FC2ブログ

地震を音で聞いてみる

熊本地震では大変な被害が出ております。亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。

地震動の周波数は高いものでもたかだか10Hzとかそんなものです。これを電気信号に変換(それを地震計がやる訳ですが)してスピーカーに送っても人間の耳では聞き取ることが出来ません。そこで、時間軸を数百分の一に圧縮してやって周波数を上げてやると、人間の耳にも聞こえるようになります。

準備するもの:
■地震波形データ
 これは防災科学技術研究所からダウンロードすることが出来ます(要:ユーザー登録)。今回はHi-netのデータを使用しました。
■win32tool
 地震波データを変換するツール。上記Hi-netのユーザー登録のページからダウンロードします
■テキスト→音声データ変換ツール
 私はのっちんさん作、csv2wavを使用しました。こちらからダウンロード可能です。

以下、概略の作成手順を書いておきます。

地震波のダウンロード時は、予め対象の観測点を選択して、一度に長時間のファイルを選択できるようにします。今回は矢部と豊野の2観測点のみのデータをダウンロードするようにしました。

ダウンロードしたデータはWIN32形式と言うものなので、テキストに変換する為にdewin_32コマンドを使用します。成分は上下動を使いました。変換したテキストファイルは、振幅を符号付16bit整数型に収まるように調整し、先頭にデータ個数を付けておきます。矢部と豊野で2ファイル作成します。

csv2wavコマンドでWAVファイルに変換します。ステレオにすることも可能なので、左チャンネルに豊野、右チャンネルに矢部を入れてみました。実際の位置関係では豊野の方が矢部よりも西にありますので、震源域の位置関係からすると南の方から見ているような状態です。地震計のデータのサンプリング周波数は100Hzなので、これを44000Hzで再生されるようにWAVファイルを作成すると、データ実時間の7分20秒が1秒で再生されるようになります。

最後に、WEBから再生できるようにWAV形式をmp3形式に変換しました。

こちらは4月14日21:00~24:00の波形を変換したもので、M6.5(暫定値)のいわゆる「前震」とか言っている方の地震が含まれています。時間軸は7分20秒が1秒になるように圧縮してあります。開始から3秒半くらいでM6.5の地震の音が大きな音で突然出ますので注意して下さい
201604142100_rTAB_lTYN.mp3

こちらは4月16日00:00~06:00までの波形を使用して作成したものです。M7.3(暫定値)が11.5秒付近に入っています。こちらも突然の大音量に注意して下さい
201604160000_rTAB_lTYN.mp3

バン!というでかい音が規模の大きな地震ですが、その他小さな音で「パラパラ」聞こえるのもすべて地震です。

P.S.
上記の音にリバーブをかけてみました
201604142100_rTAB_lTYN_rv.mp3
201604160000_rTAB_lTYN_rv.mp3

スポンサーサイト



line

桜と彗星

・・・と言っても桜と彗星を同時に納めたわけではありません。同じ週の出来事を一つの記事に纏めただけです。

先日、私が住んでいるところでも桜が満開になったので、フラッと見に行ってきました。
行先は北条の大池公園です。行ってきたのは水曜日(6日)ですが、この日は天気が良く、また、翌日から天気が崩れる予報になっていたので、雨が降る前に見ておきたかったためです。

_DSC7922.jpg
晴れと言っても春特有のもやった感じの晴れです。桜はほぼ満開状態でした。

_DSC7953.jpg
一連の写真は大池の北側の新池というちょっと小さな池の方です。

_DSC7974.jpg
大池公園には大池、小池、新池と三つの池が並んでありますが、いずれも池の周囲には桜が植えられていて、この時期の休みの日には家族連れの人達でごったがえします。

さて、もう一つの彗星の方ですが、金曜の夜から福島県のK地点に、地球に接近して明るくなった252Pリニア彗星の撮影に行ってきました。
252P_1604090200.jpg
なぜ金曜日かというと、この日を過ぎると球状星団M14と同じフレームに彗星を納めるのが難しくなってしまうからです。この日の状況でもかなり無理をして同じフレームに入れています。400mmという焦点距離ですと、この日でもフルサイズのカメラでないと収まり切らなかったです。

この構図とは別に、日の丸構図で彗星をど真ん中にして、オートガイダーで彗星核追尾をしたものもあるのですが、途中で薄雲に覆われてしまい、満足なものがありません。しかも、この彗星の核は非常に小さくて、自動追尾するのが非常に難しかったです。彗星核を追尾している筈だったのに、ちょっと目を離したすきにいつの間にか全く別のとても明るい恒星を追尾していました(笑)。

252Pリニア彗星は、発見時P/2000 G1という仮符号が付いていました。2011年にP/2011 L5として検出された彗星がP/2000 G1と同じ彗星と確認されて、晴れて正式な短周期彗星の符号252Pとなりました(短周期彗星とは公転周期200年以下の彗星)。252Pの公転周期は5.3年だそうですので、2000年の直後の回帰は検出されなかったんですね。
line

夜行虫無線局を開局する

ちょっと前と言うかかなり前と言うか、無線局を開局したので…

最近は携帯電話が普及したので、無線機で会話する事って少なくなりました。とは言ってもひっきりなしに会話をする時や車同士で会話をする場合にはやっぱり無線機の方が便利なことが多いです。私が星の撮影に行く時に良く一緒に行く人が無線をやっているので、私も真似をして無線機を購入してみました。
P4030001.jpg
購入したのはStandard(八重洲)のFT-60という最大出力5Wのハンディ機です。使っていて判明したのですが、コイツのマイクの端子がすぐ抜けかかってしまい、そうなると無変調の電波が出っ放しになるという重大な欠陥があります。私は太い輪ゴムをジャックの所に巻いて、抜けないようにして使用しています。

ところで、アマチュア無線で電波を飛ばすには二つの免許(免状)が必要です。一つは無線従事者免許で、良く、○級アマチュア無線技士とか言われる奴です。私は三級アマチュア無線技士の免許を持っていますが、無線機を買って電波を出すにはこれを持っているだけではできません。そこで必要になるのが無線局免許状です。この二つが揃って初めて電波を出すことが出来るようになります。無線局免許状は総務省に申請を出して審査が通れば交付されます。申請はインターネットで出来ます。できるのですが、これが意外と面倒です。電子納税(e-tax)程ではありませんが。まず、開局する無線局・無線機の情報を記入して申請を出します。するとしばらく審査中というモードになりますが、これが結構長い。私の場合は2週間近くかかりました。審査が無事に通ると手数料納付待ちというモードになります。審査が通るとメールで通知が来ます。この時は2,900円をpay easyにて支払いをしました(電波使用料の支払いも後で来ます)。免状の受け取りは、直接取りに行くのと郵送があるのですが、無線機を使用したい日が間近に迫っていた為、郵送ではなく直接取りに行くのを選択しました。

無線局免状
これが免許状です(個人情報の部分は割愛してます)。基本的に電波を出す場合はすべてこういう免状が必要なのですが、携帯電話は必要ないですよね?実は、携帯電話の電話会社には必要な従事者免状を持っている人がいて、携帯の台数分の無線局免状が(まとめて)有るんです。私が先ほどのような無線機を使う場合は、周波数を変えたりアンテナを取り換えたりなどが自由にできますが、携帯電話ではそれは認められていません。なので、携帯電話を使っている人は無線機の操作をしているとはみなされないのだそうです。

私は知らない人と無線で会話をするという事は無いと思いますので、JARLにコールサインを登録するなんてことはしていません。
line
line

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line