FC2ブログ

八郷の蛍

八郷温泉ゆりの郷に行く途中で蛍を見てきました。

場所は緑の矢印のところです。

大きな地図で見る

乱舞という程ではありませんでしたが、常時10匹くらいが光っている程度でした。
DSC_4925.jpg
こんな道端ですが、脇に小さな川が流れていて、この周辺では一番蛍が集まっているようでした。

DSC_4913.jpg

DSC_4917.jpg

DSC_4924.jpg

私は茨城県に来てそろそろ10年になりますが、茨城県は結構気に入っています。住んでいる所は都会でもなければ田舎でもない。でも車でほんの少し出かければ、こういう自然もたくさん残っている。田んぼで鳴いているカエルの声を聞いていると、なんだか心が安らぎます。

蛍の種類を調べようと、一匹拉致してきました。
DSC_4933.jpg
予想通りゲンジボタルでした。飛んでいるのを捕まえたので、多分オスだと思います。この写真を撮った後、近くの田んぼに放してやりました。
スポンサーサイト



line

500th Anniversary Diving

私の500本目のダイビングが目前になりました。
知らない人のために説明しますと、ダイビングは1回潜ると1本と数えます。まぁその500回目のダイビングと言うわけです。
「キリ番ダイブ」と言って、100本とか200本の切りの良い本数の時は色々とお祝いをしてもらえるんですけど、400本の記念ダイビングは2003年のことで、もう8年も前になっていました。先日その時にみんなで寄せ書きを入れてくれた帽子が出てきまして、懐かしさに浸っていたところです。記念ダイビングですから、なるべくならきれいな海で潜りたいところですが、100本の時は沖縄、200本はモルジブ、300本は伊豆海洋公園、400本は伊豆八幡野…。最近は安く済ませてますなぁ(笑)
それにしても400本からが長かった。やっぱり横浜を離れたのが一番大きかったと思います。伊豆には結構通っていましたからね。どうも茨城県はダイビング人口が極端に少なくて、職場の中でもダイビングをする人はとても少なかったです。それもダイビングに行く回数が減ってしまった理由かもしれません。さて、記念ダイビングは何処でするか色々と思案中であります・・・

下の動画は、100本目の日(とその前日)に撮影した水中映像です。私は水中写真をやる前は、水中ビデオを撮っていました。それがだいたい100本目の頃までだったと思います。その後、カメラハウジングを購入するため、機材一式は友人に売ってしまいましたが・・・。最近、その頃の映像をデジタル化しているのですが、当時は気が付きませんでしたが、ワイドコンバージョンレンズを広角側にすると、四隅がケラレていたようです。色々これをカットできるソフトを探していますが、まだ成功に至っておりません。撮影場所は沖縄慶良間諸島の渡嘉敷島と、沖縄本島と慶良間諸島の中間にあるチービシという場所です。



line

とっぷさんてに行ってみた

地震の後しばらく休業していたとっぷさんてに、地震後初めて行ってみました。

つくばから行く時はいつも北浦の鹿行大橋を通っていましたが、地震で橋げたが落下してしまい、通行止めが続いています。どうやら、もう復旧はしないようです。その代り、隣に作っている新しい橋の完成を前倒しさせるそうです。鉾田経由で鹿行大橋の近くを通ると、やはり橋は落ちたままでした。そこから海に出る間の道が地震の影響でずいぶん凸凹でした。

とっぷさんての施設に地震の影響はすでに全く見られませんでした。お湯の黒さも昔と同じ。日本一黒いのはここか、横浜・田谷の湯快爽快ではないかと思っていますが、地震の影響で色が薄くなっていなくてホッとしています。

今回は初めてレストランを利用してみました。ラストオーダーが20時になったので、以前より利用しやすくなりました。レストランは受け付けや温泉のある棟とはガラス張りの廊下で結ばれた離れのようなところにあります。休憩室の隣から半円状に突き出した店内で、テーブルは10席ほど。意外とこじんまりとした施設でしたが、その割にはメニューの品数は多めです。こういう所のレストランは当たり外れが大きいものですが、味の方も悪くなかったです。多分に好みの問題があるとは思いますが、ほっとパーク鉾田のレストランよりもおいしいように思います。

鉾田経由だとすごく遠回りなので、早く新しい鹿行大橋が完成してくれるとうれしいです。
line

男は黙って太陽光

このタイトルはどこかのブログかツイッターに流れた「ソーラーなんて女子供のエネルギー。男は黙って原子力」をもじったものである。

例によって、何も考えずに1千万戸に太陽光パネルをなどと言い出した首相がいるらしい。当ブログは太陽光発電にはおおむね好意的な意見を持っているが、それでもさすがにそれはダメだろうという気はする。

太陽光パネルが普及するには

・太陽光パネルの価格の低下
・施工価格の低下

がなにより必要である。もちろんFITによる買い取り価格設定も必要なのは言うまでもないが、全体的なコストが下がれば上乗せ金額も少なくて済むようになる。今後は設置価格によって買い取り単価は下げていくべきだろう。

