FC2ブログ

クソ映画

「空母いぶき」を観てきました。

はい、予想通りクソ映画でしたね。(以下ネタバレありです)

一番ダメなのは、ストレートに「面白くない」こと。戦闘シーンは散発的で地味。敵がほとんどと言う程描かれておらず(唯一墜落した戦闘機のパイロットが出るくらい)、占領した島でどんなことをしていたのか全く描写されていません。ただ島に向かおうとすると攻撃してくるだけ。これは恐らく味方が残虐にやられたりすると、見ている観客が大規模な武力攻撃(反撃)を渇望してしまうため、「反戦」をテーゼとしているこの映画の屋台骨が揺らぐことになるからでしょう。

この映画で首相を演じている佐藤浩市が「ストレスでお腹が痛くなる」という設定が話題になりましたが、映画を観ていると安倍首相よりどちらかというと野田とか鳩山の方が近いような気がしていました。

そして最初から最後までイライラさせてくれるのは、「今攻撃すれば敵が何人死ぬ」とか常に真面目に心配していること。ROEだか何だか知りませんが、「やられる前にやる」が原則です。昔はアメリカも実際に攻撃された時にしか相手に反撃できないようなROEだったようですが、それでは反撃の機会なくやられてしまうという事で、今では攻撃の意図を察知した場合には攻撃できるとなっているようです。

それと、いぶきを始め自衛艦群が「自衛艦旗」を掲揚していないこと。これは明確な法令違反ですね。「海上自衛隊旗章規則」第15条には

自衛艦は、次の各号に掲げる時間、艦尾の旗ざお(潜水艦が航海中である場合にあつてはセール上部の旗ざお)に自衛艦旗を掲揚しなければならない。

とあり、その2号には

航海中にあつては、常時

とあります。そして、防衛出動した自衛艦が武力行使を行う時には自衛艦旗をメインマストに掲揚しなければなりません(第15条の2)。いぶきには群司令も座乗しているのだから海将(補)旗も揚げねば。これは旭日旗にいちゃもんを付けている一部の国に忖度したのでしょうね。映画監督協会の理事長が崔洋一ですから、そちらに忖度したのかな? 

最後は「国連軍」のお出ましで一件落着。常任理事国の潜水艦が揃って登場ですが、そもそも敵国(東亜連邦)に武器を供給しているのはロシアです。安全保障理事会では拒否権を発動するでしょう。中国も同調すると思われます。あまりにお花畑なラストには失笑してしまいましたね。

「空海 KU-KAI」以来の「金返せ映画」でしたね。
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line