FC2ブログ

AVATARを観る

実は2回目である。

それだけ気に入ったからという訳では無いのだが、以前近所の映画館で見たXpanDという3Dの投影法よりもIMAXデジタル3D方式の上映の方が格段に凄いという話を聞いたからだ。そもそも日本ではIMAX 3D以外ではAVATARのすべてを鑑賞できない(スコープサイズが違うため)らしいのだ。しかし、IMAXデジタル3Dに対応している映画館は日本には4箇所しかないのである(川崎・菖蒲・名古屋・箕面)。菖蒲は自宅から車で90分強程かかるが川崎よりは行き易い。意を決して菖蒲の109シネマズに行くことにした。

映画館に到着したのは10時50分である。すでに1回目の吹き替え版の上映が始まってしまっていた。最初に観たのは字幕版だったので今度は吹き替え版を観たいと思っていたのだがしかたがない。席を選んでいると、AVATAR 3Dの場合の一般料金は普段より400円高いのだが、エグゼクティブシートはいつもと同じ料金で、その差は300円しかないことが判明。リクライニングのゆったりシートで観るのも悪くないと思い2500円を払いエグゼクティブシートのチケットを購入。上映開始は14時との事。近くのスーパー銭湯でも行って時間を潰そうと車に戻りカーナビで検索する。久喜に「なごみ」という温泉施設があることが判明しそこに向かう。

なごみの料金は700円で、土日特別料金の設定も無くまぁ納得できるものであった。ここで特記すべきは砂蒸し風呂があること。800円の別料金がかかるが、一度体験してみる価値はあるかも知れない。今回は時間の関係で断念せざるを得なかった。なごみの温泉は薄茶色に濁ったナトリウム-塩化物泉。守屋にある「きぬの湯」に近い感じだった(きぬの湯のような独特のにおいは無い)。最初はあまり感じなかったが、石鹸で体を洗った後に入るとかなりヌルヌルする感じが判るようになった(温泉は体を洗った後に堪能すべし)。内湯には大小2つの温泉が入った湯船の他ジャグジーや塩釜サウナなどがあり、外には露天風呂やそこからつながった洞窟風呂、香り風呂、五右衛門風呂など多様な湯船を楽しめる。温泉でこれだけ色々楽しめて700円はかなりお得な感じがする。ここのレストランで昼食を済ませ、映画館に戻る。

入り口で3Dグラスを受け取り指定のシアターに入る。このメガネはXpanD方式のメガネに比べて格段に軽い。XpanDのメガネはスクリーン上に取り付けられた赤外線を受信する仕組みが内蔵されているため、どうしても重くなる。普段メガネの人には甚だ不評な代物だ。IMAXのメガネはそれに比べれば付け心地は全く快適だった。見たところ普通の偏向メガネのようであったが、投影された画を目から離したメガネで見ると青とか黄色の色が付いて見える。
肝心の3Dの性能だが、やはり近所の映画館で観たのとは雲泥の差であった。最初の頃は酔いそうな感じさえした。出だしでは主人公が別の惑星「パンドラ」に行く宇宙船内で冬眠から目覚めるシーンが出てくる。無重力の状況下でカメラの視野が回転したりすると、自分の方が回転している錯覚に陥った。自分の方に飛び出してくる「3Dの醍醐味」はIMAX 3Dの方が完全に勝っているようだ。また3Dの方もさることながら、音響システムの方もかなりの迫力である。残念ながらこれらの強烈な刺激も、時間が経つと感覚が麻痺してしまうのであるが。

さて、ストーリーの詳しい話は割愛するが、最近の宮崎アニメのように話の中で謎解きをせず、観た人に「?」という消化不良的な感じを残させるものと違い、簡単明瞭でわかりやすい。最後はジェダイの復讐的なシチュエーションになっていくのだが、単純に力と力のぶつかり合いで、作戦や戦術とかで感心させられるような場面が無いのが少々残念であった。しかし、映像の出来は3Dを別にしてもかなりのレベルだと思う。ここまで別世界だとCGも違和感無く受け入れられると言うものだ。

