FC2ブログ

歴史ある送電線路を巡る旅(2) 大洗線

前回の続きに入る前に、ちょっとおさらいです。

下の地図は、国土地理院発行の1/5万地形図「日立」(明治39年測量昭和5年第2回修正測量)より、中里水力発電所と町屋変電所の部分を抜粋し、発変電所や送電線の位置を示したものです。
hitatimap.gif
このように里川沿いには2本の送電線が並行して存在していたようですが、現在は西側の送電線に該当するものは現存しません。東側の送電線はほぼ現在の常陸太田線に沿ったルートを取っています。「電子国土」(http://cyberjapan.jp/)から当該地域を抜粋した現在の地図を以下に示します(この地図に文字などを書き入れるのは禁止されているようなので、わかり辛いですがご容赦ください)。
hitatimap2.png

さて、話は茨城変電所から始まります。

この話の当時茨城変電所は存在しませんでした。推測ですが、猪苗代方面の電力を茨城県内に受け入れるために戦時中に「茨城線」が建設され、その変電施設(開閉所?)として建設されたのではないでしょうか。茨城変電所に入ってくる(潮流的に)路線は154kVの西茨線、茨城線、66kVの青柳線、常磐線、常北線です。一方出ていく方は、154kV村松線、66kVの大洗線、勝田線、常陸大宮線、孫目線になります。

CIMG0451.jpg
これは変電所東側に出入りする送電線です。左より大洗線、青柳線(勝田線を併架)、村松線(孫目線を併架)、常磐線、手前の茶色い鉄塔(訓練鉄塔)に重なって写っている城北線です。写野外の右側に常陸大宮線の1号鉄塔があります。

DSC_0034.jpg
上の写真は変電所西側の様子。手前の鉄塔は茨城線、奥の2つの鉄塔はいずれも西茨線です。余談ですが、茨城線の1号鉄塔は栃木県にある片岡開閉所で、猪苗代新幹線から分岐する形になっていますが、その部分のジャンパー線が外されていて、実際は繋がっていません。実際に電力を供給しているのは那珂変電所のようです。
茨城線
↑ジャンパー線の外された茨城線

現在、西茨線は架空線の取り換え工事?をやっていました。
DSC_4160.jpg

DSC_4171.jpg
写真で見る方がハラハラします。

CIMG0443.jpg
大洗線はずっと青柳線と並行しています。左側が大洗線です。巨大な紅白鉄塔は常陸那珂火力線ですが、茨城変電所には繋がっていません(途中まで茨城線を併架してきます)。一番右に頭が見えているのは村松線です。

DSC_4203.jpg
大洗線15号鉄塔の付近で、大洗線と青柳線は西茨線から分岐した154kV菅谷線と交差します。

残念ながら大洗線では常陸太田線や久慈線で見られた旧式鉄塔は残存していないようです。
DSC_4208.jpg
昭和44年3月建設を知らせる15号鉄塔の番号札です。

DSC_4319.jpg
大洗線はひたちなか市青柳にある卸売市場の所で湊線に併架されます。左から来て高い鉄塔(湊線32号鉄塔)に繋がっているのが大洗線、奥からまっすぐ手前に延びてくるのが青柳線です。この場所では3本の鉄塔が林立して送電線の分岐集合でごちゃごちゃになっています。
DSC_4313.jpg
北西(左奥)から来る北見線と北(奥)から来る大洗線は何も分岐せずそれぞれ南(左手前)と南東(右)にほぼ直角に曲がり、北見線に併架されてくる湊線は北に青柳線、南に水戸南町線を分岐し、大洗線を併架して南東方向に抜けます(と書いても訳解らないでしょうね)。

このあたり、昔はどうなっていたでしょう。

以下の地図は国土地理院発行の1/5万地形図「水戸」(明治36年測量昭和15年第2回修正測量)の該当部分です。
mitomap.gif
今ほど複雑な分岐はしていませんが、やはり分岐はしているようです。この分岐から南に至る北見線(と水戸南町線)が昔も水戸の変電所に繋がっていたと想像されます。また、西に向かう路線は当時の笠間電気に供給するためのものだったと思われます。現在は北見線~水戸線~筑館線がその末裔と思われます。

参考までに現在の地図は
mitomap2.png
出典は前出と同じく「電子国土」(http://cyberjapan.jp/)

次回からは、笠間方面に足を延ばしてみます。

(つづく)
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

電線

追いかける人もいらっしゃるんですね。
なんか、おもしろそうですね。
湊線というと、列車しか連想しないもので、感動です。
(吉田)

Re: 電線

吉田さんこんにちは。

確かに鉄道の路線と名前がかぶりますね。常磐線とか水戸線とかも。
鉄塔の方は鉄道に比べるとはるかにマイナーですけどね。

お暇でしたらまたお越しください。
line
line

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line