FC2ブログ

46P

10日は福島浜通り方面に彗星撮影に行ってきました。
ターゲットは12月に地球に最接近する46Pウィルタネン彗星。

土曜日は金曜に降っていた雨は一応あがったものの、雲の取れるのがかなり遅れている様子。
南関東や東海地方は遅くまで雲が残りそう、と言うことで北の方に進出しました。
22時頃には雲が無くなる予報だったのですが、22時半頃まで全然ダメでした。やっと晴れだした頃はもう46Pの南中時刻が目前です。南中間近の天体をドイツ式赤道儀に乗せた望遠鏡で狙うのは意外と難しいものがあります。望遠鏡を真南に向けるには架台を真横に倒す必要がありますが、目標天体が南中時刻を超えても撮影し続けるためには、望遠鏡を東側に倒した状態で水平より更に下側に望遠鏡を倒しておかなければなりません。また、自動導入を使う場合に子午線をまたいで望遠鏡の向きが変わる場合には赤緯軸の方向を反転させて移動するようになるため、ものすごい大回りの移動になってしまいギア等が摩耗したりします。私はいつも目的の天体のすぐ近くの明るい恒星を選んで手動で導入してアラインメントをしてから自動導入をさせるので、この「明るい天体」からの移動が子午線をまたがないように選ばなければなりません。今回46Pはろ座にいたので、周囲にこれと言って明るい天体がありません。取り敢えず目に入ったくじら座のデネブカイトスを基準星に選んだのですが(かなり遠かったですが)、確認するとデネブカイトスは南中を過ぎて西の空なのですが、46Pはまだ東の空に居ました。5分くらい待つと南中になるので、それを待ってから自動導入しました。

46P1811102312-2325-2.jpg
かなりきつめの強調処理をしていますが、うっすら北方向にテイルが伸びているのが見えます。

更に下品に強調してみます。
46P1811102312-2325-3.jpg
まだ南中高度が低いのですが、これからどんどん条件が良くなってきますので楽しみです。

38Pの撮影もしたのですが、今日のところはこれまで。

スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line