FC2ブログ

温泉ハシゴ ~川原湯温泉~

草津国際スキー場の駐車場で一夜を過ごすと、翌朝は快晴のすばらしい天気です。
この日は一日温泉のハシゴをすると決めていました。

まずは川原湯温泉に向かいます。

大昔に「敬業館 みよしや」という宿の露天風呂が良かったので、もう一度入りたくなっていたのです。
が、みよしやは今年の8月で営業を終了していました。しかたが無いので、共同浴場の王湯へ変更。王湯の営業は10時からなので、時間つぶしにコンビニに買出しに行きます。

王湯

帰ってきてもまだ時間があったので、車の中で時間を潰していると、入り口の前にどこからとも無く店開きを待つ人が集まり始めました。

王湯は時間通りに開店します。まずは露天風呂へ。露天風呂は受付のある建物とは別の建物にあり、屋根付きの渡り廊下を通っていきます。お湯はちょっと石油臭いというかコールタールのような臭いという感じで、以前と全然変わっていませんでした。含硫黄-カルシウム・ナトリウム-塩化物・ 硫酸塩温泉という泉質なんだそうですが、昔は石膏泉と言っていた気がします。源泉の温度は76度もあり、湯船に注いでいるお湯は触れないくらい熱く、水が一緒に注ぎ込まれています。大変に柔らかい感じのお湯で、草津の強酸のお湯でダメージを受けた肌のための「治し湯」として親しまれていたそうです。景色は、みよしやの建物が真横にありますが、正面はまぁまぁ。

内湯は受付の建物の中にあります。脱衣場からドアを開け、階段を下りて行きます。湯船があるだけで、シャワーが一つあったかな?外がガラス越しに見えますが、それほど景色が良いわけではありませんでした。入浴料は300円ですから、あまり贅沢も言っていられません。

なお、川原湯温泉は、近くに建設中の八ツ場(やんば)ダムが完成すると、ダムの湖底に沈んでしまいます。

次は四万温泉に向かいます。
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line