FC2ブログ

夜行虫無線局を開局する

ちょっと前と言うかかなり前と言うか、無線局を開局したので…

最近は携帯電話が普及したので、無線機で会話する事って少なくなりました。とは言ってもひっきりなしに会話をする時や車同士で会話をする場合にはやっぱり無線機の方が便利なことが多いです。私が星の撮影に行く時に良く一緒に行く人が無線をやっているので、私も真似をして無線機を購入してみました。
P4030001.jpg
購入したのはStandard(八重洲)のFT-60という最大出力5Wのハンディ機です。使っていて判明したのですが、コイツのマイクの端子がすぐ抜けかかってしまい、そうなると無変調の電波が出っ放しになるという重大な欠陥があります。私は太い輪ゴムをジャックの所に巻いて、抜けないようにして使用しています。

ところで、アマチュア無線で電波を飛ばすには二つの免許(免状)が必要です。一つは無線従事者免許で、良く、○級アマチュア無線技士とか言われる奴です。私は三級アマチュア無線技士の免許を持っていますが、無線機を買って電波を出すにはこれを持っているだけではできません。そこで必要になるのが無線局免許状です。この二つが揃って初めて電波を出すことが出来るようになります。無線局免許状は総務省に申請を出して審査が通れば交付されます。申請はインターネットで出来ます。できるのですが、これが意外と面倒です。電子納税(e-tax)程ではありませんが。まず、開局する無線局・無線機の情報を記入して申請を出します。するとしばらく審査中というモードになりますが、これが結構長い。私の場合は2週間近くかかりました。審査が無事に通ると手数料納付待ちというモードになります。審査が通るとメールで通知が来ます。この時は2,900円をpay easyにて支払いをしました(電波使用料の支払いも後で来ます)。免状の受け取りは、直接取りに行くのと郵送があるのですが、無線機を使用したい日が間近に迫っていた為、郵送ではなく直接取りに行くのを選択しました。

無線局免状
これが免許状です(個人情報の部分は割愛してます)。基本的に電波を出す場合はすべてこういう免状が必要なのですが、携帯電話は必要ないですよね?実は、携帯電話の電話会社には必要な従事者免状を持っている人がいて、携帯の台数分の無線局免状が(まとめて)有るんです。私が先ほどのような無線機を使う場合は、周波数を変えたりアンテナを取り換えたりなどが自由にできますが、携帯電話ではそれは認められていません。なので、携帯電話を使っている人は無線機の操作をしているとはみなされないのだそうです。

私は知らない人と無線で会話をするという事は無いと思いますので、JARLにコールサインを登録するなんてことはしていません。
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line