ま、結論は、AVATARはIMAX 3Dで、と言うことだろう。

スポンサーサイト
line

売国政治

近頃は民主党のアホさ加減にいい加減呆れて「蟷螂の斧」を書く気も失せていたのだが、最近小泉俊明とかいうしょーもない奴が「小泉・竹中構造改革は売国政治」などと喚いているらしい。小泉俊明何処のもんじゃ?と思って調べたら地元茨城の議員ではありませんか。私の選挙区でなかったのがせめてもの救いだ。取手の連中、なんでこんなのに投票した?
亀井も調子に乗って「小泉・竹中路線の逆をやれば世の中は良くなる」などとほざいていた。あなたはもうすでに散々逆回しをさせて来ていますが、世の中全く良くなっていません。例えばこんな記事「国内半導体メーカーは業績改善の遅れ鮮明、海外勢と格差拡大も」に代表されるようにかなりやばい状況です。小泉俊明のホームページには小泉・竹中の経済政策をあれこれ批判しているようであるが、今回の金融危機による景気低迷に対するあなた達の対処法は完全に落第点ですから! 小泉政権の時の「郵政民営化すると日本は良くなる」というのに国民が騙されたと言うなら、「政権交代すれば日本は良くなる」というのにまた騙されましたね。日本国民は。

2.14追記
松本徹三氏の「規制改革はもう要らないのか?」を読むと事態の深刻さが判る気がする。要約すると、タクシーの運転手が、規制緩和を実施した小泉政権をクソミソにこき下ろし、台数制限を復活させる民主党に賛辞を送っているという内容だ。ここで述べたようにタクシーの台数増加は小泉政権時代の規制緩和でないことは確かなのだ。私も秋葉原の雑貨屋でも小泉・竹中をクソミソになじる店内放送がかかっているのを聞いたことがある。ちょっと調べればすぐに嘘だとわかる流言・デマを簡単に信じ込む日本人。間違った処方箋で間違った政策が立てられ、国際競争力も失われ、どんどん貧しくなる日本。規制復活で路頭に迷うタクシー運転手が可哀想です。
line

地球温暖化の原因

最近は地球温暖化の原因としてCO2温室効果説に対する懐疑論が結構出てきている。
しかし、地球が温暖化していることはまぎれも無い事実であり、否定することはできない。下の図はNASAのゴダード宇宙科学研究所が公表している気温の偏差の推移である(http://data.giss.nasa.gov/gistemp/graphs/)。上の図は年間平均、下の図は1ヶ月間平均の推移である。
annual
monthly
ここ100年ほどで0.8度程度上昇したことになる。しかしここ数年は足踏み傾向にあるように見える。

この頁では地球温暖化の原因として「化石燃料の燃焼エネルギーそのもの」という仮説を大胆にも提唱してみたりする(爆)。

地表には平均して1m2あたり約1kWsというエネルギーを持つ光が降り注いでいる。それにより地面や大気が温められるのだが、温まった地面や大気は再び宇宙空間にそのエネルギーを放出して冷えていく。そのバランスが地表の平均気温14度というところで取られている。CO2原因説では、この宇宙に逃げていくエネルギーがCO2により遮られるため、より高い温度で平衡することになるという主張である。

大気を温めるには当然エネルギーが必要である。CO2説においては、それだけのエネルギーが宇宙空間に逃げずに残るかと言うことになる。ある物体の温度を1度(K)上昇させるために必要なエネルギーを熱容量という。大気の質量に大気の比熱を掛ければ大気の熱容量が得られる。地表1cm2にかかる大気の圧力は1.035kgである。これはすなわちその上に乗っている大気の重さであるから、地球の表面積を掛けると大気の全重量が計算できる。すなわち、
1.035(kg/cm2) × 5.15×1018(cm2) = 5.33×1018(kg)
空気の定圧比熱1.006kJ/kg・Kを大気の質量に掛けると、
5.33×1018(kg) × 1006(J/kg・K) = 5.36×1021(J/K)
つまり、大気の温度を1度上昇させるためには5.36×1021(J)のエネルギーが必要となる。参考までに海水の温度を1度上昇させるためには熱容量が1000倍ほど大きいため、この1000倍程のエネルギーが必要である。

