FC2ブログ

財務大臣の無能には呆れる

藤井財務大臣曰く「日本は基本的には円高が良い」「耐えることが必要」などと発言したそうである。三橋貴明あたりの言うことを真に受けたのかどうか知らないが、「狂っている」としか言いようが無い。

今、日本のメーカーの、例えば電気製品を買ってそれが日本製である割合ってどのくらいだろうか。一部の高級な製品を除けば、中国・東南アジア製がほとんどだろう。なぜそのような状況になったのか。それは円が高いため安価な労働力を求めて日本のメーカーが生産拠点を海外に移転してしまったためである。本来日本のメーカーなのだから日本人の労働者が国内で生産すべきものが…である。バブル崩壊直後の円高期にはまだそれほど海外移転が進んでいたわけではないので、日本に輸入されるモノの量はそれ程でもなかった。その後、円高を嫌って生産拠点を海外に移していった結果、現在では貿易収支の輸出と輸入がトントンになるくらい輸入が増えてしまった。日本メーカー製品の「逆輸入」がかなりの割合にのぼるのである。

内需拡大などと言っているが、それで日本人が本当に幸せになるためには、日本人が国内でモノを生産し、国内で売買できる場合である。円高になれば、輸入品は日本製より安く手に入れることが出来るため、国内で製造されたモノや食料は売れなくなる。当然そのままでは立ち行かなくなり、海外に脱出できる企業は脱出し、それができない企業は潰れてしまうだろう。つまり円高のままでは、いくら内需拡大策を取っても日本の企業は幸せにはなれないのである。同様の状況だったアメリカはプラザ合意なんていう強硬手段でドル高を解消させたが、とばっちりを受けて円高になった日本は金利を下げることで対処できた。しかし今はもう金利を調整できる余地は残されていない。その上民主党は雇用規制を強化しようとしている。これでは癌患者に対して鼻と口を塞いで息をできなくしている行為に等しい。

円高の世の中で活路を見出すには、他国では追従できないような製品を作っていくしか無い様に思う。素材系の一部や工作機械などのシェアではまだ日本製も頑張っているようだ。そのような製品開発には日々研究開発が欠かせない筈である。しかし企業の業績が悪くなると真っ先に切られるのは研究開発費だったりする。特に理解の無いトップがいる企業などでは。子育て手当てや高速道路無料化より、まずは日本人が働いている企業を元気にすることが先決ではないのだろうか。それができないようではやはり藤井大臣の言うとおり「耐えるしかない」のかも知れない。
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line