FC2ブログ

バターの輸入

輸入品のバターを食べたことがあるだろうか? 私は以前、フランスのノルマンディー地方で生産されるイズニーバターと言うのを食したことがある。非常に口溶けがまろやかでクリーミーな感じだった(なんか月並みな表現しか思い付かないが…)。フランスのバターは、ワイン等と同じようにAOCで格付けがなされていて、AOC製品には厳しい製造基準が求められている。しかし、日本では高価でもあり非常に入手しにくい。それはなぜか。日本政府が懲罰的とも言える関税障壁を設けて輸入を阻止しているためである。

ガット-ウルグアイラウンドで、バターや脱脂粉乳などの乳製品は、毎年最低限輸入する量が決められた。生乳換算で137,000トンを輸入することが決められている。この中からバターの輸入にどのくらい割かれるかは農水大臣が決めることになっている。これをカレントアクセス(CA)と呼ぶ。このCAの関税は一律35%という事になっている。私が食したイズニーバターはこうして輸入された物かと思いきや実はそうではない。CAによって輸入したバターはその用途が厳しく制限されており、

・国際的な規模で開催される見本市(博覧会、共進会その他これに類するものを含む。)
 における販売
・沖縄県の区域内における還元乳の製造、沖縄県の区域内の乳児その他の農林水産大臣が
 指定する者の飲用に供するための調製粉乳の製造
・本邦と外国との間を往来する航空機用

という用途に消費すること以外は認められていない。普通に市場に出回ることはないのである。それではCA以外に輸入するにはどうするかと言うと、「独立行政法人農畜産業振興機構」というところに輸入者登録を行い、「指定乳製品等の売渡・買戻申込書」(こんなもの)なるものを提出しなければならない。しかも担保まで取られる。そして、現在は暫定税率である29.8%+179円/kg(または+210円/kg:脂肪分の%による)の関税を払って輸入したバターはすべてこの「機構」に売り渡さなければならない決まりになっている。その上806円/kg(または949円/kg:脂肪分による)の「マークアップ徴収」という法外な金額を上乗せされた料金で再度買い取らされるのである。以前、小麦の輸入で書いたのと同じ手口である。つまりは29.8%+985円/kg(または1,159円/kg)というのが最終的な「関税」となる。この29.8%+985円(1159円)/kgというのはWTO協定で定められた実効関税率にほかならない。平成20年は14,280tのバターを買い取ったことになっている。つまりこの「機構」にはざっと115億円の金が搾取されたことになる。この搾取されたお金は、小麦などと同様に酪農家の補助に回る仕組みになっているが、半分くらいはこの「機構」の人件費に当てられるそうである。

価格が高いためそうそうイズニーバターは買えないのだが、ある時期全く入手不能になったことがあった。おりしも国内でバターが不足していた頃のことなので品薄で入手できないのかと思いきや、品薄解消のためにバターの緊急輸入をしたために、規定の輸入枠を超えてしまい、セーフガードが発動されたためだった。セーフガードが発動されると、更に9.9%+328.33円(386.33円)/kgという関税が上乗せされ、合計すると39.7%+1,313.33(1,545.33)円/kgという死にたくなるような関税となる。全くアホかと言いたくなる。民主党は、農家に対する直接補償に切り替えるとマニフェストで謳っている。直接補償と言うのは関税の撤廃や縮小、輸入枠の撤廃などとセットで実施しなくては意味が無い。民主党は本当にそこまで踏み込んだことが出来るだろうか? もちろん、この「機構」は廃止ですな。
スポンサーサイト



line

さおだけ商法

竿竹屋が「2本で1000円」などとふれ回りながら、実際に買おうとすると1000円の竿などは長さが短かったり、耐加重に問題があったりして用を成さず、結局1万円近い竿を買わされたりする。

民主党も竿竹屋と同じ事をやるようだ。

「高速道路は無料にします」と言っておきながら、「無料なのはここだけです」「通行料金は上限2000円にしますが、休日・深夜割引等は廃止です」「首都高は距離に応じた料金体系にします(値上げします)」「浮いたお金で道路作ります(結局人より道路かよ)」・・・