1年間に人類が消費するエネルギーは、同じエネルギーを得るのに必要な石油の重さに換算して100億トンなどと言われる。1kgの石油が燃焼すると41.9MJのエネルギーが生じるそうである。つまり、全世界で消費したエネルギーは4.19×1020Jということである。仮に熱が外に逃げていかなければ、0.08度程大気温度を上昇させるエネルギーに匹敵する。ここでは「化石燃料の燃焼」だけを考えてみることにする。

総務省統計局の「世界の統計2009」によると、2005年における原油、石炭、天然ガスの消費量はそれぞれ37億トン、45億トン、1.12×1020Jという事である。天然ガスはエネルギーで表されているのでそのまま使用し、その他は資源エネルギー庁の「エネルギー源別標準発熱量表」によりエネルギーに換算する。この表によると、原油1Lが燃焼すると38.2MJのエネルギーが得られるらしい。原油の比重はおよそ0.9として1kgあたりに換算すると42.4MJ/kgとなる。石炭はその種類によりばらつきがあるが、「ぱっと見」の平均値で27MJ/kgを採用する。エネルギーに換算すると、原油、石炭、天然ガスはそれぞれ 1.57×1020, 1.22×1020, 1.12×1020 (J)ということになる。原油のうち約8割が燃料用に精製され、2割がプラスチックなどの化学材料として使われるそうである。そこで原油のエネルギーを0.8倍して各エネルギーを合計すると、3.59×1020 (J)になる。大気の熱容量5.36×1021(J/K)と比較して、その指数部は1しか違わない。この指数部のことをしばしば「オーダー」と呼ぶ。温度が1度上がるかどうかと言う議論をする時、この2つの数字のオーダーが1しか違わないことを自然科学に携わる者は「通常において無視できないオーダー(の違い)」と呼ぶ。通常において無視できないとは、判りやすくいえば目で見てその違いがすぐに判るかどうかである(目に見えないものもグラフ化するなどで可視化する)。例えば、身長などは「メートルオーダー」であるが、オーダーが(小さいほうへ)1違うと10cmの単位となる。3違えばmmである。170cmと160cmの身長の人が並んで立てばその違いは一目で判るが、170cmと170cm+1mmの人が並んで立っても普通の人には違いが判らないだろう。そんなことから、オーダーが3以上違えば「通常において無視できるオーダー」ということになる。そう言う訳でこの3.59×1020 (J)というエネルギーは気温の上昇を論じるには無視できない影響を与えているといって良いのではないか。また、大気の熱容量は、大気全体の温度を等しく上げるためのエネルギーである。エネルギーが消費される地域は地球上で限られていること、また、気温を測定する気象台などはそれらの地域に多く存在することなどから、より(計算上の)平均気温を上昇させるセンスに作用するだろう。また、もしかすると2008年の平均気温の低下は、金融危機による景気低迷で、化石燃料の消費量が減ったためというのは考えすぎだろうか(笑)。

(余談)
化石燃料の燃焼では、火力発電などで電気エネルギーに変換される場合があるが、最終的にはすべて熱エネルギーに変わるものと考える。自動車などはガソリンを燃やして運動エネルギーを得ているが、そのエネルギー効率は20%でしかなく、大部分は熱として空気中に放出される。走り出した車はいつかは止まらなければならないので、ブレーキを掛けることで運動エネルギーが熱エネルギーに変換され空気中に放出される。熱エネルギーにならないものとして、例えば物を高いところへ運搬する(=位置エネルギー)、新たな物質の生成(=化学エネルギー)などがあろう。

