが、さりとて民主党に投票した訳ではない。それは民主党のマニフェストに経済成長戦略が全く見られなかったからもあるのだが、国民新党や社民党と連立を組んで、既得権益復活&大きな政府を目指す方向に向かいそうだったからである。残念ながらそれは現実のものとなってきた。今回の選挙結果から、国民新党や社民党は国民の支持を得られていないことは明らかである。それらの政党と連立を組み、彼等の主張を受け入れることは「民意」をないがしろにする行為である。私が特に問題に感じているのは、
・郵政民営化の逆戻し
・労働規制強化
・教員免許更新制度の廃止
である。これらは国民新党、社民党、日教組出身の民主党議員が主に声高に主張しているものである。残念ながらこれらの方針が今の日本を良い方向に変えるとも思えず、既得権益を奪取しようとする勢力に迎合するだけとなっている。民主党は「脱官僚依存」などと言っているが、それはいかに官僚が握っている既得権益を政治主導でコントロールすることが出来るかにかかっている。これまでは族議員が官僚と一緒になって甘い汁を吸ってきたのだ。民主はまずこれら身中の族議員を一掃することから始めなければならない。
line

海のエジプト展に行ってきた

パシフィコ横浜で開催されている「海のエジプト展」に行ってきました。平日でしたがチケット売り場は10分待ちでした。

海のエジプト展は、エジプトのアレクサンドリア、カノープス、ヘラクレイオンの海底遺跡から発掘された品々が展示されています。カノープスから見つかった「王妃の像」、ヘラクレイオンで見つかった「ネクタネボ1世のステラ」などはかなりすごいです。また、アレクサンドリアで見つかったクレオパトラ(7世)のコインは有名です。

残念ながら写真撮影は禁止でしたので、展示物の紹介は公式サイトで見て頂くとして、私が2001年にアレクサンドリアに潜って撮影した写真を紹介します。

まず、ファロス島近くのポイントで撮影したものから。

alex01
スフィンクスです。頭の部分が欠落しています。スフィンクスは頭が人間で胴体がライオンですので尻尾があります。

alex02
丸い部分の上に石柱が乗っていたのではないかと思います。もしかしたら世界七不思議のファロス灯台の一部かもしれません。

alex11
これはファロス灯台の外壁の一部と思われています。なかなかに巨大です。

alex03
石臼と思われます。

alex07
これは神に供物を捧げる台のようです。

alex08
手前の石には足の指の様なものが見えます。

alex06
これも列柱の土台のようです。

alex09
結構いたるところにスフィンクスは転がっています。残念ながら五体満足なものは一つもありませんでした。

ここから下はイーストハーバーというポイントで撮影した写真です。クレオパトラの宮殿跡と思われている場所の近くです。湾内なので非常に透明度が悪いです。私が潜った時は、悪い時には50cm位しか見通せませんでした。

alex04
この壷はアンフォラと呼ばれているキリシャ様式の壷で、底の部分が尖っているのが特徴です。

alex10
柱の土台の周りに壷が散乱しています。果たしてこれはクレオパトラの宮殿の一部でしょうか?

alex05
第2次大戦中のイタリアの軍用機が墜落して沈んでいました。

line

ベランダ太陽光発電所開業 ~12V生活の始まり~

先日まで予備実験していたベランダ太陽光発電ですが、本日恒久設備として稼動を開始しました。

ベランダソーラー1

ベランダソーラー2

太陽電池パネルを取り付けるマストは矢崎のイレクターを使用して組み立てました。
私の部屋は南東向きなので午前中の日の当たりは良いのですが、15時頃からベランダは日陰になってしまいます。また、物干し竿受けの影が落ちてしまうのも玉に瑕です。


こちらは室内に置いてあるチャージコントローラとバッテリーです。以前、車載用のサブバッテリーとして使っていて寿命になったバッテリーを使っています。車中泊の際の炊飯器などには使えなくなりましたが、この程度の用途にはまだ使えます。
ベランダソーラー3

最近は携帯電話の充電器をはじめとして、12Vのバッテリーで駆動できるものが増えています。特にUSBのバス電源で動く機器はコネクターが共通なので便利です。今までいろんなACアダプターがテーブルタップを占領していましたが、今日からほとんどをバッテリーからの給電に変えてしまいました。AC延長コードなども片付けられすっきりしました。太陽光で発電した電気で充電した携帯電話を使用していると、太陽をもらった男さんの言う自発自消を実感します。

前にも書きましたが、ECOとか節電などの目的は一切無いのですが、一応、今回の投資が電気代の節約とどのくらいでペイするかをシミュレートしてみました。いろいろ前提条件を設定していますが、細かい話はざっくり省略して結果を書きますと、元が取れるのは55年後と出ました
line
line

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line