FC2ブログ

ダム巡り

2日かけてダム巡りをしてきました。

圏央道の茨城~埼玉部分が開通したおかげで奥多摩や秩父方面へ行くのが大分楽になりました。という訳であまり今まで力を入れて巡っていなかった埼玉方面のダムのダムカードを集めに出かけてきました。

最初に訪れたのは下久保ダム。圏央道から関越道に移ると渋滞していました。これなら北関東道で来た方が良かったかも知れません。
_DSC2658.jpg
このダムはL字の形をしているダムで、写真正面のダムが本ダム、右端に写っているのが副ダムです。このダムの堤長は605mで、コンクリートダムでは日本一とのことです。このダムは割と水が多めに貯水されていますが、この後回ったダムは軒並み貯水率が低かったです。

下久保ダムから少し遠いですが、群馬県の上野村にある上野ダム。
_DSC2679.jpg
このダムは、揚水発電を行う神流川発電所の下ダムとして作られました。

_DSC2680.jpg
下流側。

_DSC2683.jpg
ダムカードを貰うにはこの写真を平浜温泉しおじの湯または川の駅上野で提示する必要があります。

この日はしおじの湯で汗を流して全日程終了。しおじの湯は飲泉もできまして、ちょっと酸っぱいクエン酸のような味がします。

_DSC2685.jpg
宿泊場所に移動中に通りかかった新秩父開閉所。

宿泊は道の駅・両神温泉薬師の湯にて。
P7170008.jpg
先に来ていたキャンピングカーに間を空けて停めましたが、朝起きてみると私の車の両脇に車中泊ではない運転手不在の車が。ほかに一杯空いているのにわざわざ並べて停めなくてもいいのに…

二日目は浦山ダムからスタートの予定ですが、その前に土曜日のブラタモリで放送していた断層面の場所が近かったのでそこに向かうことに。
_DSC2690.jpg
若御子断層洞という場所です。若御子神社の裏山になります。

_DSC2693.jpg
あー、この看板ブラタモリでも出てました。「ここらにいるのはツキノワグマだから大丈夫」などという訳のわからない説明をしていました。いや、ツキノワグマだって危ないんですけど。

到着・・・
_DSC2715.jpg
高い湿度でほとんど汗が乾かず、汗だくになりました。

_DSC2704.jpg
奥の金属製の梯子が立てかけてある平らな面が断層面ですが、断層面の両側は破砕帯となっていて、断層角礫や断層粘土などが見られます。

_DSC2706.jpg
断層角礫と断層粘土と断層面。

_DSC2702.jpg
テレビでも大写ししてた鏡肌と断層が動いたときに着いた条痕。

そして浦山ダムへ。
_DSC2722.jpg
このダムの高さは日本第2位(1m差)なんだそうです。

_DSC2743.jpg
3日前の貯水率が68%とのこと。

浦山ダムはエレベータで降りて堤体内部にあるダム資料館に行くことができます。

_DSC2746.jpg
プラムラインというダム堤体の歪を測る装置。写真はノーマルプラムラインという装置で、天端の上端から吊り下げられた錘と底部の距離の変動を測る装置です。

_DSC2747_20170717230135044.jpg
こちらはリバースプラムライン。岩盤とダム本体の相対変位量を測ります。

次は滝沢ダム。
_DSC2769.jpg
ダム建設で付け替えられた国道は、ダムの高さまで上るのにループ橋で昇っていきます。

因みにループの反対側
_DSC2779.jpg

_DSC2762.jpg
貯水率54%らしいです。ダムの各所には水が不足していますという横断幕が。

お次、二瀬ダム。
_DSC2785.jpg
ここまで来るとかなりダレてきて、あまり写真を撮影していないのですが、ダムカードによるとここのコンジットゲートのラジアルゲートは「戦艦大和を建造した造船所で作られた」と書いてありました。戦艦大和は呉海軍工廠で建造されましたが、その末裔の株式会社呉造船所(昭和36年当時)で作られたということかな?

最後はかなり南下しまして白丸ダム。ここのダムカードは「魚道入り口の受付で配布」となっているのですが、私はどういうものなのかよくわかっていませんでした。
_DSC2794.jpg
こういうものらしいです。ダムで魚の遡上が妨げられないように、魚道を作った(後から)というものです。

駐車場の脇にある受付でダムカードを貰い、なにやら丸く柵で囲われた箇所の中を覗いてみると…
_DSC2789.jpg
うおっ!深い!

_DSC2791.jpg
一番底まで下りて上を見上げた写真。

_DSC2793.jpg
魚道の入り口(魚にとって)の方向。勝手に地上の小川か水路のようなものと想像していましたが、まさかトンネルだとは思っていませんでした。

_DSC2795.jpg
すこしずつダムの水位まで上っていきます。

_DSC2797.jpg
魚にとっての出口付近。ほぼダムの湖面の水位の場所から下流側を見たところ。

_DSC2804.jpg
白丸ダムはこんなダム。

P7170026.jpg
帰りはもえぎの湯に寄りました。入場整理券が配られるほどの混みよう。お湯はかなりぬるぬるする感じでした。

スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line