FC2ブログ

ボカロといふもの(4) Vocoderで遊ぶ

今回はボコーダー(Vocoder)で遊んでみましたので、それについて書いてみます。タイトルこそボカロといふものですが、ボーカロイドとは直接の関係はありません。

80年代のテクノ全盛の頃、人の声をロボットの声のように変換するボコーダーというものが流行っていました。割とメジャーだったのがKORGのVC-10という奴。
p2.gif
KORGのホームページより
YMOとか喜多郎が良く使用していました。
当時はこれでも15万以上したのですが、今ではフリーのDAW用プラグインが簡単に入手できる時代となりました。今回はその中からTAL-Vocoder 2を取り上げて使い方などを探ってみたいと思います。

当方が最初にTAL-Vocoderを手にしたのは1年ほど前だったと思います。その時はなんか使い方が良く判らず、そのまま放置していました。最近、というか数日前ですが、ようやく動くようになりました。うまく行かなかった原因は、TAL-Vocoder2をVSTインスツルメントとして組み込もうとしていた為でした。要するにソフトシンセとして組み込もうとしていたんですね。そうではなく、VSTプラグインとしてアナログトラックに組み込めばよかったのでした。つまり、エフェクターとして組み込むという事です。それが判ったらその後は結構簡単でした。

前回まで使用していたSinger Song Writer10は今はAbilityにバージョンアップしておりますが、今回はこれにVocoderを組み込んで実験してみたいと思います。例としてはできる限り単純化した方が良いと思うので、前のアーアーアーに匹敵する簡単なものを用意しました(笑)。

Vocoderの原理を簡単に説明しますと、オシレーターで発生させた音(キャリア)に対して、声の波形で振幅モジュレーションを掛けるという事になります。やってることはAMラジオと同じようなものですね。

まずは、変調を掛けるための声のデータを用意します。マイクで私の声を録音しても良いのですが、そのまま出すにはちょっと難がありますので、初音ミクにやってもらう事にしました。
Voice.png
こちらは変調を掛けるための振幅だけが必要で、音階の方は全く関係してきません。なので、音の高さは変えずにしゃべってもらっています。

↓こちらが上のデータをサウンドファイルにしたものです。
再生

次に、DAWを立ち上げて、MIDIトラックとオーディオトラックをそれぞれ1つずつ用意します。オーディオトラックには先ほどの声のデータを読み込んでおきます。

songeditor.png

MIDIの方にはVocoderのオシレーターをコントロールするための音階データを入力します。和声学の初歩の初歩のC-F-G7-Cというコードを入れておきました(笑)。
scoreeditor.png

さて、Vocoderの組込みですが、オーディオトラックのエフェクターとして組み込みます。
mixer.png
上の画像の赤丸の方がオーディオトラックのエフェクターとしてTAL-Vocoder2を指定したものです。そしてMIDIトラックの出力先は同じくTAL-Vocoder2を指定します(緑の丸)。

設定がうまく行っていれば下の画像の様なボコーダーのコントロール画面が出て来ます。
Vocoder-Control.png
発声する音色をいろいろ変えられますが、左上の方のメニューから予めセットされた設定をいくつか選べます。

これでDAWの再生ボタンを押せば、初音ミクの声で変調させたC-F-G7-Cの音が鳴る筈です。
再生

うまく行きました

では応用編です。
Vocoderを使った例としてはYMOのテクノポリスあたりが適当なんだと思うのですが、昔打込んだBehind The Maskがあったのでこれに新しくボーカルを入れてみました。

BehindTheMask3.mp3
エフェクター側の声は初音ミクではなく夜行虫が歌っています。アルペジオパートはフリーのソフトシンセ「synth1」にプリセットされていたその名も「Behind The Mask」というデータを使用しています。アルバム版の音にそっくりなのはその為です。その他はRoland VSC音源を使っています。Vocoderの設定はプリセットにあった「A Voice Robot 1」を使用しました。
スポンサーサイト
line
line

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line