FC2ブログ

壁スイッチの交換

やっと第二種電気工事士の免状が届きました。

ということで、初めての電気工事をしてみます。

部屋の壁に照明のスイッチがあるのですが、夜に電気を消しているとスイッチの位置が良くわからなくて手探りをすることが良くあります。そこで、このスイッチを位置表示灯内蔵のスイッチに交換しようという訳です。

時々これは「軽微な工事」にあたるので、電気工事士でなくても取り換えても良いという事を言っている人もいます。「軽微な工事」とは

一  電圧六百ボルト以下で使用する差込み接続器、ねじ込み接続器、ソケット、
  ローゼットその他の  接続器又は電圧六百ボルト以下で使用するナイフ
  スイッチ、カットアウトスイッチ、スナップスイッチ  その他の開閉器に
  コード又はキャブタイヤケーブルを接続する工事
二  電圧六百ボルト以下で使用する電気機器(配線器具を除く。以下同じ。)
  又は電圧六百ボルト以下で使用する蓄電池の端子に電線(コード、キャブ
  タイヤケーブル及びケーブルを含む。以下同じ。)をねじ止めする工事
三  電圧六百ボルト以下で使用する電力量計若しくは電流制限器又はヒューズ
  を取り付け、又は取り外す工事
四  電鈴、インターホーン、火災感知器、豆電球その他これらに類する施設に
  使用する小型変圧器(二次電圧が三十六ボルト以下のものに限る。)の二
  次側の配線工事
五  電線を支持する柱、腕木その他これらに類する工作物を設置し、又は変更
  する工事
六  地中電線用の暗渠又は管を設置し、又は変更する工事

該当しそうなのは上記1ではないかと思いますが、開閉器に接続するのは「コード又はキャブタイヤケーブル」に限られます。壁スイッチに繋ぐのは「ケーブル」ですからこれには該当しません。これはコンセントプラグを作るとか、壁とかについている開閉器(取っ手が付いていてガッチャンと切り替えるようなやつ)に電気コードを取り付ける作業を指していますので、今やろうとしている内容とは異なります。更に「電気工事士法施行規則」第二条には資格を持っていないとやってはいけない作業として

ホ 配線器具を造営材その他の物件に取り付け、若しくはこれを取り外し、
  又はこれに電線を接続する作業(露出型点滅器又は露出型コンセントを
  取り換える作業を除く。)

と言う記述があります。やろうとしていることは造営材への取り付け/取り外しそのものですし、露出型の点滅器ではなく埋め込み型ですから、やはりその交換は電気工事士の資格が必要という事になります。

今回、取り換えようとしているのはダイニングの壁の3路スイッチです。ブレーカーは切ってあります。
CIMG1586.jpg
だいぶ汚れていますね。

まず化粧カバーを取り外します。
CIMG1588.jpg
ドライバーも必要なく、手で簡単に取れました。

続いてカバーを取り付けるためのプレートを取り外します。
CIMG1589.jpg
壁紙が連用取付枠の縁を覆っていますね。
続いて連用取付枠も取り外します。連用取付枠からスイッチを取り外すには、右側からスイッチを押さえている爪(横向きのTの様な部分の根本)をマイナスドライバーで捻って浮かせて取り外します。
CIMG1593.jpg
VVF1.6の3芯ケーブルが来ています。ちゃんと黒線が0番の差込口に刺さっていますね。今回は3路スイッチなので黒線が必ず0番に繋がりますが、普通のスイッチでしたら色は関係ありません。
マイナスドライバをはずし穴に差し込んで繋がっている電線を外します。
CIMG1595.jpg
あれ~?、心線被覆を剥いている長さがずいぶんストリップゲージよりも長いですねぇ。ちゃんとやらないとだめですよ電工さん(と偉そうなことを言ってみる)。これは新しいスイッチのストリップゲージに合わせてカットしておきました。

CIMG1597.jpg
位置表示灯内蔵3路スイッチに差し替えて連用取付枠を装着したところ。外すときとは逆に、マイナスドライバーで捻って押さえつけます。

CIMG1599.jpg
元通りカバーを付けて作業終了。ブレーカーを上げるとちゃんと中の蛍が光りました。


話は変わりますが、今ポータブル赤道義用の電源を制作しています。12Vから6Vと9Vを取り出せるようにするもの。ちょっと容量を大きくしたいので、新しく作ることにしました。

6V.png
NJM2367という5Aのパワトラを内蔵しているDCDCを使います。この回路図は6Vのものですが、9Vの回路もほぼ同じです。制作の過程はそのうち書こうと思います。

