FC2ブログ

新しいチャージコントローラ

使用しているチャージコントローラが壊れた(と思った)ので新しいチャージコントローラを購入しました。

P3150004.jpg
色々乗っていますが、一番上の白い奴です。

BEIJING EPSOLAR TECHNOLOGY CO., LTD.のTracer-1210RNです。
それまで使用していたのがその下の基盤むき出しの東京デバイセズのチャージコントローラ。両方ともMPPT方式のものです。

かなり前から、電圧は正常に測れているのに電流が0になってしまい、MPPの探索で無限ループに陥ってしまって、充電量がゼロのになってしまう事が多々ありました。チャージコントローラを何度かOFF/ONを繰り返しているとそのうち元に戻っていたので、だましだまし使っていましたが、ついにずっと0Aの状態になってしまいました。もうこれは故障したのだろうと、それに代わる安価なMPPT方式のチャージコントローラを探して見つけたのがTracer-1210RNです。前に質問コメントの回答に書いたことですが、Raspberry PIの電力計に使用しているINA226は電源のマイナスとセンサー端子のマイナスが共通になっています。その為、ソーラーパネル用とバッテリー用で2個のINA226を使ってそれにRaspberry PIから電源を供給すると、バッテリーのマイナスとソーラーパネルのマイナスが直結した状態になります。ですので、間に入れるチャージコントローラは「マイナスコモン」のものを使用しないと、プラス側もソーラーパネルとバッテリーが直結されて、チャージコントローラを入れる意味が無くなってしまいます。

ネットで検索するとそこそこの種類のMPPTチャージコントローラが出て来ますが、マイナスコモンかどうかまで書いてあるのは稀です。Tracer-1210RNはメーカーのホームページにあったデータシートにマイナスコモン(接地)と書いてありましたので、とりあえずOKかと思って購入しました。

中国からの直送でかなりの日数を要しましたが、商品が無事到着したので交換すると、やはり太陽光パネルからの電流が流れていないようです。色々調べてみたら、太陽光パネルのMC4コネクタ部分の接触不良だという事が判明。対策を施したら問題無く動作を始めました。これ、新しいの買う必要なかったわ。

交換した頃は天気の良い日が続いていましたが、充電する方のバッテリーを充電器でフル充電した直後だったので、充電が抑え気味になってしまい100%の充電能力を確認できません。そうしているうちに今度は天気の良くない日が何日も続き、本日やっと良い天気が訪れました。程よくバッテリーも放電していたので、久々のフル充電が行われたようです。

20160315発電量2
日が沈んだ後にキャプチャーしたモニター画面の様子です。ソーラーパネルは50Wですので結構効率よく充電できたみたいです。1Lの水(20℃)を2回沸騰させるくらいの電力は発電できたようです。前の東京デバイセズのチャージコントローラより明らかに性能は上だと思いました。中国製侮り難し…ですかな。

因みに、上の写真の左下の奴はBeagle Born Blackでして、我が家のVPNサーバーです。太陽光発電で動いております(笑)。
スポンサーサイト
line
line

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line