ところが、ここ数年あまり設置価格は下がっていない。設置費用の凡そ半分は工事費である。太陽光パネルの変換効率が向上して、設置枚数が劇的に下がればそれに応じて工事費も若干下がることはあるだろうが、現状の屋根の上に太陽光パネルを敷き詰めるやり方では、あまり工事費の圧縮は期待できそうもない。それよりも、新築時に太陽光パネルを設置しやすくする方法を考えるべきだと思う。まず、屋根の材料そのものを太陽光パネルにしてしまうのである。現在でも薄膜シリコンタイプの屋根材一体型の太陽光パネルは存在するが、一層の低価格化が望まれる。更に、後から太陽光パネルに換装する場合に工事がしやすくなるよう、太陽光パネルの規格を統一するのである。1社だけの太陽光パネルでなく、すべての会社の太陽光パネルがプレハブ工法のようにはめ込み式(とまではいかないかも知れないが)のような形で設置できれば、工事の費用も下げられよう。

太陽光パネルの価格は下がっていく事は確かだろう。しかし、それを阻んでいるのが実は「補助金」なのかもしれない。補助金が支給されるので、価格の高いパネルや工事費でも導入してもらえる。下手に価格を下げて補助金が打ち切りになるより、ギリギリのところで抑えておいた方が得だと判断するかもしれない。同じ補助金を出すのであれば、低価格の太陽光パネルの開発や施工法の開発に向けて出す方が後々のためではないかと思うのだが。

結局のところ、設置のための補助金を出しながら設置数を増やすというのはあまり賢いやり方ではないような気がする。最近は脱原発の主張をする人も多くなっている。日本全国で発電される電力量の1/3は原子力発電によるものである。つまりは、家庭で消費している電力の1/3を自分で発電して「お返し」してあげれば原発で発電された電気を購入しなかったのと同じことになる。一般家庭で設置される太陽光発電のパネルは平均して3kWだそうであるから、単純計算では平均使用量の50%は発電できそうである。脱原発なら「男は黙って太陽光」なのである。

…と偉そうに書いている私の家は借家であるので、太陽光パネルは設置できない(32Wのものは設置しているが)。そういう人のために「グリーン電力」という制度がある。この制度の仕組みはこうである。太陽光や風力などの自然エネルギーで発電された電気は「価値の有るもの」なので、火力や原子力で発電された電気よりも単価が高い。そのうえで、自然エネルギーによる発電をしている発電事業者や個人が発電した電気は「通常の価格」で電力会社に売り渡す。その価格の差額分を自然エネルギーを使いたいと思っている会社や個人から払ってもらって、払った人が「自分で発電した」ことにするのである。東京のテレビ局などが遠く秋田の風力発電所の電気を使っていますというのはこういうことである。
たとえばこんなページにでているグリーン電力は風力発電によるもので1,000kWhで¥12,600だそうである。太陽光だと¥15,750でお高め(額なんて要らないよ!)。バイオマスが一番安くて¥8,925。1,000kWhだと一般家庭では3~5ヶ月分だろうか。

line

大連立? ふざけんなよ…

有権者の意思を無視する大連立。こういうことは許されるのだろうか?
そもそも「大」だろうが「小」だろうが、連立という行為はあってはならないと思うのだ。
投票した有権者の意思をなんだと思っているのだろう?
民主党は東日本大震災の対応のためだというが、そもそも対応能力が無いのならさっさと解散・総選挙でもやるべきではないのか?放射能汚染の終息など何年も先の話である。津波被災地の復興も何年もかかる。いずれ選挙はやらなければならない時は来る。選挙の案内はがきが無くても投票はできるだろう。
自民党も大臣ポストに目が眩んだのかも知れないが、結局は民主党に良いとこ取りされるだけなのがわからないのだろうか。

line

Windows Live ムービーメーカーで遊ぶ

Windows Live ムービーメーカーで遊んで見たくなったので、昨年道の駅を制覇しに行った時の写真が大量にあったので、そのまとめを兼ねてスライドショーを作ってみました。

私の場合、写真は大抵撮りっぱなし。HDDにそのままコピーして終わりという事がほとんどです。何年もするとどこで撮影したのかも解らなくなってしまうことになります。まだ記憶が残っているうちに、昨年の東北旅行の時の写真をまとめてみようと思い立ちました。

3・11の地震で私のPCが壊れまして、新品に交換しました。そのPCにはWindows Live ムービーメーカーが予め入っていました。

スライドショーの場合は、写真をどんどん突っ込んでいくだけ。ほとんど何もしないに等しいです。折角なのでBGMも自分で作ってみようと思いました。オリジナル曲で入れられれば一番良いのですが、そんなものは何時になったら完成するかわかりませんので、既存の曲をカバーします。東北と言えば「姫神」。その前身の「姫神せんせいしょん」の曲で「リ・ア・ス」を打ち込んでみました。姫神の星吉昭さんはあちらの世界へ旅立たれて7年近くたちますが、残ったメンバーが「せんせいしょん」という名前で再起動しました。その桃源郷というアルバムはなかなか良いです。メンバーの大久保正人さんは、今回の地震で家が流されてしまったそうです。お見舞い申し上げます。なおDAWはシンガーソングライターを使っています。

2011.6.20: BGMを再作成しました。前に使っていたCS-15はやめて、MIDIキーボードで弾いています。音源はフリーのthyns1を使っていますが、どことなく「姫神」に入っている貝独楽(べいごま)に似たような雰囲気になりました。最初に比べると星さんの真似が少しうまくなったかな?でもまだまだですね。


FC2は回線が遅いので、いったん全部取り込まないと再生が途中で止まるかも知れません。
まだDAWに慣れていないので荒削りですいません
line
line

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line