新料金体系の問題点については猪瀬直樹氏が的確に指摘している
現行の平日昼間に普通車2000円、大型車5000円でどのくらいの距離を走ることが出来るかといえば、普通車で約70km、大型車で約120kmとの事である。しかし、高速道路利用者の平均利用距離を見てみると、普通車は41km、大型でも78kmだそうである。つまり、大多数の利用者にとっては、従来の平日料金と変わらず、しかも各種ETC割引料金の廃止により、実質値上げになる。例えば、東名で東京インターから御殿場までETC付き普通車で行くとしよう。平日の割引無し料金は2500円である。休日の日中であれば休日特別割引があり、普通車は1450円で行くことができる。最も割引率が低い通勤時間帯割引でも1800円である。しかも、現在では「麻生割引」によって1000円で行ける。それが2000円になる訳で、多くの土日しか休めないサラリーマンにとっては値上げとなる。遠くまで行けば得になると言うが、休みも限られる中そうそう遠くまで出かけられるものではない。しかもガソリン税の廃止もうやむやにされてしまった。これは立派な詐欺罪ではないのか?

猪瀬氏も指摘していることだが、土日祝日1000円の「麻生割引」は元々景気対策としての時限措置であった。しかし、ETC割引はNEXCO等が独自に設定した利用者サービスである。いくら発行株式の100%保有者が国土交通大臣であっても、政府はNEXCOの経営者ではない。郵政事業も道路公団も小泉政権時代に民営化されたが、どうやら民主党は小泉改革の逆をやりたくてしょうがないらしい。「NEXCOは廃止」などと言っているようだが、どうせ廃止して国営の別組織を作りたいだけ(元に戻したいだけ)であろう。

詐欺の場合も「騙された人が悪い」と言われたりするが…
line

新栃木変電所

前回に引き続き鉄塔ネタです。
新栃木変電所は、宇都宮の北、東北新幹線の線路のすぐ隣にあります。
この変電所へは、500kVが3路線と275kVが1路線、154kVが5路線出入りしています。
変電所の北東側から反時計回りに周ってみます。

まず、前回新茂木変電所に繋がっていた新茂木線の403号鉄塔です。
新栃木1
1回線が脇の403乙-1鉄塔に引き渡され、1回線は更に奥の402,401,400号鉄塔を経由します。

新茂木線402号鉄塔は下部に275kVの沼原線を併架します。
新栃木2

沼原線は沼原水力発電所からの電力を運ぶJPowerの送電線です。夜間は原子力発電所の余った電力を利用して昼間に使う水を汲み上げます。この鉄塔はなんとなく凛々しい感じがして好きですね。
新栃木3

沼原線の引き込み部分にはブロッキングコイルが取り付けられています。
新栃木4

新茂木線401号と400号鉄塔です。新茂木線の開始番号は400番から始まるのですね。これは元々一つの路線だったものを分割した名残のようですが、なぜ新茂木線だけ旧番号を引き継いでいるのでしょう?
新栃木5

次に、沼原線と平行してやって来る中栃木線500kVです。中栃木線は6導体が採用されています。中栃木線は今市開閉所に至ります。写真は27号鉄塔から若番側になります。
新栃木6
今市開閉所では、中栃木線、新いわき線、JPowerの下郷線、塩原線などが相互に接続されています。まさに「水力の電気と原子力の電気が出会う場所」ですね(笑)上にも書いたように、原子力発電の余剰電力を消費するのは揚水発電所の大きな役割の一つですので、こういう相互接続が必要なのでしょう。

中栃木線の隣には同じく500kV,6導体の新栃木線が接続しています。新栃木線は下部に154kVの西宇都宮線を併架します。新栃木線は群馬県の新新田変電所に至ります。写真は西宇都宮線4号鉄塔と新栃木線273号鉄塔です。
新栃木7


新栃木変電所と新幹線の高架の間には、JRの新宇都宮変電所があります。この変電所は新栃木変電所から給電されていて、その間はたった4本の鉄塔しかないJR新宇都宮線で結ばれています。JR新宇都宮線の2~3号鉄塔は西宇都宮線と共通で、1号鉄塔と4号鉄塔は独立した鉄塔です。


新栃木8

新栃木11
4号鉄塔JR新宇都宮線1号鉄塔(左)
西宇都宮線2号鉄塔(右)
鉄塔小野川線でも書いたように、鉄道の交流区間には3相交流を単相3線式に変換して送り出します。下の写真はそれを東北新幹線の線路上に引き上げる部分で、プレートには「東京下り」「盛岡下り」がオレンジ色で、「東京上り」「盛岡上り」が白でペイントされていました。
新栃木9


