FC2ブログ

Samyang 35mm F1.4 AS UMC

表記のレンズを買ってしまいました。

韓国製レンズなんでかなり心配ではありましたが、天文関連の方面では割と評判の良いレンズです。
先日筑波山から昇る月を撮影してきましたが、その時に簡単な試写をしてきました。

_DSC0222.jpg
こんな風にちょうど山頂のところから月が昇る写真が撮りたかったのです。ステラナビゲータとかカシミールとかでさんざんシミュレーションをしてどの場所が良いかを選定していたのに、なぜか計算する「日」を間違えて、2~300m程急いで移動しなければなりませんでした。

月がかなり昇ったところでレンズをSamyangに切り替えます。

_DSC0260.jpg
これは絞り開放(f1.4)。逆光に弱いSamyangの本領発揮。ゴーストは派手に出ます。

_DSC0260t.jpg
拡大したもの。ピントは星の方に合わせてあるので、若干前ピンとなっている地上風景ですが、結構派手にコマフレアは出ます。しかもパープル系の色が付いてしまう。

F14.jpg
同じくF1.4で右上の方の恒星を拡大したもの。サジタル・コマフレアが結構顕著です。

F28.jpg
F2.8に絞ったもの。コマフレアはわずかに残りますが、十分実用レベルです。

F40.jpg
F4.0に絞ったもの。コマフレアはほとんど出なくなります。

F56.jpg
F5.6。天体撮影ではここまで絞ることはないと思います。

_DSC0258t.jpg
F5.6での地上風景(トリミングあり)。夜景の方もきれいに写っています。

この結果(といくつかの昼間の試写で)から思うに、天体用としては少し絞れば十分な描写をしてくれると思います。しかし、通常使用ではボケが汚く、ボケにパープル系の色が付く(パープルフリンジ?)など、ちょっとポートレートなどには使えないんじゃないかなと思ったりしています。マニュアル・フォーカスレンズですので、ヘリコイドは当然ながら重めです。回した感じは悪くないですが、何となく安っぽさを感じる重さ(微妙な感じ)。オートフォーカスレンズですと、ピントを合わせた後にちょっとしたことでピントがずれてしまわないか心配になりますが、それが無いのはうれしいです。
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line