FC2ブログ

車中泊:真夏の暑さ対策

車中泊をするにあたっての最大の敵は暑さです。

冬の寒さは寝具等を工夫すれば問題は無いのですが、夏の暑さの場合は一晩中車のクーラーを付けている訳にはいかないのでなかなか厄介です。以前、除湿機の冷房モードを使用して、サブバッテリーから電気を供給する冷房機能を試したことがありました。でもこれだと消費電力がものすごくて、105Ahのバッテリーでも30分程度しかもちませんでした。今では全く使用していません(除湿機は梅雨時の洗濯物部屋干し時に大活躍)。

真っ先に思い付くのは「扇風機」ですが、私の場合はUSBでの充電方式の扇風機(クリップ式)を使用しています。これを顔に直接風が当たるようにすると何となく涼しくなったような気がします。

そして今回、外の空気を積極的に取り入れるためのベンチレーターを作ることにしました。

いきなり完成品です。本当は車の窓に装着した写真を掲載したかったのですが、連日雨模様でまだ撮影出来ていません(一応はまることは確認しています)。後日写真を載せ替えます。一時的に雨が上がった時間を見計らって撮影。

P6300004.jpg

P6300007.jpg

材料はKOYOのデコパネ。5mm厚のA1サイズグレーを使用しました。スチレンボード(発砲スチロール)の割には強度があって、プラダンなどを使うよりも丈夫です。とは言えそのまま補強無しに使用するのはちょっと不安なので車内側の面に補強の木材を張り付けています。

そこにUSB電源(5V)で動作する扇風機を取り付けました。当初PCシャーシに取り付ける冷却ファンを考えていましたが、あれって電源電圧が12Vなので、モバイルバッテリーでも使用可能な5Vのを探していたらこれを見つけました。

後から風量可変のタイプがあると知ってそっちにすれば良かったとちょっと後悔。

車外側には直射日光対策としてアルミテープを貼り付けました。雨の日は使用できません(しません)が、いきなり降ってきた雨にちょっとの間だけ耐えられる防水機能も兼ねています。

フードはモノタロウで見つけました。フードはできれば現地で取り付けたいと思っており(嵩張るため)、また、ネジ穴をパネルに開けるのも嫌だったので取り付け方法をさんざん考えていました。最初、磁石で付けようかと思ってネオジム磁石を買ってきたのですが、滑り落ちてしまう事が判明してこの案は没に。結局ネジで取り付けるという本当は避けたかった一番安易な方法に落ち着きました。それでもネジは取り外しが容易なように蝶ナットを使用しています。下側のネジの位置が補強の木材の所に来てしまったのは痛恨のミス。それに開口部の面積があまり大きくないので、これを付けると風量がかなり落ちます。山の中で人目を気にしない場合には取り外してしまった方が良さそうです(一応、ファンの前面には虫よけの網を張ってあります)。

↓表面施行&フード取り付け前にはまり具合を確認している写真
IMG_20190617_171056S.jpg
上側には爪が出ていて、ウィンドウが収納される隙間に入れて動かないようにしています(ドアを開け閉めすると圧力の変化でバコバコ動くため)。完成品を取り付けてみたら隅の方に小さな隙間があったので、スポンジ材でふさぎました。


スポンサーサイト



line
line

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line