スポンサーサイト



line

天地明察

映画「天地明察」を観ました。

一口で言うと日本独自の暦を作る話です。

 主人公は安井算哲(岡田准一)、後の渋川晴海。渋川晴海は貞享暦を作り上げたことで知られています。
当時、暦の制定は朝廷の独占事業でした。この頃の暦は所謂旧暦。太陰太陽暦と言って、1か月の長さは月の満ち欠けを元に決めますが、暦の基準点は太陽の運行を元に決められていました。安井算哲の時代に使われていた暦は中国で作られたもので、長らく使っている間に実際の太陽の運行からは2日もずれていました。例えば「今日は春分の日」と暦には出ていても、実際の春分日は2日も前だったという感じです。日食を予報できない事も度々起こりました。「なら、新しい暦を作って置き換えればよいのでは」と言うのは簡単ですが、技術的問題も去ることながら、「政治的問題」というのが立ちはだかります。
 昔の暦の制定は、洋の東西を問わず権力者の独占事項でした。例えばユリウス暦を制定した古代ローマのユリウス・カエサルは7月を自分の名前のJulius(July)に変えてしまいました。その後のアウグストゥスも改暦を行って8月をAugustus(August)に変えてしまいました。彼はご丁寧にも元々30日の月だった8月を31日に変えてしまいました(その帳尻合わせを元々29日だった2月から更に1日はぎ取った)。古代エジプトではファラオに仕える神官の役目でした。そして日本では朝廷の陰陽寮の仕事でした。
 新しい暦を取り入れようと動いていた安井算哲は徳川光圀らの後ろ盾を得て朝廷に対して改暦を上奏しますが、幕府に権力を奪われるのを恐れた陰陽寮が、安井の暦は元の時代の中国で作られた暦だったことから元寇を思い起こさせ不吉であるという言いがかりをつけて却下します。映画では、安井算哲が新しい暦の優位性を認めさせるために、当時使われていた暦と、当時最も精度が高いと思われていた2つの暦で、どれが一番正確に日食・月食を予報できるかを3年間の6番勝負を庶民の前で実施します。安井算哲イチオシの「授時歴」は5戦目まで全勝。他の2つに比べて優位性は明らかかと思われました。ところが、6番目の勝負において、「日食は起こらない」とされていた授時歴の予報に反して日食が起こってしまいます。

3rekisyobu.png

新しい暦を推していた幕府の面目は丸潰れ。安井算哲は失意のどん底に。実はこの時、授時歴の誤りにすでに気付いていた人物がいました。和算の達人、関孝和です。安井算哲は関孝和にこの勝負の事を叱責されます。「授時歴を切れ」と諭され、安井算哲は新しい暦の開発に着手するのですが…

実際には関孝和も独自に新しい暦を完成させていたと言われています。安井算哲の暦よりも優れていたとも言われます。ただ、将軍お抱えの碁打ちで幕府内の人脈が豊富だった安井算哲と違い、関孝和には自分の暦を世間に認めてもらうための影響力が無かったことが敗因でした。

安井算哲のお蔭で、幕府には天文方という新しい組織が出来て、暦の管轄は幕府の仕事となりますが、その後も争いは続き、次の改暦は再び朝廷側が作成した暦が使われています(その暦は安井算哲の貞享暦に比べて劣っていたらしいです)。

映画ではその他、碁のライバルとして本因坊道策が出て来ます。「初手天元打ち」も映画で登場します。算哲の妻えん役の宮崎あおいはかわいかったです。

どちらかと言えば地味なテーマで、映画としてはやもすると退屈になりがちな話ですが、「暦勝負」などのエンターテインメントを取り入れ、周囲の人物もそれぞれ面白いキャラクターで最後まで飽きずに観ることが出来ました。結構面白かったです。

bnr_160x160.jpg

line

石岡のおまつり

9月15日~17日までの3日間行われていた石岡のおまつりの最終日に行ってきました。

関東三大祭りの一つ、石岡のおまつりは毎年この3連休に開催されます。関東三大祭って言っても他の二つは?と言うのを知っている人も多くは無いのではと思います。私も知りませんでした。他の二つは千葉県佐原の大祭、東京都府中市大国魂神社の府中暗闇祭だそうです。府中暗闇祭の代わりに埼玉県の川越まつりが入ることも。

