FC2ブログ

キャンプをする

ネタも無いので先月の話を。

西丹沢のオートキャンプ場で昔の会社の同僚3人でキャンプをしてきました。
時間が取れれば二泊三日くらいでゆっくりしたいのですが、今回は一泊二日の行程でした。私ともう一名は冬のキャンプも慣れているのですが、初めての冬季キャンプの者が若干一名。なので今回は軽く一泊、という事になりました。

IMG_20180225_073810.jpg

最近はアニメの影響で少しは混んでいるかと思いきや、ほぼ貸し切り状態。我々以外にはソロキャンパーが1名のみでした。そちらのテントとは距離を置いて我々のテントを設営。

IMG_20180225_073845.jpg
久しぶりの設営だったのでタープの立て方をすっかり忘れていて、説明書を見ながら組み立てました。

IMG_20180225_073905.jpg
直火OKなので早速焚火の開始。今回は時間があまりないので、スーパーで買ってきたピザをダッチオーブンで焼いて食べました。

ここは標高が600m位あるので夜はとても寒くなりました。酒はかなりの量を買ってきたのですが、一番飲まれたのが焼酎のお湯割りでした。

今回はほとんど飲んでばかりいたので写真があまりありません。キャンプに行った話はこれにて終わり。

冒頭でちょこっと述べましたが、今「ゆるキャン△」っていうアニメをやっているんですよね。「けいおん」でやってたことがキャンプに変わったようなアニメです(別にこのアニメに触発されてキャンプに行ったわけではありません)。まぁその内容についてはどうでも良いのですが、天文を趣味とする夜行虫としては看過できないシーンがあります。

yurucanop.png
OPに出てくるこのシーンは星が回って軌跡になっていくシーンなんですが、
・ 本栖湖から見た富士山なのに北極星がある
・ 回転方向が逆(時計回りに回っている)

車のCMで望遠鏡が逆さま(地面を向いている)になっているのは笑っていられますが、まがりなりにもアウトドアが主題のアニメなんですからこういうのはいただけませんね。
スポンサーサイト
line

銀山温泉

山形県の銀山温泉に行ってきました。

と言っても泊ったわけではなく、夜の温泉街を撮影して、入浴したのは翌朝です。

_DSC4091.jpg
着いた時間が遅くて、照明が消えてしまった宿も多くてなかなか思い通りに撮れませんでした。

その後、道の駅尾花沢で一泊し、翌朝もう一度銀山温泉に。

P3110009_20180311233117015.jpg
露天風呂からの眺めが良い銀山荘に。コンデジの電源をONにするとレンズ前のスクリーンが開くのですが、それが中途半端な状態で止まってしまい、下の方にその影が映ってしまいました。そろそろ買い替えかな…
line

KU-KAI  美しき王妃の謎 を観に行く

表題の映画を観てきました。

一言でいうと・・・
「すごくきれいな画面でした。 以上」
という感じです。久々の「金返せ」レベルの映画でした。

夢枕獏の原作(沙門空海唐の国にて鬼と宴す)は予め読んでいました。原作は、やはり夢枕獏の「陰陽師」での安倍晴明が空海になったようなもので、同じように陰陽師での源博雅が橘逸勢になっています。原作の方は陰陽師を読んでいる気分で一気に読めてしまいました。

ところが、映画の方では橘逸勢は登場しません。そこからしてすでに「ワトソンの出てこないシャーロックホームズ」のような雰囲気ですが、しかも原作での空海の天才的な描かれ方は一切省かれて、平凡な「ただの沙門」という扱いです。この映画は日中合作なのですが、実は「空海」というタイトルは日本版だけで、中国版では「妖猫傳(英題:Legend Of The Demon Cat)」ということで、空海は主題ではないのです。一応、原作にも猫は登場していますし、映画での猫の正体も原作と同一人物なので、原作を読んでいる人は猫が頻繁に出てくる件はまぁなんとか我慢できるでしょうが、空海の活躍に期待して来た人はがっかりでしょう。

原作は、長安の都で起こっている怪奇現象を空海と橘逸勢が一緒になって探っていくという探偵もののようなストーリーです。それに対して映画の方は、空海とコンビを組むのが白居易(白楽天)で、まぁ中国側としてはどうしても主役の片割れは中国人にしたかったのでしょう。

全体を通して、多分この映画の監督は唐の時代の豪華絢爛さをいかにして表現するかに全力を注いだんだろうなぁというのはわかります。楊貴妃と玄宗が催す「極楽の宴」の場面の色彩は大変美しかったです。でもちょっとCGの部分に粗が目立ったりしていたところもありました。

見終わってから思ったのは、タイトルから「空海」をはずして「美しき王妃の謎」だけでも良かったかも知れません。とは言え、「王妃の謎」が謎になってくるのはかなり終わり近くになってからのことで、であれば「楊貴妃と化け猫」はどうだろう?

久々にがっかり感に支配された映画でした(SPACE BATTLESHIP ヤマト以来か?)。
line
line

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line