FC2ブログ

HUNTER KILLERを観る

映画「ハンター・キラー 潜航せよ」を観てきました。

「潜水艦モノに外れ無し」というのは良く言われます。私としては「(邦画を除く)」という注を付けたいと思いますが、洋画の場合は割とそんな感じはしています(とは言え、レッドオクトーバーを追えなども映画館で観ましたがそれ程面白くなかった)。

さてハンター・キラーですが、クーデターで拉致されたロシア大統領をアメリカ軍が救出するというストーリーになっています。かなり荒唐無稽な設定ですが、それを救出に向かうのはNAVY SEALSの4名(うち1名新入り)だけというのもかなりのぶっ飛びようです。その救出部隊を収容する役目を命じられ「ハンター・キラー」SSN-800「 アーカンソー」がコラ半島沖に向かうことになります。因みにハンター・キラーとは攻撃型原潜のこと。SSN-800は2023年2月に竣工すると言われているバージニア級27番艦だそうです。

まぁまだ公開されて間もないのでネタバレはこれくらいにしておきます。総合的な感想としてはかなり面白かった。バトルシーンは中々迫力がありました。邦画だと絶対に原作にはないキャストで有名女優の一人や二人がねじ込まれてくるのがお約束ですが、そういう無理な設定が無いので観ていてイライラしないのが良い。ただしちょっと気になったのは、航海長がパーク(朴?)という東洋系なのですが、艦長に「私が航海長のパークです」などと自己紹介をしますが、大した役回りを演じる訳ではなく、韓国企業のスポンサーが付く代わりに出演をねじ込まれたのかな?



5月にはかわぐちかいじの「空母いぶき」の実写版が公開ですが、かなり設定がいじられているみたいなので、もう今からクソ映画確定のような気がしています(見には行きますが)。

ところで私は軍艦・潜水艦モノの洋画を見る時、艦長がどんな命令を(英語で)下しているのか割と注意して聞いていたりします。最後にちょっとその辺の事を語って終わりたいと思います。

・All (engines) ahead flank
日本語の軍用タームで言うと「最大戦速」でしょうか。意味的には「全速前進」という事ですが、flank speedというのはfull speedよりも速いんです。長いこと出しているとぶっ壊れるので、本当に必要な時にしか出さない速度だそうです。「眼下の敵」で、アメリカの駆逐艦がUボートらしきものをレーダーで発見した時、副長が「All engines ahead flank!」と命令しています。その後そんなにスピードを出すと敵の状況がわからんという事で艦長にスピードを落とすように言われてしまうのですが。

・man your battle stations
このセリフが出る時には大抵「General Quarters, General Quarters. All hands man your battle stations」という風に使われます。General Quarters、略してGQと言うそうですが、「総員配置」という事です。All hans とは全員(全乗組員)の意味ですが、その後のmanは「受け持つ」とか「仕事に着く」という意味の動詞として使われています。「総員戦闘配備に付け」という事ですね。

・○degrees down bubble
「Five degrees down bubble」などと使います。今回のハンター・キラーでも各所で出てきました。この例でいうと「潜航角度5度」という意味ですが、なぜbubbleかというと、これは傾斜計に封入されている気泡の事だそうです。反対はup bubbleですね。最新鋭の潜水艦にはそんな旧式な傾斜計は使われていないそうですが、昔から使われている用語だそうです。
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line