FC2ブログ

要塞・南いわき開閉所

休日高速道路どこまで行っても1000円の制度を利用して、東京電力の福島県南いわき開閉所に行ってきました。南いわき開閉所は、福島県の田村市と川内村の境界線上にあります。

新いわき開閉所も同様ですが、これらは山奥に建設されていて近付くのに一苦労です。特に今回の南いわき開閉所は、地元の営林署とグルになって周囲の林道をことごとく通行止めにしており、接近するのに非常に困難を極めました。まるで秘密基地か要塞のよう。鉄塔調査隊始まって以来の「藪漕ぎ」も実施されました。

まずは前座の相馬双葉幹線(500kV)62号鉄塔。
相馬双葉幹線62号
1/25,000地形図では、南いわき開閉所を迂回していくように描かれていますが、ちゃんと構内に引き込まれています。東北電力の南相馬変電所に至ります。この路線は東北電力と東京電力との間で電力のやり取りをする連系線の一つです。

下の写真は、川内線63号鉄塔です。明らかに相馬双葉幹線の続きの番号になっていています。この先は新いわき開閉所に行っていますが、そこで確認した時は確かに川内線でした。
川内線63号


さて、いよいよ真打の登場です。
南いわき幹線1号
南いわき幹線1号鉄塔です。南いわき幹線は、鉄塔の設計は1000kVになっていて、今は500kVで送電を行っています(現在日本で1000kV送電を行っている所はありません)。この鉄塔の構造を良く見ると、向かって右の下流側の碍子は56個の4連、導線数は8導体で確かに1000kV設計ですが、開閉所側は碍子数30の2連、4導体の500kVの構造になっているようです。1000kV送電の際には付け替えるのでしょうか?開閉所側はこの先更に1-1鉄塔(写真:下)に繋がり、構内に接続されています。
南いわき幹線1-1号鉄塔

こちらは2号鉄塔。それにしても巨大な碍子ですね。
南いわき幹線2号

↓南いわき幹線10号鉄塔
南いわき幹線10号

南いわき幹線は、矢板のあたりで東北自動車道に交差しているところを見ることができますが、大抵は山奥の稜線などに鉄塔が建てられており、足元まで行くのはハイキング~登山の装備が必要な場所が多いでしょう。南いわき幹線はこの先、群馬県の東群馬変電所に至ります。東群馬変電所からは東群馬幹線となって西群馬変電所に至り、西群馬幹線や南新潟幹線と共に首都圏最外縁を環状に結ぶ送電網を形成しています。

↓後日撮影した南いわき幹線100号鉄塔です。
南いわき幹線100号

南いわき幹線100号碍子


おまけ
南いわき開閉所の近くには、電波時計で受信される電波を送信している大鷹鳥谷山(おおたかどやさん)標準電波送信所があります。
JJY送信所

スポンサーサイト



line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

がんばれ東電 -19:東電・東北電の電力融通枠拡大

  ????????????????????                      .by ぼくあずさ .民主の脱原発政策により、電力不足に陥っている東北電の全停電危機が東電からの緊急電力融通により回避されたことをご承知の通りです。原発再起動の目途が立たぬ今冬の渇水期に再び
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

初めての訪問です。
リンクさせて下さい。よろしく。

Re:

こんにちは。リンク頂き有難うございます。
私は、常々もっと電力会社間の連系線を強化すべきと思っています。特に、西日本と東日本の間の周波数変換施設が貧弱すぎると思っています(今さら周波数の統一など出来る筈ないですし)。

過去の記事に、東清水周波数変換所の訪問を書きましたが、施設はできていても送電線が対応していなかったり、「やる気あるの?」って感じです。

系統連係

ご指摘の様に東電さんは60Hz地区との系統連係に熱心ではないようですね。貴兄は電気工作その他、ご趣味が広いことに感心しました。

それにしても、南いわき開閉所は警戒区域にあるんじゃなイカ?

Re: タイトルなし

イカ娘さん
> それにしても、南いわき開閉所は警戒区域にあるんじゃなイカ?

以前は福島第2発電所のけイカい区域だったけど、今は解除されて行ける筈でゲソ。私も近いうちに第2次調査を実施予定でゲソ。

(この文章はイカ娘変換(http://ika.koneta.org/)でイカ語に変換したでゲソ)
line
line

line
プロフィール

夜行虫

Author:夜行虫
夜行虫とは天体撮影等、夜に出歩くのが多いことから名づけました。夜光虫の誤変換ではありません。海に潜ったり温泉浸かったりも趣味です。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line