2.15追記
上の計算には原子力発電の際の放出熱は考慮していなかったので試しに計算してみた。前と同様に、発電された電気も最終的には熱に変わるとして、核分裂で生成される熱エネルギーがすべて大気中に放出されると仮定する。
日本原子力産業協会の資料によれば、2007年の世界の原子力発電所の出力は39,224(万kW)だそうである。原子力発電の熱効率はおよそ30%であるので、1年間の核分裂によるエネルギーは全発電所がフル稼働していると仮定して4.12×1019 (J)となった。これは458kgのウランがこの世から消滅したことを意味する。化石燃料の放出エネルギーと比べると1桁小さく、今のところ気にする必要は無さそうだが、「地球温暖化の救世主」と持て囃されて今の10倍も建設されるようになればまた話が変わってくる。先の化石燃料の燃焼エネルギーに今回の値を加えると4.00×1020 (J)となる。最初に計算した100億石油換算トンのエネルギーとかなり近いものになった。
line

ジュースバッグの実力

以前、太陽電池製品収集の趣味の話で、ジュースバッグを紹介しました

ジュースバッグとは下の写真の様なカバンで、色々なタイプのものがありますが、これはメッセンジャーというタイプのカバンです。
ジュースバッグ
残念ながら現在はどこも品切れ状態で、私が見た限り購入できるショップはありませんでした。

この太陽電池の部分は取り外しが可能です。下の写真はそれを取り出したところ。
JB1
この太陽電池は6.3Wの発電能力があります。

12Vシガーソケットが付いていて、そこに車用の充電器などを刺して使います。
JB3
この紫色のUSB電源アダプタは秋葉原で購入したもので1Aの電源供給能力があります。普通のUSBアダプタは大体0.5A位でリミッターが作動するのですが、なぜ1AのUSB電源が必要かというとそれはSONYのウォークマンの充電をするためです。私のウォークマンは8GBのタイプですが、充電電流は0.8A程必要なようで、普通に売られている12V用USB電源アダプタではリミッターが作動してしまい電源供給がカットされてしまいます。ジュースバッグに付属していたアダプタもダメでした。色々あちこち探し回った挙句、秋葉原でなんとか入手できました。ただ、オシロで波形を見てみるとかなりリップルが大きいようで、あまり質の良い電源ではなさそうです。


さて、このUSB電源アダプタをジュースバッグ(の太陽電池)で駆動してウォークマンの充電ができるでしょうか。


JB4
おお!充電中の表示が。6.3Wの発電能力はホンモノのようですね。この後「充電完了」の表示が出るまでちゃんと供給され続けました。これでサワイ島のような無人島に行っても、音楽を聴きながら過ごすことができます(笑)

ところで、電池切れは都合良く太陽の出ている昼間だけに起こるわけではありません。そこで昼間発電した電気を何かに貯めておき、必要な時にそこから給電できればベストです。

↓これも秋葉原でgetしたUSB電源対応リチウムイオンバッテリーです。USBで充電し、USBで電源供給します。
リザーブパワー
PROTEKのリザーブパワーというモノです。1800mAhの容量で携帯電話なら約2回分の容量がありますが、残念ながら供給電流が最大600mAなのでウォークマンの充電には使えません。惜しいですね… というか、そもそもウォークマンが電気食いすぎの様な。普通のUSB電源で充電可能ならなんの苦労も無かったのですがね…

2011.9.8 追記
今はAU-USBPS1 WH 5000mAというリチウムイオンバッテリーを使っています。
4560393641779.jpg
これは1000mAと500mAの二つのUSB電源が取り出せるので、ウォークマンの充電も問題なくできています。スイッチを押すと給電と充電が交互に切り替わるようになっています。充電側にしてジュースバッグに繋いでおくと、日が出ている時に勝手に充電してくれるので助かります。もっとも、容量が容量ですので、空になったバッテリーを充電するには2日くらいかかりそうです。
line

東北道の駅 完走証明書

東北道の駅スタンプラリーの朝日コース完走証明書が届きました。

総数50名の2500円分の引換券は外れたようです(はなから期待していませんが)。
完走証明書

抽選で引換券も良いのですが、もっと簡単なステッカーのようなものを応募者全員にくれれば良いのに、などと思ったりします。

最初に三陸や岩手の北の方を重点的にまわったお陰で、後半はかなり楽でした。今年は夕日コースを制覇したいですね。

line
line

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line