石岡のおまつりは正式に言うと「常陸國總社宮例大祭」と言うそうです。石岡にはかつて常陸の国の国府が置かれていました。国主にはその治める国の中にある神社をすべてお参りする義務があったらしいのですが、一々各地に散らばった神社を詣でるのが面倒だったので、主な神社を一所に集めてできたのが常陸國總社宮だそうです。天平年間(729~749)に建立されたとの記録がある由緒ある神社だそうです。祭られている神様は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、大国主尊(おおくにぬしのみこと)、素盞鳴尊(すさのおのみこと)、瓊々杵尊(ににぎのみこと)、大宮比売尊(おおみやひめのみこと)、布留大神(ふるのおおかみ)の六柱だそうです。

お祭りの初日に、総社宮の本殿に祭られている神様が神輿で仮の社に引っ越します。石岡のおまつりでは、年番制といって仮の社を設ける町が1年ごとに移って行きます。今年は金丸町という町だそうです。そしてお祭りの中日には奉納相撲や奉納神楽などが催されます。最終日には神様が仮の社を出て再び本殿に神輿で戻ります。私はその最終日に行ったのですが、残念ながら神様が引っ越すところは見逃しました・・・

DSC_9379.jpg
これが神様が祭りの間移って来られる仮の社です。この写真では最終日ですでに神輿は出発した後です。なので、もう此処でお参りしても神様は居ませんよ(笑)

石岡のおまつりでは、おまつりに参加している15の町がそれぞれの山車に独自の装飾をして町を巡回します。

DSC_9237.jpg
上の写真は森木町の菅原道真。石岡囃子に合わせておかめが踊っています。関東各地のお囃子は、この石岡囃子が源流とも言われているそうです。

DSC_9240.jpg
香丸町は聖徳太子。下では「新馬鹿」という曲に合わせてきつねが踊ります。

DSC_9254.jpg
泉町は鍾馗さん。

DSC_9276.jpg
若松町の源義家(八幡太郎)。若松町のお囃子に合わせて掛け声をあげる女性陣が一際注目を集めていました。

[広告 ] VPS


DSC_9291.jpg
国分町は仁徳天皇。

DSC_9302.jpg
幸町の武甕槌命(たけみかづちのみこと)。

DSC_9320.jpg
守横町の静御前。

DSC_9321.jpg
今年の年番、金丸町は弁財天。
DSC_9376.jpg
帰り際に金丸町の番所に飾られていた像を失礼して。

DSC_9229.jpg
大小路町の桃太郎。舞の方はお休みのようですが、後ろにはきつねの面がずらりと掛けてあります。

石岡のおまつりで繰り出される獅子舞は少し変わっています。幌獅子という、獅子頭の後ろから延びる幌が、その後ろ付いてくる台車を覆っていて、台車の中ではお囃子が演奏されています。

[広告 ] VPS


DSC_9330.jpg
常陸国総社宮の大鳥居です。

DSC_9334.jpg
大鳥居から参道が100mほど。

DSC_9336.jpg
そして境内にはすでに総社大神輿が到着していました。屋根には16弁菊花紋(天皇家の菊の紋)が付けられています。16弁菊花紋を付けている神輿は全国で3カ所しかないとの事。神様は本殿に移られた後で、これから還幸祭の神事がとり行われるところです。

DSC_9343.jpg
神様が街中を移動する際の神輿の行列の先頭で「ささら」と呼ばれる屋台の上で踊る三匹の獅子で、左から老獅子、女獅子、若獅子です。軍鶏の羽が使われています。

DSC_9362.jpg
比礼鉾

次回は行列を是非見てみたいと思いました。

DSC_9381.jpg
金丸町の御仮殿の隣にあったお稲荷さんのきつね。
line

鹿角平

鹿角平に写真撮影に行ってきました。

元々先日ロケハンした沼原ダムの横の駐車場に行こうと予定していました。当日の午前中に雲の発生予報を見ると、夜には雷雲が発生しそうな雲行きでした。他に晴れそうな場所は無いかと調べたところ、鹿角平あたりの天気が割と良さそうでした。

普通のレジャーの場合は、雨さえ降らなければ何とかなるものがほとんどなんですが、天体関連ですと快晴が理想的ですが「晴れ」の場合でもせいぜい雲量は4位まで。天気予報で「晴れ」と出ていても更に厳選が必要なわけです。

15時30分頃に家を出て、現地着は18時少し前。空は遠くに入道雲があって稲光がしていますが、頭の上は雲はありません。入道雲の方向はちょうど最初に行こうとしていた那須の方向です。行先変更して正解でした。やはりあの辺りは夏の間(もうとっくに秋なんですが)はダメですね。

