FC2ブログ

四国一周の旅 Part III

Part IIからの続きです。

新しい年を迎えました。
車中泊で新年を迎えるのは珍しくは無いですが、正月気分は全く味わえません。

道の駅から元来た道を辿り、足摺岬方面に向けて走りながら途中途中沈下橋に寄る計画です。

_DSC3529.jpg
昨夜撮影をした沈下橋です。地図にも現地にも名前が無い橋でした。長生地区だから長生の沈下橋?

_DSC3540.jpg
岩間沈下橋です。御覧の通り橋脚が沈下して通行止めになっています。

_DSC3545.jpg
勝間沈下橋。沈下橋を見に来るなら渇水期ではない方が写真映えしますね。ちょっと残念です。

_DSC3555.jpg
勝間沈下橋を別の方向から。

_DSC3560.jpg
高瀬の沈下橋。夏はホタル、納涼船などで賑わうそうです。

_DSC3568.jpg
三里の沈下橋。通行止めになっています。

_DSC3581.jpg
佐田沈下橋。恐らく一番来訪者が多いところです。広い駐車場などもあるので、どれか一か所行くのでしたら此処でしょうね。

_DSC3589.jpg
反対側の岸からの眺め。

_DSC3596.jpg
佐田沈下橋の上から見た四万十川の流れ。

佐田沈下橋で四万十川巡りは終了。2日前にも行った四万十いやしの里に向かい入浴です。ここには海水を沸かした露天風呂があります。

そして足摺岬に。
正月は岬の先端への車の乗り入れが規制されていて、100円のシャトルバスか徒歩で行くようになっています。途中の景色も楽しみたいので、行きは歩きで行くことにしました。

_DSC3600.jpg

_DSC3603.jpg
白山洞門。さすがに下に降りるのはちょっと…と思ったので上からの撮影ですが、ほとんど観望できるところが無いです。

_DSC3604.jpg
足摺岬と足摺岬灯台。

_DSC3605.jpg

_DSC3632.jpg
大正3年に初点灯で、昭和35年に改築されました。

_DSC3617.jpg
ここにも無線方位信号所がありました(閉鎖)。

この後、唐人石という巨石群に行くことに。
_DSC3661.jpg
ここは遺跡であるという説明書きがありました。写真の後ろの大きな石と手前の小さな2つの石では残留磁気の方向が異なるんだそうです。つまり石が溶岩から固まった後に動いたという証拠ではあります(人が動かした証拠とは言っていない)。

_DSC3676.jpg
岩石は花崗岩で、太陽光を反射して白く輝く様子が海の上から良く見えるそうです。

今宵の泊地は道の駅すくもサニーサイドパーク。

_DSC3683.jpg
途中の足摺サニーロードにて日没を迎えたので、だるま夕日を撮影すべく車を停めます。

_DSC3694.jpg

_DSC3698.jpg

_DSC3708.jpg
2018年の初夕日でだるま夕日ゲットです。

つづく
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line