西宇都宮線の東側から154kVの白沢線が出て行きます。白沢線は割と近くの河内変電所という所に繋がっているようです。
新栃木10

その更に東側からは共に154kVの栃山線と栃那線が出て行きます。栃山線は小山変電所へ、栃那線は那須野変電所へそれぞれ至ります。栃那線も栃山線も共に猪苗代旧幹線の流れをくむ鉄塔です。
新栃木12
写真はごちゃごちゃして判りにくいですが、フェンス側を走っているのが先ほどの白沢線、奥側の4回線の上2回線が栃山線、下2回線が栃那線になります。


新栃木変電所とは関係ないですが、行く途中に出会ったJR宝積寺-蒲須坂線です。癒し系ですね。
宝積寺-蒲須坂線
line

新茂木変電所

久々に鉄塔ネタです。
お恥ずかしいことに、私はかなり最近まで茂木は茨城県だと思っていました。最近、道の駅を良く利用するようになって、茨城県の道の駅リストに乗っていないので気が付きました。

新茂木変電所は茂木町の街外れ、真岡鉄道の天矢場駅の近くにあります。
新茂木変電所には、500kVでは福島幹線と新茂木線が繋がっています。福島東幹線もすぐ傍を通過していますが、引き込まれてはいません。それと那珂変電所から275kVの那珂線が来ています。

新茂木1
これ↑は福島幹線295-2鉄塔です。福島幹線は一旦ここで変電所内に収容された後、296号鉄塔(写真下)からまた始まります。奥に続くのは296-1号鉄塔で、枝番鉄塔は296-3まで続きます。
新茂木2
鉄塔の札には福島幹線としか書いてありませんが、引留部分の295-2側には「福島中幹線」、296号側には「福島里幹線」と書いてあります。新福島変電所では「福島山幹線」だったと思います。想像するに、新福島~新いわき開閉所が山線、新いわき開閉所~新茂木変電所が中線、新茂木変電所~新古河変電所が里線と言う事でしょうか。
新茂木3

福島東幹線は、新茂木変電所の方に大きく迂回はしていますが、どこにも引き込まれずスルーしています。下の写真の赤白鉄塔が福島東幹線になります。
新茂木4

こちら↓は、500kV新茂木線の466号鉄塔。新茂木線は新栃木変電所に至ります。新栃木変電所は水力発電系の電力が送られて来るところ。新茂木変電所はどちらかというと原子力系ですので、新茂木線は新いわき線と共にそれらを相互に繋いでいます。
新茂木6


こちら↓は275kVの那珂線72号鉄塔です。那珂線は那珂変電所から途中まで275kVの阿武隈線と同じ鉄塔で、275kVの4回線鉄塔はなかなか見ごたえがあります。
新茂木5

↓阿武隈線(下2回線)を併架する那珂線。
新茂木7
line

たちあがれ日本(爆)

何かの冗談でしょうか(笑)
与謝野馨氏については当ブログでも度々糾弾しているように、彼は成長無き財政規律派の最先鋒である。要は財務省のロボッ○と言うわけだ。どんな勝算があって新党を立ち上げるのか知らないが、党名とは正反対の政策をやるに決まっているよ。はなから眼中には無いわけだけど、ただでさえ貴重な反民主党票がそんな所に流れるのは遣る瀬無いな。

line

で、結局定額給付金は効果があったのか?

ふと思い出して、経済産業省の商業別売上高の推移を調べてみた。

商業別売上高

定額給付金が実際に支給されたのは、3月から5月頃だったと思う。パッと見では確かな効果は認められない。電気・機械器具が若干右肩上がりに見えなくも無いが、夏以降横ばいとも見える。衣服などは最も効果が表れやすいような気がしていたが、この結果を見ると全く効果無しと言って良いだろう。食料品関連で12月にかなり売り上げが延びているのは、年末年始がらみのことだろうか?あるいは年末賞与の影響だろうか?
結局2009年の年間を通して全商業の合計を前年と比べると前年比79.5%(▲20.5%)ということで、当ブログで予想したとおりの結果になった訳だ。
line

「森の学校」キョロロ

新潟県十日町市の越後松之山にある「森の学校」キョロロという施設で、「川の虫展」という企画展示が始まりました。
その中で、夜行虫が岩手県で撮影した「カゲロウ大発生」で紹介した写真が展示されています(いるそうです…)。
お近くの方、またお近くにお出かけの方は是非行ってみて下さい。当方も連休に日本海方面に進出予定なので、その途中で寄ろうと思います。

line
line

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line