胎内の時と違ってダム巡りなどはしていませんので、体力は温存されています。今回の機材もフルセットですので、結構準備に時間がかかります。

一通り組み立てが終わったところで主鏡兼ガイド鏡の冷却CCDを起動して冷却を開始します。まずは2℃程度に設定をしてカメラの中の空間を慣らします。そして0℃に設定してピント合わせをしようとしてPCの画面に画像を表示すると、霜が付着してしまって星の像がボケボケでした。もうとっくに乾燥剤の交換時期は過ぎているんだっけ…。霜が消えるまで時間がかかりそうなので、先にデジカメの方のピント合わせを実施しました。結局霜が消えてピント合わせが行えるまで30分近くかかりました。

連日残暑が続きまだまだ夏のような天気が続きますが、星空の様子は着実に秋の訪れを示しています。夏の代表星座のさそり座は夜の帳が降りる頃にはもう西の空に傾き、みずがめ座、ペガスス座などの秋の星座がもう東の空に昇ってきています。秋の1等星、フォーマルハウトが高度を上げつつあります。その近くにあるみずがめ座のらせん星雲にカメラを向けてみました。

らせん

この日は天気はほぼ快晴だったのですが、空気中の湿気が非常に多く結露との戦いでした。

ここでトラブル発生。デジカメのモニターに使用している地デジの画面に変な縦線が入ってしまいます。
DSC_9225.jpg
入力を切り替えてみたり電源OFF/ONをやってみたりしましたがなおらず。カメラの液晶画面で確認することにして撮影再開です。まだ買って1年経ってないから無償で取り換えてもらえるかな?

次にさんかく座のM33銀河にカメラを向けます。
M33-120915.jpg
日付が変わる頃になって周囲に霧が立ち込めはじめました。そのせいで、淡い銀河腕の部分まで写しきれませんでした。


2時頃には機材を撤収して車中泊に。翌朝には霧も晴れて良い天気でした。
DSC_9202.jpg
ちょっと堆肥の匂いがきつかった…

帰りにはちょっと足を延ばしていわき湯本温泉に。いわき湯本温泉は何度も足を運んでいるのですが、さはこの湯だけは行っていません。いつも駐車場が満杯で入れなかったのです。まだ時間が早かったので、それほど混んでなくて今回は入れました。
DSC_9206.jpg
本日は宝の湯が男性用でした。入湯料が安いのは良いんですが、ちょっと狭いですね。

line

長かった・・・

今日、平成24年度第二種電気工事士上期技能試験の結果発表がありました。

検索結果

・・・とまぁ合格しておりました

3月に受験申し込みをしてから半年も待たされてやっとなんですが、まだ免状を発行してもらう手続きが残ってます。来週合格通知を発送するそうなので、それが届き次第県の方に申請書を送るんですが、警察署とかに行って県の収入証紙(≠収入印紙)を買わないといけないので(¥5,200)、ちょっと面倒くさいです。実際に免状を手にするのは10月になるかも知れません。

免状が来たら取りあえず部屋の照明スイッチを位置表示灯内蔵のものに交換するとしましょう。

9/13追記:
合格通知が届きました。早速免状の申請書を送っておきました。

CCI20120912_0000A.jpg
line

原発ゼロで電気料金2倍

「原発をゼロにすると2030年には光熱費が現在の2倍になる」

政府はこんなことを言っているようである。
これをそのまま信じて「電気料金が2倍になるのは困る。やっぱり原発は必要なんだ」と思った人は、すでに政府の術中に嵌っている。そもそも原発の構成比率は多くても全体の1/3の筈なのに、それがゼロになったからと言って2倍と言うのはあり得ないのでは?と思えれば少なくとも最低限の情報リテラシーはお持ちの方だと推察できる。

このブログでも過去に何度も取り上げているが、官僚連中が出してくる情報の特徴には

・嘘は言っていない(意図的にという意味で、結果的に間違っていることはある)
・全部の情報は出さず、都合の良い部分のみ強調する

という特徴がある。経済産業省が出していた2030年における、原発依存度0%, 15%, 20~25%のシナリオを想定した電気料金の試算がこれである。

x8qmwwrp.png
日本経済新聞の記事より

これを2010年との比で言うと0%は約2倍となっているそうであるが、実はその他の原発比率を選択しても数字に大した変わりは無いのである。この情報の中から「原発0%」と「料金2倍」という所だけを強調して発表すると今回のマスコミ発表という事になる。

こういう悪意を持った情報発信は問題であるが、それを報道する方の情報リテラシーの無さは末期的である。発表されたことをただ右から左へ流すだけ。あるいはマスコミも内容はわかっていて情報操作に加担しているとも思える。

line
line

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line