FC2ブログ

四国一周の旅 Part V

Part IVからの続きです。

道後温泉なら食事するところくらい沢山あるだろうと思ったのが間違いでした。正月三が日なのでほとんどの店が閉まっていました。仕方なく飲み屋に入って食事。
IMG_20180102_210044.jpg
道後ビールを飲んでみました。飲み屋で食事するとお通しとか出されるんで高くつくんですよね。

P1030230.jpg
朝の有料駐車場

昨晩に温泉は入ってしまいましたので、直接最後の目的地である旧松山基地の遺構見学に向かいます。

Part IVで出てきました第343海軍航空隊の基地が現在の松山空港の付近にありました。
P1020093.jpg
紫電改展示館に展示されていた昭和20年2月頃の松山基地の模型です。凸型の入り口があるのが飛行機を隠しておく掩体壕です。今回はこれを探しに行きます。

なかなか見つけることができずに徘徊してしまい、ちょっと情報を再確認しようと寄ったファミリーマートの駐車場の正面を見ると…
_DSC3898.jpg
なんと灯台下暗しというか、すぐ近くにありました。でも、参考にした資料とちょっと違う…。入り口の前に家なんかなかったのに…。それに開口部が半分塞がれている…

_DSC3899.jpg
家として使われているのでしょうか?

_DSC3903.jpg
未使用の右半分を覗かさせてもらいました。この掩体壕は以前はポツンと孤立して残されていたので、中に入ったり上に登ったりも自由にできたようですが、このように誰かの所有物のようになっている現在ではそういうことは難しくなりました。

現存している掩体壕は3か所あるそうなので、残りの2か所も探しに行きます…が、この日は帰る日なのであまりゆっくりもできません。見つからなそうならすぐに諦めて帰るつもりで周囲を探索します。

_DSC3906.jpg
2か所目は割とすぐに見つかりましたが、民家の敷地の中。これは壕の後ろ側から見たものになります。

_DSC3914.jpg
正面側に回ってみると、車庫として使用されている様子。最初の掩体壕と違って凸型の入り口ではなくアーチ型です。ここの掩体壕も以前は前の家が無く、自由に入ったりできたそうです。

_DSC3919.jpg
3つ目はちょっとだけ遠かったです。こちらは倉庫として利用されている様子です。こちらも入り口はアーチ型です。凸型が海軍型、アーチ型は陸軍型というそうですが、建設が簡単なことから、海軍でも陸軍型の掩体壕が作られていたとか。

_DSC3922.jpg
入り口の横には「掩体壕」とかいた看板が立てかけられています。

_DSC3927.jpg
後ろ側

3か所見終わったのは11時頃。最後にどこかで讃岐うどんを食べていこうと思っていますが、さすがに高速から降りて食べに行く時間は無いのでSA, PAのどこかに讃岐うどんの店が入っている所は無いかと探してみたところ、高松自動車道の津田の松原SAにセルフ方式の店があることがわかり、そこにて昼食を食べることにしました。

そして大鳴門橋を通過して淡路島に入りますが、淡路島ではぜひ玉ねぎを買っていきたいと思っていました。以前、淡路SAで売っていたのを見ていたので今回もそこで買おうと思っていたら、途中の緑PAで販売中との看板を発見したので寄ってみました。

IMG_20180103_143942.jpg
PAに入ってみたもののトイレくらいしかなくて、どこで売っているのかわからなかったのですが、PAの敷地の外にありました。

IMG180103-152634.jpg
明石海峡大橋を通過中

新名神高速が激混みでした。土山SAの手前から全く動かず。
IMG180103-191340.jpg
雪もかなり激しく降ってきました。結局25km程の渋滞を通過するのに4時間近くかかりました。

「1月4日の朝までに帰れれば良いかな」と思っていましたが、本当に朝になるとは思いませんでした。

おわり
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line